2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

ヒュー・ローリー主演のDr.HouseHouse M.D.S6の9話は「平凡な天才」です。英語の副題はもっと辛辣で「Ignorance Is Bliss」~無知は無上の喜び、です。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)ですDr.Houseのあらすじ行きますよ~(^^)/


今回の患者は、過去に天才と言われた男性=ジェームズ・サイダスでした。ジェームズは、最年少でMITを卒業したIQ178の物理学者だったのに、ある日ぷっつりその行方が知れなくなります。ブレインズボロに倒れて運ばれた時には、ごく平凡な「配達員」となっており、その生活レベルは健康保険にも加入していないほどでした。


賢さは惨めさでしかない~金はあるから心配するな


そう語ったジェームズの病はTTP(Thrombotic thrombocytopenic purpura~血栓性血小板減少性紫斑病)であるかに思われましたが、抗体の産生を抑える目的で脾臓を摘出しても、一向に症状が改善しません。以下ネタバレです。


脾臓摘出を行ったのはチェイスだったのですけれど、まさかその脾臓が、計16コもあるとは思いもよらなかったようです。なんでもジェームズが、自分のあまりの賢さに世をはかなんで自殺を試みた際に折れたろっ骨が脾臓をいくつにも分散し、今に至っていたのだそうです


その後ジェームズは、ずっとDXM(dextromethorphan)と呼ばれる咳止めを常用し、自分の知能を抑えていたのだそうです(recreational use)。DXMの接種過剰は脳を傷めるため、時々アルコールも飲んで、それを緩和していたそうです。アルコールを摂取すると、余計に脳にダメージを与えそうな気もしますけどね(汗。


確かに、あまりにも賢過ぎると、世の中の人間が皆愚かに見えてしまい、毎日がさぞかし辛いだろうなと推察はできますが、だからと言って、自分をわざと愚かにして、それよりさらに知能の低い(IQ87)の女性と結婚するとは、ますます自分を不幸にしている気がしてなりません。ハウスと話しただけで、久しぶりに刺激的な会話が楽しめたと語ったジェームズが、その頭脳を生かして且つハッピーになれる手段はなかったものか。


やはり同じ天才のハウスに惹かれて、財も地位も捨てて再びチームに参加したタウブが、その行動を諌める妻を、実に巧妙な嘘をついて復帰を認めさせたように、賢いなら賢いなりの選択ができたのではないでしょうかね~。それともジェームズは純粋過ぎたのかな。タウブは、チェイスが殴ったハウスの顔を写真に撮り、妻に自分を「横暴なボスを殴ったヒーローとして崇めさせたのです


一方、キャメロンに去られたことで、皆からあれこれいたわられるのが嫌だと言うチェイスと、そんなチェイスの心にずけずけと踏み込んでくるハウスのエピソードはなかなかでした。本来なら、親身になってくれる人間の方が好ましく思えるのでしょうけれど、逆に、親切ごかしに同情されるよりは、傷口に塩を塗りこんでくるハウスの方がまだマシだ~と思うのはチェイスだけではありませんよね


そんなハウスでも、ことカディに関してだけはどうも頂けないですよね~。今回は、探偵のルーカスと別れさせようとして、逆にカディに嘘をつかれてしまっていました。感謝祭の食事に招くと言っておきながら、人知れぬ田舎に追いやるなんて、カディもやることが陰険ですね~。ま、ハウスがそれだけシツコイからいけないんでしょうけれど


どうやらこれでハウスはカディを諦める風でしたが、カディの方はどうなんでしょうね。彼女もまた咳止めならぬ、ルーカスで、自分をも騙しているだけじゃないといいんですけど


最近は、お気に入りのウィルソンが元気がないのがちと心配なおばさんです。Dr.Houseは来週の放送も楽しみでございまするDr.Houseも楽しみです


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.