2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

中国ドラマ・項羽と劉邦King's Warは35話「趙高暗殺計画」と36話「破釜沈船」を視聴しました。いやいや大変なことになってしまいました。以下早速ネタバレです項羽と劉邦のあらすじ行きますよ~(^^)/


やはり趙高にはすべてがお見通しだったのですだと思いました(>_<)。崇信の動向はすべて、趙高の弟で偽の宦官=趙成を使って何もかも調べ上げられており、趙成は兵まで用意して謀反に備えておりました。やはりあの男は決して侮ってはならなかったのです


この趙高を殺して、こともあろうに「皇帝」になろうとしていた崇信はあっけなく殺され、晨曦もまた、なんとか趙高を殺そうと向かっていくものの、これに失敗すると、潔く自決してしまいます。ただ一つ、愛する章邯は何も知らないのだから、決して殺さないでほしいと言い残しながら。


結婚式を挙げたばかりの新妻=晨曦に、目の前で死なれた章邯も何とも気の毒でございました。彼はあくまでも武将であり、政治には一切関わらないという信念から、再び戦場へ戻っていきますが、それももはや死を覚悟してのことのようです。その決意を「破釜沈船」と呼ぶそうです。


また、項羽の方は、そろそろこの章邯と真っ向勝負の気配です。趙王は今張耳とともに鉅鹿に籠城しており、その張耳とともに趙王を擁立した陳余も援軍に駆けつけてきますが、秦軍の規模に恐れをなした陳余は、手も足も出せずにいたようです。そこへ、章邯が周辺にある甬道を使って秦軍への補給をしていたことに気づいた項羽が、甬道を一気に攻めてきたのです


一方、希代の策士=張良を得るため韓王を助けた劉邦は、陽テキ(陽翟)の奪還と交換に、張良を借り受けたいと申し出ます。韓王はこれに快く応じてくれました。


が、劉邦は喜びのあまり張良を将軍として戦場に送り出したため、部下から大いに顰蹙を買ってしまいます。張良は確かに策士としては天下一品でしたが、リーダーとしての資質には欠けていたようです。それは本人も重々承知していたようです。


この辺はどんどん新しい地名や人名が出てくるので、正直申し上げてついていくのが精いっぱいな感じでござる。特に地名の字幕が出ないのが辛いところです~韓信が謝って穴をあけてしまったあの地図を拡大して説明してほしかったかも。でもここは何とか頑張って乗り切っていきたいです。項羽と劉邦は続きもとっても楽しみでございまする項羽と劉邦は今がおばさんの正念場でござる( `ー´)ノ



~このあと夏バテしたためについていけなくなりました。また再視聴する機会があったらトライしたいと考えています~


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.