2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

ニキータのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ニキータ あらすじと感想一覧


ニキータ2の20話は「シャドー・ウォーカー」(Shadow Walker)です。バーコフがお気に入りのおばさんとしては実に楽しいエピソードでございました。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)ですニキータ2のあらすじ行きますよ~(^^)/


今回ニキータは、パーシーの資金奪還に動き出しました。以前アレックスがパーシーの隠し財産を送金した相手を突き止めると、イアン・ダマスカスという人物が浮上してきます。


これを突き止めるために、今や大金持ちとなったアレックスが銀行を訪れたところにニキータとマイケルが強盗になりすまして銀行を襲い、その隙に客を装ったアレックスが銀行のコンピューターの中身をコピーしてきたのも楽しかったです。この映像を監視カメラをハッキングして見ていたバーコフが、

銀行が皆オンラインにすれば強盗に入られなくて済むのに

といったのも辛辣で楽しかった。強盗じゃなくてハッカーになるってこってすな


ニキータはこのダマスカスに接触するため、金持ちの悪党を装うことにしようと言いだしますが、そのために必要な最低金額が2000万ドルだと聞かされると、バーコフが途端にこれを拒否します。No! No to the power of no!!Whatever scenario doesn't involve risking my money!


どうやらニキータは、バーコフの全財産の金額を知っていたようです


くれとは言わない、貸してくれるだけでいいというニキータに、バーコフもしぶしぶ承知したものの、その行方が心配だと言って、自分もこの作戦に加担しました。


が、これが見事に失敗してしまいます。なんとダマスカスはパーシーの金をとっくに流用してしまっており、その穴埋めとしてバーコフの金をパーシーの使いのヴェロニカに渡してしまったのです。しかもwire transferではなく手渡しだったため、ニキータたちはまんまと出し抜かれてしまうのです


が、本来パーシーの資金は全部で1億ドルらしかったため、ヴェロニカは金の入ったカバンの重さでこの事実に気づいてしまい、ダマスカスはローンに殺されてしまいます


「重さ」といえば、その後、この金を追ったアレックスやバーコフが、荷台と地面の距離(重さ)でもって「囮」のバスの中から本物を見分けたというのも可笑しかったですね。今やすべてがデジタルの時代なのに、しかも、その申し子みたいなバーコフがいう所が楽しいです


でもそのバーコフも、今回はさんざんな目に遭ってしまいました可哀想なバーコフ


ダマスカスに2千万ドルを横取りされたバーコフは、これが原因でニキータとも喧嘩してしまいます。怒ったバーコフは、昔、シャドー・ウォーカーとして2千万ドルを奪ったFBIのシステムにまたしてもハッキングしようとしたため、今度はFBIに見つかってしまい、即刻警官に取り押さえられてしまうのです。警官も驚いていたのがまた楽しかった~いったいあんた、何者なんだ?


シャドー・ウォーカーとして名を馳せた頃の記録はディヴィジョンによってすべて削除されてしまったらしく、バーコフにとっては、あの2千万こそが当時の栄光?だったようなのです。以前確かマイケルにも、自分はかの有名なシャドー・ウォーカーだと自慢していましたっけ。


ダマスカスとの交渉後に撃ち合いになった時、バーコフは銃を手にしていたにもかかわらず、窮地に陥ったニキータを助けることができませんでした。以前のカレンの顔が浮かんで、どうしても引き金を引くことができなかったのです。


ニキータはすっかりこれを忘れていてバーコフを責めたためにふたりは喧嘩をしてしまったのですけれど、だからといって、その程度のケンカごときで仲間を見捨てるようなニキータではありません。FBIになりすまして、まんまとバーコフを助け出します。バーコフを逮捕した後、いったいどんな重要人物なのかと好奇心満々だったマニオンも、ディヴィジョンに撃たれちゃったんですかね~気の毒に


ここでニキータがこのマニオンにした説明も面白かった。バーコフを「Johnny boy」と呼び、コンピューターチップが埋め込まれた物に近づけさえしなければ、無害この上ない、と語ったところ


Johnny boy's not a threat to anyone, unless of course you let him near your computer or your cell phone, programmable coffee maker, anything with a computer chip really.


ブルーレイプレイヤーでFBIをハッキングしたって話は本当だったのでしょうか


マイケルとアレックスは、バーコフ救出はニキータに任せて、パーシーとバーコフの金を追っていたのですが、どうにも奪還できそうにありません。そこでバーコフが、それならばせめてパーシーに打撃を与えやると、7千万ドルをトラックごと焼き払うよう決断したのは立派でしたね~Percy can't winパーシーを勝たせてやるものか!


これを映像で見ていたパーシーの顔ったらありませんでしたよがーん!。ご所望通りマイケルに見せてやりたかった


これで素寒貧になってしまったバーコフには、アレックスが100万ドルを用意したようです。アレックスのいう通り、バーコフならすぐにこれを何倍にでもできることでしょう。何せ、ニキータでは(私利私欲ではないにせよ)入れば入るだけどんどこ使っちまいますからね~
The way Nikki blows through money, it's like her greatest talent in life.


アレックスが言う通り、仲間で戦うのは実に楽しいでござるね。最後に登場してパーシーに嫌みを言っていた男性の正体も気になるところニキータ2は続きもとっても楽しみでございまするニキータ2も楽しいです( *´艸`)


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.