このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ゆれながら咲く花 あらすじと感想 第6話 川原での殴り合い

ゆれながら咲く花のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ゆれながら咲く花 全23話 あらすじと感想一覧


韓国ドラマ ゆれながら咲く花の第6話は「川原での殴り合い」です。以下早速ネタバレですゆれながら咲く花のあらすじ行きますよ~(^^)/


なんとですね~「竜巻」という異名を取り、校内ばかりか京畿道中を怖れさせた悪名高き伝説の番長は、パク・フンスではなく、コ・ナムスンその人だったのだそうです!ナムスンが伝説の番長!


確かにこれまでもなんとな~く喧嘩が強そうな雰囲気を醸し出してはいましたものね。その「拳を封印したきっかけがきっと、パク・フンスとの過去に隠されているのでしょう


そしてこのフンスとナムスンは、その京畿道の中学では同級生だったことが判明します。二人とも94年生まれだそうで~でも他の生徒の生まれが分からん~ナムスンは皆より年上だったのだそうです。しかも、中学は中退して高校認定試験を受けて、このスンリ高校に入学したのだとか。


ジョンホがフンスとナムスンを呼び出して、川原で激しい喧嘩をしたことで警察が駆けつけ、ナムスンが住民登録番号を聞かれたことから、皆に真相が知られてしまいました。


ここで、ジョンホの父と面談をする予定でやってきていたインジェが「保護者」として彼らを引き取ったため、ジョンホは、これまで馬鹿にしてきたインジェに頭が上がらなくなってしまったのは楽しかったですね。またひとりで家庭訪問に行こうとしたインジェを、自分の高級車で送ったセチャンもなかなかでした。ああ見えてセチャンもセチャンなりに「担任」としての自覚がでてきたのかもしれません


一方、これまであまり触れる機会がなかったのですけれど、セチャンの学習塾に通っていたソン・ハギョンが、皆から仲間外れにされたことに憤慨して奔走するイ・ガンジュ(ヒョヨン)がまた実にイイ感じでございます。彼女は実に正義感が強く、ハギョンばかりか、ナムスンをもいつも不当な嫌がらせから庇ってくれるのが見ていてとても爽快です。皆が怖がるフンスにも、決して怖気づきませんし、フンスの方も、ポンポン言いたいことを言うガンジュには、そう簡単に手出しができないようです。


今回ナムスンは、フンスから学校を辞めろと命じられたことに逆らって登校してきました。俺には学校しか行くところが無いと語ったナムスンは、いまだに教科書さえ購入していないフンスのためにこれを購入して届けるのですけど、そこにはフンスの姉がいて、ナムスンを激しく罵ります


あの子が転向したがる理由が分かったわ。でも決して転校などさせない!!あの子は必ず卒業させる!!


でも同じこの姉が言うには、ナムスンとフンスは親友だったようなのです。いったい二人の間に何があったというのでしょうか。片方は引きこもりとなって中学を中退、片方は高校には入ったものの、不良となって転校を繰り返しているなんて


と、まだまだ問題山積みの2年2組ではありますが、そろそろ試験が始まるようです。これで「びり」を脱却できなければ、卒業までずっと補講に出なければいけないと校長と約束させられた2組の面々は、果たして一人全教科平均約4点の成績アップができるのでしょうか?


またこれはずっと気になっていたのですけど、以前セチャンも言っていたこと~国語の試験問題を解くにあたり、出典となった原作を読んでおかぬよう指導するというのもおかしな話ですよね。確かにそれは

「出題者の意図を理解する」

という点では早道かつ有効かもしれないけれど、

「文学作品の読解力を養う」

という本来の目的からは大きく外れている気がします。これは日本でも同様らしいのですが、そんなんだから、誰もがまるで判で押したような「面白味のない模範解答しか答えられず、主体性や創造性の欠如した人間が増えているのではないでしょうかね。どちらを向いても同じように考える人間ばかりになったら、それこそ恐ろしいと思いませんか?


有名大学への入学を最終目的とするセチャンが、あくまでも生徒の自主性を重んじ、人間形成を重視するインジェに今後どう影響されていくのかも見守っていきたいです。セチャンがああも「無関心」を装うようになったのは、おそらくは過去に「熱血」が過ぎて傷ついたから~のようですものね


ゆれながら咲く花は続きもとっても楽しみでございます皆ゆれながら美しく大きく咲け~♪


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はゆれながら咲く花のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング