2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

ニキータのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ニキータ あらすじと感想一覧


ニキータ2の18話は「シーソーゲーム」(Power)です。いや~ついにあの男が帰ってきてしまいました。以下早速ネタバレですニキータ2のあらすじ行きますよ~(^^)/


今回は、氷の女王=アマンダに人としての心が残っていたという話でした。結局はそれがアマンダの甘さとなり、その隙をついて、ついにパーシーがディヴィジョンに復活します。経緯(あらすじ)はこうです


今回、アマンダとアリは、アメリカ政府が所有していたヘリウム3のレプリケーターを盗み出し、このクリーンエネルギーの供給を手土産に、ゼトロフでの実権を握ろうと画策しました。個人的に核エネルギーには反対なので、ここは尚更腹立たしかったですがな~にが「クリーン」だ( `ー´)ノ


アマンダはこの任務を、ディヴィジョンのディナに命じ、その後は無残にも彼女を殺してしまいます。私のエージェントは使い捨てですから、という言葉はまさに本音なのでしょう


が、そのアマンダも、ことニキータに対しては思い入れが違ったようです。以前アレックスに対してもそうでしたけど、彼女はかなりの美女好きですよね。そっち系かと思ったのに、アリと言う恋人がいるんだから違うんかな


アマンダがディナを殺そうとしていた時にやってきたニキータもまた、アマンダに銃を突き付けられてしまうのですが、アマンダはなぜか引き金を引きません。その躊躇こそ~ニキータ曰く~アマンダが払しょくしきれない「怖れ」なのだそうです。でもこういう思わせぶりはあまり好きではありません


そしてアマンダはこのレプリケーターを切り札にして、ゼトロフの後任CEOを決める役員会議に出席します。が、そこには、自分の全株を渡すという条件で味方につけたイリヤ・レフキンを伴ったアレックスもやってきます。レフキンは、アレックスの父からも全幅の信頼を寄せられていた人物だそうです


一方のニキータは、この間別室で保管されていたレプリケーターを盗みに入りますが、これもアマンダの知るところとなって閉じ込められ、酸素の供給を止められてしまいます


でもここでもアマンダはニキータの息の根を止めることができませんでした。そしてニキータもまた、そのチャンスがあったにもかかわらず、アマンダを殺すことができません。ふたりの間にはそれなりの信頼関係があったということなんですかね~


そこに、ロシア政府に連絡して危険物処理班を引き連れたマイケルがやってきたのは楽しかった~。追いつめられたアマンダがディヴィジョンに助けを要請した頃には、とっくにパーシーが再び実験を握っています。前回命を助けたエージェントに自分を捕まえさせてディヴィジョン内に入り込んだパーシーは、バーコフを利用して、アマンダの本性を皆に暴露したのです。それが上でも触れたあのセリフです


エージェントは使い捨ての道具に過ぎない


これで皆がアマンダを見限り、ディヴィジョンは再びパーシーの指揮下に入りました。まあ、アマンダよりはパーシーの方が戦い甲斐がありますけれど、この後アマンダとアリはどうなっちまうんでしょうかね~?アリが盗んだブラックボックスをこの二人がどう使ってくるのかは、なかなか楽しみでございまするが


最近ちょ~っとセンチメンタル傾向が強い気がするのですけど、パーシーが相手となれば、また気を引き締めていかねばなりませんよねニキータ2は、来週もカッコいい活躍を期待しておりまするニキータ2も盛り上がってほしい~(^^)/


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.