2018/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>

ベートーベン・ウィルス~最終回~始まりの終楽章

ベートーベン・ウィルス~愛と情熱のシンフォニー~のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ベートーベン・ウィルス~愛と情熱のシンフォニー~あらすじと感想一覧


ベートーベン・ウィルス~まさに「ウィルス」に襲われ&熱に浮かされてしまったかのように、昨日の最終回は、たっぷりどっぷりドラマの中に浸かってしまいましたムフフカン・マエとベートーベンの出会い(?)なんかも垣間見えて、実にステキな最終回でありましたくり抜きハート1


こういう良いドラマに出逢うと、そして最終回に満足すると、レビュー書くのも楽しくなってきちゃいますムフフ。どこからどうやって何を書こうかなぁってうるうる。いつもね~思うんですヨ。最初から最後までぜ~んぶ書き残しておきたいって笑。でも所詮は無理なわけで・・・また今回も感動したシーンをかいつまんでまとめてみることにいたしますうふ


まずはガチョウの夢から。モチロン初めて聴いたのですが、コレを最終回にもってきて、しかもほぼ全曲流すって~しかもこのカットの多いBS○ャパンでかなり命知らずな構成だと思うのですが、でもそれだけの価値がありました手書き風シリーズ星。歌詞にひどく感動したので、著作権に引っかからない程度に抜書きしてみますね


私には夢がある

傷ついてボロボロになっても
いつも心の奥底に宝物のように大切にしまっている夢



・・・中略・・・

みんなこう言うの~「叶わない夢は見るな」
「なるようにしかならないのだから」「現実を受け入れろ」

それでも私には夢がある
夢を信じる私をどうか見守って

・・・中略・・・

どうか見守っていて 心から笑えるその日まで



以前の「4分33秒」を聞いた(?爆)時も、「ベートーベン・ウィルスはコレがベースか?」などと思ったものでしたが、この歌を聴いたら、まさにカン・マエやちびゴヌ、ルミにイドゥン、ヒョンさん、ガビョン先生、などなどの顔がさ~っとまぶたに浮かんできて、オバサン、最終回はこの歌聴いただけでももう大満足!手書き風シリーズ星って思ったぐらい盛り上がってしまいました顔(きらきら)。う~ん、コレを指揮するカン・マエの顔もちゃんと「写真」に収めておきたい!きゃー~まったく「撮るな」だなんてアップロードファイル


でも、他にもいっぱい用意されていたんですよね~心があったかくなるようなシーンがくり抜きハート1


自分はミュンヘン・フィルに行くことになって、「送別会も見送りもいらない」って言い切ったカン・マエが、を指揮するために「送別会をやります」って団員みんなにメールを送るシーン。


「歌謡曲を指揮する資格が私にないとでもいうのか?」


とイヤミを言うシーン。もうこれでこのイヤミも聞けなくなるかと思うと、もっともっと聴いていたくて・・・号泣


そして、やっぱりメインはルミとのシーンですよねムフフ


「トーベンが逢いたがっているぞ」


などと誰にでも分かる嘘をついて笑 ルミを呼び出し、


「携帯電話をよこせ」


と言って、差し出したルミの腕をぐいとつかみきゃー、自分のはめていた指輪を握らせて。。。


「脱いだ靴下よりマシだろ?」~誰も靴下がほしいなんて言ってないのに、照れくさいもんだからまったく~。食事を抜いてまで「強くなるために」買った指輪をルミにただあげたくて・・・「今度はお前が強くなる番だ」


この時のルミの花のような笑顔とカン・マエのはにかむような笑顔~きっと当分忘れられないデスねうふ


「心が揺れるのが怖くて離れていったのでしょう?」


「私にもいつかきっと・・・」


「お前を受け入れられる日が来る」~そうカン・マエは続けたかったのでしょうし、その声はルミにもきっと届いていたに違いありませんうるうる


また、ガビョンさんとイドゥンのシーンも忘れられません涙


認知症だと知って自ら命を絶とうとも考えた~でも、お前が伝説になるのを見届けたい。最後までがんばる。お前が成長するのを待っているぞ。りっぱなフルート奏者になってくれ。「かっこいい姿」を必ず見せてくれ。約束だぞ。


きっとイドゥンはガビョンさんの期待に応えてくれると信じています涙


そして最後はラストシーン。可愛い弟子たちとはキッパリ別れようと決意したカン・マエが、空港へ向かったにも関わらず、皆に後ろ髪を引かれて(?)戻ってくるシーンです。それとも「やり残し」があったことに気づいたのかな手書き風シリーズ26ピース


「お前たちはどうしてこうもバカなんだ!もう終わったんだっ!!」

「これからが始まりです」

「いばらの道を行くというのか?」


私に徹底的に従うのなら、私のいうことは何でも聞くというのなら、いいだろう、指揮をしてやる!


曲目はベートーベンの第九~合唱です。音楽と共に生きられる喜び~歓喜の歌が流れ、みなの顔も喜びにみちあふれておりました顔(きらきら)


コレが本当に「最後の指揮」だったのか、カン・マエもまた「いばらの道」をともに歩む決心をしたのか~コレはオバサンの楽しい想像の余地として残しておいていただければ幸いに存じますムフフ。本当に楽しい楽しい18回でしたくり抜きハート1


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ