このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

グッド・ワイフ4 (the Good Wife S4)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

グッド・ワイフ4 あらすじ 第14話 赤組VS青組

グッド・ワイフ4の主な登場人物とキャストおよび各話のあらすじはこちらからご覧いただけます: グッド・ワイフ4 主な登場人物とキャストおよびあらすじ一覧


グッド・ワイフ4」(The Good Wife S4の第14話は「赤組VS青組」(Red Team, Blue Team)です。日本語を見ると普通に紅白合戦~のイメージですが、英語でいうところのこれはまたちょっとニュアンスが違うようです。「Blue team」にはfriendly(友好的)なイメージがある一方、「Red Team」には「ある組織を活性化させて向上させることを目的としたグループの意味があるのだそうです。これまたピッタリのネーミングでございまするね


もちろんドラマのほうも実に面白かったです。今回の見どころはズバリ2点


  • アリシアとケイリーのパートナーシップ昇格問題をめぐる攻防
  • エルズベス+イーライvs司法省の新たなる強敵

以下早速あらすじ行かせていただきまするグッドワイフ4のあらすじ行きますよ~(^^)/


まず1点目ですが、前回の予告にあった通り、ロックハート&ガードナー(以下LG)のお歴々の面々は、自分達から言いだしたアソシエート5人の昇格を延期しようと言いだしました。というのも、前回のチャムハム社からの利益に加え、ルモンド・ビショップやコリン・スウィーニーからの収入のおかげで、LGは見事に借金を全額返済できたからなのだそうです。


借金を返済できたのだから、気持ちよく5人を迎えてやれば良さそうなのに、そこは欲の皮が突っ張った連中ですから、早速財布のひもを締めてきたという訳です。何せ5人もパートナーに昇格させたら、出資金はさておき、豪勢なボーナスを支払わねばならないからでしょうな


デヴィッド・リーが率先して決を取り、アリシアやケイリーを初めとする5人のアソシエートに「昇格の延期」を告げたため、5人は猛烈に怒って早速反旗を翻しましたグッドワイフ4~アソシエートたちの反乱( `ー´)ノ。何せ、前回チャムハム社の仕事が取れたのも~デヴィッドは自分の手柄のように話していたけど~実際にはケイリーの活躍のおかげですし、ビショップやスウィーニーはアリシアがいなければLGから手を引きかねません。他の3人は~今回初めて見た気がしますが、彼らにも同じ言い分がありそうです


アリシアのアパートに集まった5人はまず、上に圧力をかけるため、それぞれの得意客にご機嫌伺いをするよう戦略を建てました。決して不満を言ったり独立を仄めかすでなく、あくまでも「happy」かどうかを聞くだけにしよう


そしてここでケイリーがアリシアを誘ったようです。いっそ僕らで事務所を立ち上げよう。名前は君が先でいい~Florrick, Agos & Associatesを作って世界を変えようじゃないか!フロリック&アゴス法律事務所(^^)/


が、堅実なアリシアはそう簡単に決心することができません。何せアリシアにはザックとグレースがおり、ピーターとの復縁も決まった訳ではないからです。それにたとえピーターと復縁したとしても、自立がどんなに大切か身に染みたことでしょうから、ここで危険を冒すわけにはいかないのでしょう


とはいえ、ウィルやダイアンに対するアリシアの怒りは生半可なものではありませんでした。ちょうどアリシアたちはこの時、クライアントの食品会社=シーフ・コーポレーション("Thief" Corporation)からの依頼で模擬裁判(Mark Trial)を開くことになり、ウィルとダイアンは「Blue Team」として被告であるクライアントの代理人を、ケイリーとアリシアは「Red Team」として原告側の代理人を務めることになっていたのですこれが赤組VS青組でござる♪


アリシアは、模擬裁判の冒頭で、原告の死因となったとされる「"Thief" Drink」のCMを流し、こんな過激なCMの飲み物は買わないと切り出していましたけれど、何せ名前が名前=Thief(泥棒)ですから、まずはそこから敬遠しちゃうでしょ。この辺がいかにもグッドワイフらしいですよね~辛辣極まりない


Be prepared to lose!
あくまでも直訳で~負ける準備をしておきなさい!


最初はゲーム感覚で楽しんでいたはずのアリシアのこの言葉が、冗談ではなくなります。エナジードリンクを飲んで亡くなった少女=ベラ・ウォードのために闘うアリシアは、まるで女戦士のようで実にカッコよかったですね~!アリシアかっけー!


ベラはシーフ・ライト(Thief Light)というパワードリンクを飲んでひきつけを起こし、自分の吐しゃ物によって窒息してしまったそうなのですが、原告代理人のアリシアは惹きつけが起きた原因をシーフ・ライトに含まれる大量のカフェインであるとしたのに対し、被告代理人のダイアンは、ベラが拒食症(anorexia)だったことを指摘して、ひきつけの原因はこの拒食症かもしれないと反論しました。


そこでアリシアは、拒食症を賛美するサイト(=pro-ana Web site※)を捜しだし、そこにあったシーフ・ライトを絶賛する書き込みが、シーフ・ドリンクのマーケティング部長=アーサー・シューマッカーのIPアドレスだったと、彼らのやらせ(cyber shill)を暴露します


※pro-anaはpromote anorexiaの略だそうで、拒食症を1つのライフスタイル=個人の選択として捉え、これを推奨する傾向を指すそうです


Thief is targeting dieters, or anorexics, then it doesn't matter that Bella was anorexic. Thief is just as liable for Bella's death.
ドロボー、否()、シーフコーポレーションは、ダイエッターや拒食症の人々をターゲットにしたのだから、ベラが拒食症かどうかは関係ない。シーフはベラの死に責任がある!!


その上、これは元検事のケイリーが見つけたのでしょうか~シーフは、FDAの認可を受けるにあたり、2度申請を行っており、1度目は食品として申請したのが(おそらくは却下されたため)、2度目はこれにビタミンB12を加えることでサプリメントとして認可されたのだそうです。あ~これもまたいかにもドロボーらしいやり口でやんすね


この議論を、座っているだけでちっとも役に立ってない判事役のハワードが青組の意見を聞いて偏見と決めつけると、アリシアの怒りが炸裂します


There is nothing prejudicial about pointing out the hypocrisy of an FDA manipulation.
偏見じゃなくてFDAの盲点を突いた詐欺行為を指摘しているだけよ!!


アリシアがシーフのCEO=ランドに、自分の娘にシーフドリンクを飲ませるかと聞いた際、ランドがまるで暴力団のように(ドロボーですから

「Watch yourself, lady」
言動には気を付けろよ、おばちゃん!

なんて言ったのも無礼極まりなくて腹立たしかった~。アリシアが怒って当然です。


アリシアのあまりの噛みつきように驚いたウィルとダイアンは、ようやくアリシアがパートナー昇格延期のことで怒っているのだと気づきます。ここでウィルがアリシアにキスをしてしまったのは、あれはもう放送事故以外の何物でもありませんな焼けぼっくいはご免だ~(-_-;)。アリシアも今さら何やってんでしょうね~怒りで欲情するなんて、んもーーシッカリしてよ、lady!!いい歳なんだから自覚してよね~(-_-;)


結局ここはウィルとダイアンの青組から、赤組に力は貸すなと命じられたカリンダがこれにこっそり歯向かって助けてくれたおかげで赤組の勝利に終わりました~カリンダこそ体制に屈するタイプじゃありませんものね。なんとシーフは既に以前「ドッグファイト」というドリンクで死者を出し、和解に持ち込んだ経験があるのだそうです。この名前もいかにも危険ですよね。これでランドは裁判を諦めて1200万ドルで和解することに決めたようです。


そして昇格問題は、ウィルの提案で、5人の内1人だけを昇格することで決着が付きます。5人が一枚岩になって闘いを挑んでくるなら、その結束を壊せばいいだけだ


これまでの実績と、州検事を夫に持つアリシアが選ばれたこと、そしてアリシアもまたこれを受諾したことに対して、いささか不満がないでもないおばさんですが、これはでも、以前ダイアンが言った通り、チャンスがやってきたらまずは即座に掴むことが先決だと割り切って良いのだと思います。そしてアリシアもそう決意しているように、今後は、結局は置き去りにされたケイリーたちのために、これからも引き続き「Red Team」のリーダーとして剣を振るっていけばよいのだから


とはいえ、青色に染められてしまいそうな気配も否定はできぬようでしたが~もう立場が違うのよ、って。それに今回は納得してくれたようだった(?)ケイリーがこれ以上我慢してくれるかな~う~ん。。。


そして2点目。これは文句なしに楽しかったですエルズベスサイコー!(≧▽≦)


イーライの代理人となったエルズベスももちろんでしたが、やはり長年デス妻を楽しんだおばさんとしては、そのエルズベスの敵として、オーソン(Kyle MacLachlan)が登場したのには大喜び。今度はジョシュ・パロッティという司法省の役人として登場です。ちなみに、ウェンディは「unclean hands~(法律用語で)汚れた手」を持っているという理由から左遷されてしまったようです


でもこのジョシュもまた、手が汚れているどころじゃありませんでしたよね。ちょっと奇抜な行動は確かにエルズベスにも似ていたけれど、その内面=心は真っ黒、エルズベスが怒るのも無理はありません。


何でも、市民の通信傍受を申請するためには、その市民が「怪しい通話」(dirty calls)を3回していないといけないのだそうですが、イーライのそれは、2回しかなかったそうなのです。ここはまた、エルズベスのいう通り、この審査の時点で既に「盗聴」が行われているというのがまた辛辣です。なるほどね~傍受と盗聴の違いはそこにあったのか!


が、ジョシュはこれを単なる間違いだと開き直り、オリジナルの調査レポートを「3」と書き直してしまいました許可が下りたのだから3件だったんだ。この理屈は、自衛隊がいるんだから非戦闘地域だと言ったあの史上最低の屁理屈を思い起こさせますな。I will beat you!!


これで大好きなビスコッティに引き出された友好的な感情は全て消え失せ(「Josh「Mr.Perrottiに替わりました)、怒り心頭に発したエルズベスはまたしても起死回生の大ホームランをかっ飛ばします


なんとエルズベスは、ジョシュが命じてきたピーターの贈賄の証拠を突き止めるための隠しマイクを利用して、ジョシュ自身の不正~2回を3回に書き換えたという証言を、お気楽なアコーディーオン役人のラガーディアの口から引き出して録音してしまうのです  


元々の証拠が不正に操作された物なら、当然イーライへの通信傍受自体が取り消されなければならないと、ここでエルズベスが第10話に登場した「毒樹の果実」を持ち出したのも楽しかったですね~


ダンディなイーライがご丁寧に隠しマイクを付けて、ピーターを売る代わりに、ライバルでもある経理担当のナンバーツー=ジョーダンを差し出すふりまでして司法省の役人を騙すなんて~ここは実に楽しかったです。このジョーダンが、エルズベスを指して「weird lady」(異様なおばちゃん)と呼んだのも笑った~


とはいえ、今やピーターがイーライを煙たがっているらしいのがなんとも心配なところです。来週は、DMCのフランクがまた出しゃばってくるようですし、その上、ジャッキーまでもがイーライを断罪する証言をするらしいのです??ジャッキーシッカリして~(;O;)


とはいえ(笑、グッドワイフのことですから、またしても思わせぶりかもしれませんけどね~。これはとにかく蓋を開けてみるまでは分かりませんな


というわけで、グッドワイフ4は来週の放送も今からめちゃくちゃ楽しみでございまするねグッド・ワイフ4が面白い(^^)/


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はグッド・ワイフ4 (the Good Wife S4)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

ちょっと、もーう!
なーあに、やってんねん、アリシア。ウイルとチューしてる場合じゃないでしょー。思わず、キャーって叫んでしまいましたわよ。
あんな事件のせいでケイリーが言った、Change the world! とかっこよく言ってくれたことが飛んじゃったわよ!

ねー、こんさん。すいません、興奮して挨拶の前に書いてしまいました。
今週もこんにちは。
超面白いグッドワイフらしい回なのにあんな事件まで入れちゃって盛りだくさんすぎでしょ。

模擬裁判と上司とのいざこざをうまくからませましたよねー。さすがです。詳しいことはこんさんが全部書いてくれてるから(笑)省いちゃって、文句なしに面白かったですー。ケイリーかっこいいわー、素敵だわー。アリシアって怒らせると結構相当怖いよね。

エルズベスもちゃんと逆転ホームラン打ってくれるし、頼もしいー。イーライがこれ以上痛い目にあわんでほしいですが、イーライなら大丈夫かな。

今回は裁判も分かりやすいし、あのチューさえ無ければ完璧なグッドワイフでございました。
同感~っ!( `ー´)ノ
米俵さ~ん、今週もまたこんにちは~♪(笑

ホントホントv-321
もし隣で見てたら一緒にぶーぶー文句言っちまいましたよね~あのチューはv-427

>あのチューさえ無ければ完璧なグッドワイフでございました。

まさに同感~ハゲ同でござる~っ!( `ー´)ノ
(最近はまったく無いけど)ヨロメキ意見が来る前に、
米俵さんが来てくださって良かったわ~助かりました( *´艸`)。

それに引き換えケイリーは実にカッコよかったですね~v-9
アタイももう惚れ惚れしちゃいましたよ~( *´艸`)。
是非新しい事務所を作って世界を変えてほしかった~(^_-)。

でもイーライはかなり心配ですよね~。
来週もエルズベスが味方になってくれるといいんですけど(-_-;)。
何せジャッキーだからな~何言いだすか分かりませんよね(;´・ω・)。
思わせぶりだといいんですが。。

来週はとにかくきれいさっぱりあの「事故」のことは忘れてv-422
また面白いグッドワイフであってほしいですね~。

今週もご一緒に盛り上がれて楽しかったです~ありがとうございます!v-343
来週もまた心からお待ちしておりますよ~v-441。こん
オーソン出ましたね!
こんさんこんにちは!

オーソン見た時、こんさん!!って心の中で叫んじゃいました。
ビスコッティの箱を閉じた後、向きを直す姿がオーソンそのもので、、今後のエルズベスとの絡みも気になりますね。

アリシアの件はもう触れずに締めたいと思います。
ダメージ1話みました。ゾクゾクしますね!こんさんの続きがあると読みたいですが我慢ですね。
お待ちしておりましたよ~(^^)/
ロンさ~ん、こんにちは~♪

んも~ずっとお待ちしておりましたよ~。
アタイもオーソン見た時、ロンさん来てくださらないかな~
と期待しちゃいました(笑。以心伝心ですねv-434

そうそう、仕草とか雰囲気はオーソンそのものでしたよね~( *´艸`)。
今回は「悪役」と決めつけましたが、
もしかしてそれが魅力的になるかも~な展開もあるかもしれませんよね(^_-)。

ふふ、アリシアにはロンさんも呆れちまいましたね?ですよね~(-_-;)。
ジャッキーに言いつけてやるっ!( `ー´)ノ

で、ダメージ3は、絶対にネタバレされないほうがいいですよ~。
最後までドキドキハラハラで楽しめること間違いなしです~(^^)/。

自分は韓ドラに手を出してしまったので、再視聴は諦めることになりそうです。
でもぜひぜひ最後まで楽しんでご覧くださいね~v-22。こん
面白かったですね
実に内容深い回でしたね。

あの偶発的?放送事故、きっと何かの伏線では?と思ったりしています。

イーライとエルズベズ、いいコンビですねえ!(^^)!

それにしても弁護士何人いるんでしょうねえ???
大きな事務所ですね。
これがダウントン・アビーなら・・(笑
kaoriさん、こんにちは~♪
今週もまた実に面白かったですね~(^^)/。

ふふ、あの放送事故(爆)、これがダウントン・アビーなら、
ジャッキーあたりが覗き見しちゃうとこですよね~( *´艸`)。

イーライとエルズベスは本当に楽しかったですよね~。
これで終わるんじゃあもったいなから、
是非今後も絡んでほしいですね~v-441

まったく~あのパートナーたちには呆れてしまいましたよね(-_-;)。
やっぱり早く独立した方が賢明な気もしますね(^_-)。こん
ケイリー、ごめんね
こんさん、こんばんは、
まー、パートナー弁護士はみんな意地が悪いですねえ、
びっくりしました。人数多すぎ。
ヘイデンさんがいなくなった途端にコレです。
ヘイデンさん、弁護士になって、相手方になって
デヴィットをコテンパンにやっつけて欲しいです。
…でもデヴィットって面白い、ケイトリンはママになったでしょうか。

ケイリー、すっごく複雑でしょうに
アリシアに気を使って、偉いです。
あんなに反目していた二人が仲良くなって、
ほっとしていたんですが、これから心配です。
カリンダv-352が間に入ってくれたらいいんですけれど。

エルズベス、がんばれー、イーライくじけるなと
観ていたら、オーソンが出てきて嬉しかったです。
カイルさんですね、でもオーソンにしか見えません。
イーライとケイリー、どうかここを乗り切って!

ウイルとアリシアの感情は、私もv-358困りました。

こんさん、猫、飼ってらっしゃるんですねv-283
うちのはboy。
毎日、生きてるだけで褒めてます。





割と好きですvv
5656さん、こんにちは~♪

私はデヴィッド・リー、割かし好きですよ~。
口も(性格も)悪いけど、やることはそれなりにやってますもんね(笑。
問題は、ハワードをはじめとしたあの「その他大勢」でしょう。
ダイアンも大変ですよね~あんなの相手にしなくちゃいけなくて。

ケイリーは気の毒でしたよね。
あれだけ実力があるから、いっそ本当に独立させてあげたいです。

オーソンは、こんどはジョシュ・パロッティですね~。
でもどう見ても「オーソン」にしか見えませんね(^_-)。

うちはあまり男の子は飼わないんですよ~。
元々母が猫好きなんですけど、なぜかアタイにくっつくんです(-_-;)。
同類だと思っているらしくて~確かに猫系です(爆。
本当に、ずっと幸せに長生きしてほしいですv-22。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング