このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

大祚榮(テ・ジョヨン)
 時代劇・歴史モノ

大祚榮 あらすじと感想 第131話 イヘゴを捕えよっ!

大祚榮(テ・ジョヨン)あらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 大祚榮(テ・ジョヨン)あらすじと感想一覧 全134話


大祚榮テジョヨンもいよいよ終盤です。本日は131話のあらすじを簡単にまとめさせていただきました大祚榮のあらすじ行きますよ~(^^)/


何としてもイヘゴだけは助けようと考えたシン・ホンは、ソル・ゲドゥとトヒョプに残りの兵でもって大祚榮軍を足止めするよう命じました。もちろんこれは死を覚悟した最後の任務となりますが、モゲだけは、イヘゴとチョリンを守るよう、その任を外されます。


テ・ジョヨンをここから一歩も通すなっ!!ソル・ゲドゥが立ちはだかります!


最後の力を振り絞り、必死でかかってきたソル・ゲドゥやトヒョプも、ついにジョヨンとコルサビウの刃に倒れてしまいます。ずっと敵ではあったものの、その主君を最後まで守ろうとした忠誠心は称えてやろうと思います


が、ここに来ても尚、決して理解したくないのがシン・ホンの忠誠心です。ホンは最初、追ってくるジョヨンらをかく乱するため、唯一隠れ家になりそうな遼河城を避けて潜伏し、ジョヨンがこれを調べさせた頃を見計らってモゲを呼び、イヘゴとともにそこへ身を隠すよう命じます。


その間私が兵を連れて囮になる!


そのホンの計略にまんまと引っかかったように見えたジョヨンでしたが、その後、ホンを処刑すると嘘をつき、ホンがイヘゴに最後の別れをいうその時に勝負を賭けてきたのはさすがでした。それが最後の別れというその時には、さすがのホンも策を弄することができなかったらしく、自ら嘘をついた「営州」ではなく、「遼河城」の方角を向いて礼をしてしまったのです


イヘゴは営州ではなく遼河城に隠れているな!おまえが方向を間違えるはずがない!


シン・ホンたるもの方向を誤るはずもないと確信したジョヨンらは、憎んでも余りあるシン・ホンに止めを刺し、早速遼河城へと向かいました。そこにはもはや覚悟を決めたイヘゴと、そのイヘゴに変わらぬ愛を注ぎ、最後は毒を飲んでイヘゴの後を追うと決意したチョリンが身をひそめています。


チョリンのその覚悟を聞いて、これまでのしがらみをすべて吹っ切ったらしいイヘゴは、ジョヨンに最後の提案をしました。自分は敗将ゆえ処刑される覚悟はついているが、世間に龍虎と謳われたテジョヨンとイヘゴだから、最後は一対一の決闘をしたらどうか?


イヘゴとしては、宿敵ジョヨンにせめて一太刀浴びせたいという気持ちの外に、自分のために体を張って死んでいった部下たちのためにも何とか一矢報いたかったのでしょう。イヘゴは、ホンを初めとした部下たちが、自分への忠誠心のためだけに死なねばならなかったのが、無念でならなかったようですからね。


これを言語道断だと否定するビウやミモサをよそに、ジョヨンはこれをあっさりと引き受けます。これはもちろん、愛する者を殺された恨みをその手で晴らしたいという怒りも大きかったことでしょうが、ジョヨンの脳裏には

「自分の息子であるコムを、あのように素直で立派に育ててくれた恩

もふと浮かんだのではないでしょうか。また過去からの因縁を本当の意味で断ち切るには、ここで最後に一騎打ちをするしかないと思ったのかもしれません。


こうして世紀の決戦が始まりましたジョヨン対イヘゴ!。しばらくの間激しく剣を交えた後、とりあえずはイヘゴがジョヨンに怪我を負わせたようでしたが、これでジョヨンの闘志が最高潮に達したことはもはや間違いないことでしょう。おぉ~っとこれ以上は明日に取っておきますね


またそのジョヨンから、ソリンギたちを追って、決してイヘゴの件には関わるなと命じられていたコムは、その命令を破って後を追いかけてきているようです。たとえどんなにひどい人間であろうとも、少なくともコムにとってはかけがえのない優しい父親だった時期もあったのですし、その父を失えば、母もまたその後を追うかもしれないことぐらい、賢いコムにはもう分かっているに違いありませんものね


今日は、これまでにも心の中ではもう既に何度も殺してきた()シン・ホンの最期を見届けられて大満足のおばさんでしたテジョヨンが楽しみ~(^^)/。ソリンギとホンペ、イムンとスボンともうひとり(ウミョン)~とたったの5名で生き恥をさらしていた唐勢が実に無念そうだったのもまたとっても楽しかったですね~大祚榮は明日の放送が待ち遠しくてたまりません~


~来週の月曜が最終回だと思ったら、連休になるため月曜はお休みで、最終回は火曜日になるようです


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は大祚榮(テ・ジョヨン)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング