2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

木曜時代劇・吉原裏同心の第3話は「許せぬ奉行」です。これもまた実に哀切を極めたエピソードでございました吉原裏同心のあらすじ行きますよ~(^^)/。また富田靖子さんが抜群なんだ、これが遊女の哀しみが切々と伝わってきました。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)です。


吉原で「玉菊灯籠」という一大行事が行われたその日、南町奉行の村山信濃守(ダンカン)が視察と言う名目で「山吹色の菓子を味わいにやってきたところ、何者かがその顔に卵をぶつけるという事件が起きました。横暴で有名な村山に狼藉を働けばその命も危ないと思われるのに、誰が一体、それも「卵」などをぶつけたのか


幹次郎が会所の仙右衛門とともに、犯行に使われた「卵」の出どころを突き止めようと卵屋の太平に当たったところ、その日は、羅生門河岸(切見世)と呼ばれる、遊女にとっては墓場のようなさびれた場所で細々と客を取っているおきく(富田靖子)が、5個買っていっただけだと言います。


しかもおきくはかなり重い労咳を患っており、卵はそのため~滋養のために買ったもので、体力の無いおきくに、卵をぶつけることなどという芸当ができるはずもありません。それにおきくは自分の少ない稼ぎを仲間に渡し、自分には先が無いから、せめて功徳を施してあの世で幸せになるしかないというようなお人よしなのです。


が、そうこうしているうちに、結果を出すよう村山から急き立てられた同心の村崎は、卵屋の太平をしょっ引いてしまいます。本人は犯行を否定しているというのに、無理矢理拷問にかけて自白させようとの魂胆です


一方の幹次郎は、何ともやるせない思いを抱え~酒が飲めないので~饅頭屋でやけ食いをしていたところ、ふたたび身代わり屋の佐吉に出会い、耳寄りな情報を手に入れます。村山に恨みを持つ者の中に、昔、遊女との仲を妬まれて濡れ衣を着せられ、ひどい刑に処せられた「卵屋」の喜助がいると聞かされたのです。


これですべてが明らかになりました。 喜助はおきくと恋仲だったのを、おきくを身受けしたかった村山に嫉妬され、江戸所払いにされてしまったのだそうです。その喜助が最近再びおきくのもとへ通うようになったところに、村山が玉菊燈籠の視察に来たため、喜助はここであったが百年目、と、最初は刃物を持ち出して村山を殺そうとしたのだとか。


が、これを脇で見ていたおきくは、そんなに恨みを晴らしたいならを投げつければいいと手元にあった卵を差し出したのだそうです。あなたにとっては昔生計を立てていたもの、私にとっては病に効くという大切な物。それをぶつけて初めて、仇が討てるというものでは?


こうして喜助がことに至ったのだと聞かされた幹次郎ではありますが、今太平が濡れ衣を着せられているからには、目をつぶるわけにはいかぬと言います。そして喜助もまた、まさか死罪にはならぬだろうと仙右衛門に促され、自首することを決意するのです


一方のおきくはこの時はいったん黙って喜助を見送りますが、そのまま放っておくことはどうしてもできなかったようです。あの細く痩せ細った体のどこにそんな力が残っていたのか、おきくは番屋の向かいの屋根によじ登り、そこから村崎に卵をぶつけ、村山を襲った犯人は自分だと嘘の自供をした上に、屋根から身を投げて自殺してしまいます


どうせ長くない命を喜助のために使ったのだと、皆が口をつぐんだ中、幹次郎だけはどうにも不服そうな顔をしていると思ったら、幹次郎はなんと、村山がお気に入りの薄墨太夫に頼んで(もしくは筆跡をまねて)村山への文を出し、人知れぬ細道で村山を待ち伏せした挙句、

おきくと喜助の仇だ!

とばかりにその髷(まげ)をバッサリ斬り落としてしまいました


その後村山は、町奉行と言う要職にありながら、そのような狼藉を許した責任を取られて免職になったとは実に痛快でございましたね。これが幹次郎の仕業と知りつつも、わざと素知らぬふりでとぼけてみせた汀女もさすがは武士の妻でござる


やるせない中にも温かい人情の漂う吉原裏同心は来週の放送もとっても楽しみでございまする吉原裏同心が楽しみ~(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
オッキー  
No title

この時代劇、観てなかったのですよね。ただなんとなくだっただけでなく、『プレバト』という裏も結構観てたので。

しかし、1月3日の正月版観て面白いと思い、特に第3話が印象的で。私も富田靖子が好きで、世代的に『アイコ16歳』からのお付き合いでございます。どんな役をやらせてもいいですよね。最近では、『あさが来た』のカズさんや、そちらで放送がなかったかもしれませんが、九州(福岡)では大評判になった『めんたいぴりり』の海野千代子役(海野俊之:博多華丸)の女房役など。

この回は、切なかったです。感想を読んでまた涙浮かべて。

2016/01/05 (Tue) 13:43 | EDIT | REPLY |   
オッキーさんへ  
めんたいぴりりも観ましたよ~( `ー´)ノ

オッキーさん、こんにちは~♪

私も「吉原裏同心」の正月スペシャル見ましたよ~。
そうそう、以前の連ドラ放送の際、
オッキーさんはご覧になってないのかな~とちと残念に思っていましたよん(笑。

んも~「めんたいぴりり」は見ましたよ~!
ここでも(誰にも相手にされなかったけど・爆)うるさく騒ぎました(^◇^)。
富田靖子さんの千代子は本当に良かったですよね~大好きでした。

これです~(ちらほら読んでいただけてたみたいですv-398):
http://dramadaisuki2009.blog68.fc2.com/blog-category-454.html

裏同心のおきくも本当に良かった~(;O;)。
富田さんは本当に素敵な女優さんですよね~。

明日辺りから店開きをしようと思っておりました^^。
今年もまたどうぞよろしくお付き合いくださいませね(^^)/。こん

2016/01/05 (Tue) 16:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.