2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

大祚榮(テ・ジョヨン)あらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大祚榮(テ・ジョヨン)あらすじと感想一覧 全134話


大祚榮テジョヨンもいよいよ終盤です。本日は131話のあらすじを簡単にまとめさせていただきました大祚榮のあらすじ行きますよ~(^^)/


何としてもイヘゴだけは助けようと考えたシン・ホンは、ソル・ゲドゥとトヒョプに残りの兵でもって大祚榮軍を足止めするよう命じました。もちろんこれは死を覚悟した最後の任務となりますが、モゲだけは、イヘゴとチョリンを守るよう、その任を外されます。


テ・ジョヨンをここから一歩も通すなっ!!ソル・ゲドゥが立ちはだかります!


最後の力を振り絞り、必死でかかってきたソル・ゲドゥやトヒョプも、ついにジョヨンとコルサビウの刃に倒れてしまいます。ずっと敵ではあったものの、その主君を最後まで守ろうとした忠誠心は称えてやろうと思います


が、ここに来ても尚、決して理解したくないのがシン・ホンの忠誠心です。ホンは最初、追ってくるジョヨンらをかく乱するため、唯一隠れ家になりそうな遼河城を避けて潜伏し、ジョヨンがこれを調べさせた頃を見計らってモゲを呼び、イヘゴとともにそこへ身を隠すよう命じます。


その間私が兵を連れて囮になる!


そのホンの計略にまんまと引っかかったように見えたジョヨンでしたが、その後、ホンを処刑すると嘘をつき、ホンがイヘゴに最後の別れをいうその時に勝負を賭けてきたのはさすがでした。それが最後の別れというその時には、さすがのホンも策を弄することができなかったらしく、自ら嘘をついた「営州」ではなく、「遼河城」の方角を向いて礼をしてしまったのです


イヘゴは営州ではなく遼河城に隠れているな!おまえが方向を間違えるはずがない!


シン・ホンたるもの方向を誤るはずもないと確信したジョヨンらは、憎んでも余りあるシン・ホンに止めを刺し、早速遼河城へと向かいました。そこにはもはや覚悟を決めたイヘゴと、そのイヘゴに変わらぬ愛を注ぎ、最後は毒を飲んでイヘゴの後を追うと決意したチョリンが身をひそめています。


チョリンのその覚悟を聞いて、これまでのしがらみをすべて吹っ切ったらしいイヘゴは、ジョヨンに最後の提案をしました。自分は敗将ゆえ処刑される覚悟はついているが、世間に龍虎と謳われたテジョヨンとイヘゴだから、最後は一対一の決闘をしたらどうか?


イヘゴとしては、宿敵ジョヨンにせめて一太刀浴びせたいという気持ちの外に、自分のために体を張って死んでいった部下たちのためにも何とか一矢報いたかったのでしょう。イヘゴは、ホンを初めとした部下たちが、自分への忠誠心のためだけに死なねばならなかったのが、無念でならなかったようですからね。


これを言語道断だと否定するビウやミモサをよそに、ジョヨンはこれをあっさりと引き受けます。これはもちろん、愛する者を殺された恨みをその手で晴らしたいという怒りも大きかったことでしょうが、ジョヨンの脳裏には

「自分の息子であるコムを、あのように素直で立派に育ててくれた恩

もふと浮かんだのではないでしょうか。また過去からの因縁を本当の意味で断ち切るには、ここで最後に一騎打ちをするしかないと思ったのかもしれません。


こうして世紀の決戦が始まりましたジョヨン対イヘゴ!。しばらくの間激しく剣を交えた後、とりあえずはイヘゴがジョヨンに怪我を負わせたようでしたが、これでジョヨンの闘志が最高潮に達したことはもはや間違いないことでしょう。おぉ~っとこれ以上は明日に取っておきますね


またそのジョヨンから、ソリンギたちを追って、決してイヘゴの件には関わるなと命じられていたコムは、その命令を破って後を追いかけてきているようです。たとえどんなにひどい人間であろうとも、少なくともコムにとってはかけがえのない優しい父親だった時期もあったのですし、その父を失えば、母もまたその後を追うかもしれないことぐらい、賢いコムにはもう分かっているに違いありませんものね


今日は、これまでにも心の中ではもう既に何度も殺してきた()シン・ホンの最期を見届けられて大満足のおばさんでしたテジョヨンが楽しみ~(^^)/。ソリンギとホンペ、イムンとスボンともうひとり(ウミョン)~とたったの5名で生き恥をさらしていた唐勢が実に無念そうだったのもまたとっても楽しかったですね~大祚榮は明日の放送が待ち遠しくてたまりません~


~来週の月曜が最終回だと思ったら、連休になるため月曜はお休みで、最終回は火曜日になるようです


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.