このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

MOZU(モズ)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

MOZU(モズ) S2 幻の翼 最終回 あらすじと感想 全ては闇の中へ

MOZUモズ)のあらすじと感想はこちらからご覧いただけますMOZU(モズ)S1&S2 あらすじと感想一覧


MOZUモズ)~Season2~幻の翼~】もついに夕べが最終回でございました。いや~最後まで迫力・見ごたえともにタップリで実に面白かったですMOZU(モズ)シーズン2幻の翼最終回のあらすじ行きますよ~(^^)/。副題にも掲げたように&皆様もご想像がついていたように、最後はほとんどが「闇に葬られてしまったのですが、妄想好きなおばさんにとってはこれでも十分楽しくて大満足でございました。また映像も実に見ごたえがあって素晴らしかったですね~


以下、MOZUモズS2 幻の翼最終回のあらすじネタバレ)です。いつも通りおばさんの妄想も多分に含まれておりますので、その点はお心広くご笑納くださいますようお願い申し上げます


倉木と未希は、オメラスの地下牢があるという「孤狼(ころう)島」へと向かいました。大杉は一人本土に残って、池沢というく〇野郎を豚箱にぶち込んでやると息巻いています娘にもそう約束した!


前回津城の話では、孤狼島は25年前に封鎖された無人島だということでしたが、それもこれも、政府が有識者に「大地震の危険性」を指摘させ、住民256名を本土に避難させたからなのだそうです。もちろん、この25年間、大きな地震はまったく起きておりません


政府がこの島を封鎖した本当の理由は、当時のソ連の潜水艦が領海を侵犯し、孤狼島に座礁したことが原因でした。が、日本政府はこれをソ連との有利な取引材料と考え、一切公表しなかったそうです。ソ連は、この潜水艦をアメリカに回収されるのを最も恐れていたのだとか。


そしてこの駆け引きが思いがけない事態を生むことになりました。この辺も今一つ明確ではなかったのですが、どうやらこの潜水艦に潜んでいたスパイが、日本政府が秘密裏に機能させていたという例の「国民監視システム」を乗っ取って、孤狼島の潜水艦からしかコントロールできなくしたのだそうです。


このシステムの奪還を表向きの目的とした「グラークα作戦」が、実は、イワン・タイラーこと明星ひろとを殺すことだったことを考えると、このシステムを乗っ取った人物こそ、明星ひろとだったのかもしれません。


そして明星タイラーは今もこの潜水艦におり、これを破壊することを最後の任務としていたようです。イワン・タイラーは、この潜水艦とともに海に沈む


ようやくこの潜水艦(東曰くこれが「オメラスの地下牢」)に辿り着いた倉木は、グラークα作戦でこの潜水艦に潜入した千尋が、当時いったいどのような扱いを受け、なぜ一人だけ釈放されるに至ったのかを明星に問い詰めました。何度も何度もしつこく聞く倉木に、明星はようやく重い口を開きます。


仲間を売ったというのはこちらが日本政府に流した(偽りの)情報だ。お前の妻は、ロシアと日本の緊張関係を保つ一つの証だった。あの女が口を割らなかったのは、他の諜報員を殺す間、真実を告げたらお前の夫を殺すと何度も脅し続けたから。お前の妻が守りたかったものはただひとり~お前だけだ。守りたいものが1つしかない人間は強い~だからあの女を選んだ。


要するに、ロシア側は、タイラーを制圧に来た日本を牽制するため、他の諜報員を皆殺しにしたけれど、危うく首の皮一枚のところでその関係を保つために、千尋を生かしていたということなのだと思います。でもそれだけでは、千尋がなぜ爆弾テロに加担したのかの理由が分かりませんね


一方、大杉の方は、池沢を逮捕しようとその後を付け狙っていたところ、そこに「宏美を葬るため」に、新谷和彦が姿を現しました。池沢にアイスピックを突き立てようとする和彦を、大杉が邪魔しようとするのが腹立たしくてならなかったのは、はたしておばさんだけでしょうか大杉、邪魔をするなっ!宏美の仇を討たせてやれっ!!(`・ω・´)。だって、どんなに大杉が頑張っても、池沢を逮捕することなど無理に決まっていますからね


案の定、池沢が大杉を「調査費横領の罪で懲戒免職」するつもりだとうそぶいていたところに、汐里と津城が現れました。なんと津城は、汐里というジャーナリストと手を組んで、池沢の悪事をすべてマスコミに公表するつもりだというのです。池沢が以前汐里たちをグルジブの危険地帯に潜入させたのは、そこにいた権力者に日本の外交官を引き合わせるためだったそうです。


この津城たちの後を追うようにして警察が乗り込んでくると、池沢はあっけなく逮捕されてしまいます。どうやら津城の上の人物が動いたようなのですけれど、それが誰なのかは明らかにされませんでした


が、この警察の中に変装した和彦が紛れ込んでいたため、ついに池沢は「百舌の早贄」にされてしまいます。ここは思わずやった~!でございました。でもそれもつかの間の歓喜であって、その後和彦は、津城の手で狙撃されてしまいます。これを庇おうとした汐里にも、津城はためらわずに引き金を引きます


こうして池沢が死んでしまった今、利用価値の無くなった汐里は精神異常者と判断され、人知れぬ場所に監禁されてしまいました。一見政府が非公式に管理する病院のようにも見えましたが、あの鍵のかかった部屋こそが「オメラスの地下牢」に見えたのはおばさんだけではないでしょう


「あとはダルマで処理しておくように


津城のこの命令は「汐里」を対象にしたものと思われます。結局、ダルマの正体は明らかにはされなかったのですけれど、これで千尋がテロリストになった理由も分かるような気がしませんか。やはりダルマとは、最初に鳴宮が語っていたように、人間の心を支配して思い通りにコントロールするシステムを指しているのではないでしょうか。その象徴があのおっさんの顔だけで、ダルマは決して人ではない


~国民監視システムの後に作られた新しいシステムというのがこのダルマなのではないでしょうかね~


そして千尋もまた、本土に戻った後、おそらくは室井によってこのダルマでコントロールされてしまったのが、最後の最後には自分の意思で悪夢のような人生にピリオドを打とうと、あの爆弾で自殺したのではないでしょうか。それもこれも、たったひとり愛した倉木を守るため、真実を最後まで隠し通すため。と、これもまたおばさんの妄想でござるが


潜水艦とともに沈んだかに見えたのはあくまでもFSBスパイとしてのイワン・タイラーであり、明星ひろとは今回もまた周囲を欺いて生き延びていると思われますし、津城に撃たれて高所から飛び降り、そのまま姿を消してしまった和彦もまた、大きな「借り」を返すために、汐里を助けに来るようです。汐里の食事のトレーの上には、あの百舌の印φを描いた紙切れが置いてありましたから


孤狼島という極寒の地での映像は見るものの心まで凍らせてしまうようで、実に見ごたえがありました。これは是非、もう一度、今度は地上波で(字幕を付けて)放送していただきたいです。MOZUモズ)~シーズン2 幻の翼~は最後まで迫力十分で面白かった~大満足ですMOZU(モズ)~Season2~幻の翼~迫力満点で面白かった~(≧▽≦)



オフィシャルガイドブックも出ていました

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はMOZU(モズ)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

ダルマ
ネタバレ読ませていただきました。面白そうだけど、今の所見る術がないのが残念です。

ダルマは、ベンガル語では「ドゥルモ」のことで、インド世界の言葉では似たりよったりの単語になるようです。宗教、生活上の決まり、生きる上でやるべきことみたいな意味です。だから、監視システムが「ダルマ」というのは、うなづける気がします。
貴重な情報をありがとうございます
はじめまして^^。

ダルマにはそのような意味があったのですね~。
それなら尚更、マインドコントロール機能のあるシステムに
ピッタリのネーミングかもしれませんね。

ご教示くださいましてありがとうございました。
いつか是非、ドラマも映像でご覧になれるとよいですねv-22。こん
ありがとうございます。
初めまして。
11月に映画が公開されるということで、
振り返りとしてドラマのまとめをしています。
こちらのブログを読ませていただき、
再確認・再発見することができました。
とても楽しく読ませて頂きました。ありがとうございます。
ドラマを見ていた当時、衝撃だったことや、混乱したこと、
多くのことを思い出させていただきました。
本当にありがとうございました。
こちらこそご丁寧にありがとうございます
有紀さん、はじめまして^^。

ご丁寧なコメントを残してくださいまして
こちらこそありがとうございました。

あれこれ妄想ばかりでお恥ずかしい限りですが、
とっても楽しく見ていたことだけは確かなのでお役に立てれば幸いです。

映画の前にスピンオフなども放送されるようですね。
私はテレビしか見られないので
映画版がテレビで放送される日を心待ちにしておりまする。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング