2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

木曜時代劇・吉原裏同心の第2話は「守りたい人」です。以下早速ネタバレです吉原裏同心のあらすじ行きますよ~(^^)/


このエピソードでようやく幹次郎が吉原を守る用心棒=裏同心となりました。経緯(あらすじ)はこうです


幹次郎が四郎兵衛の申し出を断ったのは、女を食い物にして稼いでいる吉原と言う場所~制度自体がどうしても好きになれなかったためなのだそうです。が、四郎兵衛自身には、信一郎とおみねを手厚く弔ってくれたことで、心から感謝していたようでした。


その四郎兵衛が、今度は汀女を呼び出して、巴屋という場所に連れていき、そこで吉原の遊女たちに学問その他~女性のたしなみを教えてほしいと言ってきます。汀女は、それが少しでも彼女たちの役に立つのならと二つ返事でこれを引き受け、事情を聞いた幹次郎も快く承諾してくれました


そしてその幹次郎もまた、道で吉原での代金を踏み倒そうとした男に襲われた四郎兵衛会所の男衆を救った関わりから、吉原のために働くことになってしまいます。踏み倒された代金がそのまま遊女の借金に上乗せされると聞いたからです。


そしてよくよく調べてみると、この代金を踏み倒された遊女=梅園(奥菜恵)の馴染客、藤兵衛(山口馬木也)が裏で糸を引いていることが判明します。なんでも藤兵衛は、梅園の店の主人に恨みを抱いているそうで、梅園を巻き込んで、吉原に放火しようと企んでいたのです。梅園は、実家に残った妹がまた遊女として売られないようにしてやるからと騙されていたようです


遊女として売られたことを恨みに思い、世をすねていた梅園ですから、今また妹までもが父の犠牲になると思うと、自棄になるしかなかったのでしょう


事情を知った幹次郎と汀女は、四郎兵衛と組んで一芝居打ちました。梅園を説得して放火を思いとどまらせ、火事が起きたと見せかけて、それを見に来た藤兵衛を捕えたのです


その上で幹次郎は梅園のために、梅園の店の主人から金を出させ、その金の一部を梅園の実家に送らせたそうです。二度とばくちに手を出すなとしっかり釘を打ってなっ!


おみねといいこの梅園と言い、吉原の悪いイメージを確認してしまう一方で、汀女が巴屋で知り合った薄墨太夫(野々すみ花)のような、ここ吉原にいてもなんとか幸せに暮らせるのではないかと考えている女性もいるようです。まあ、何せ「太夫」ですから、普通の遊女とは条件が違うのでしょうけどね。


でもどんな立場にいようとも、彼女たちのためになんとか力になろうと奔走する幹次郎と汀女がなんとも心地よいドラマですよね。それに、吉原生まれの吉原育ちで、故郷の吉原に対して疑問を抱いていなかったのに、もし妹が遊女に売られたら我慢できないと初めて思い知った、やはり男衆の仙右衛門(山内圭哉)と幹次郎との関係(=友情)も楽しくなっていきそうです


死んだとばかり思っていた壮五郎はまだ生きているようなのが心配でござるが、こうして吉原にいる限りは大丈夫そうでそこはとりあえず一安心です。吉原裏同心は来週の放送も楽しみでございまする吉原裏同心も楽しみです♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.