このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ペテロの葬列
 杉村三郎シリーズ

ペテロの葬列 あらすじと感想 第4&5話 園田はSTの被害者!

ペテロの葬列のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 杉村三郎シリーズドラマ あらすじと感想一覧


小泉孝太郎さん主演ペテロの葬列の4話では意外な事実が明かされました。今週の5話分と合わせまして、至極簡単なあらすじ(ネタバレ)をまとめさせていただきますペテロの葬列のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


これは今多嘉親が三郎に明かしたことなのですが、園田は昔、会長命令で、フェノミナ人材開発研究所主催のセンシティビティ・トレーニング(ST)=自己啓発セミナーに参加したことがあるのだそうです。そこで「トレーナー」から徹底的に人格を否定された園田は自殺を図ってしまったのだとか


STという「スキル」を持ったトレーナーたちの特徴は、人間を「物」として捉えて「改造」しようとしていたこと。そしてその自分の行為が正しいと思い込んでいること。今多嘉親がSTを軍隊や戦争に例えていたのも実に言い得て妙です


そして今回三郎たちをバスジャックした暮木老人こそ、そのSTのトレーナーだったのではないかというのが今多嘉親の推論でした。バス内での園田と暮木の会話もこれで納得がいくというものです


60年代から70年代にかけて流行したこのセミナーは、時代とともにその姿を変えて、マルチ商法や悪徳商法となっていったそうです。


自分のやっていることを「正しい」と信じ込む人々により、被害は新たな被害を生み続けました。自分も騙されたのだから、他人を騙すのは当然だ


詐欺の被害者が新たなる詐欺師となるという話は、やるせなくとも大いに納得のいくところではありまするが、でも、暮木が「3人の悪人」として挙げた彼らのトレーナーだったという話は、皆が言っていたように、どうにも解せません。もし自分にその気はなかったのに、悪を作りだしてしまったというのであっても、それなら尚更、自分を責めるべきではないかと思うんですが


また4話では、今多嘉親自ら園田に接触を試み、ようやく園田が出社するようになったのは朗報でした


「園田はそのままでいい


おそらく、過去の事件が無ければ、編集長はもっとずっと高い地位に就いていてバリバリ働いていたのでしょうし、それまた彼女にとっては別の幸せだったかもしれませんけど、おばさんも今の園田編集長の方が好きですね。彼女の持っている温かみと優しさは、挫折と絶望を知った人間が持つそれだったのだと、このエピソードでますます好きになりました


その園田編集長は、どうやら例の慰謝料を受け取っていないようです。あの時確かに宅配便が届いたような気がしたのは、単なる思わせぶりだったのか、それとも編集長は、まだ何かを隠しているのか


隠していると言えば、間野京子も相変わらず怪しげです。個人的には、ああいうタイプの女性はあまり好きではないのですけれど、園田はこんな京子にも温かいまなざしを注いでいたようです。あのレッドドラゴンの絵の通り、恭子はまさに「弱き者~汝の名は女なり」の象徴なのでしょう。


園田が京子に理解を示していたのには、井出が京子にパワハラ&セクハラをしていたことも大きな要因です。この井出はなんとかして森を会社に復帰させ、今多嘉親の後釜に据えようとしているようです。嫌ですね~こういう「虎の威を借りる狐」の典型は大嫌い


またこの「ペテロの葬列」では、京子と三郎、菜穂子の三角関係のみならず、ここに橋本も加わっての四角関係(?)も描こうとしているようです。個人的にはこの辺はほとんど興味がなくて、お婿の三郎が捨てられないよう願うばかりなんですが


一方、この事件とはまったく別に進行していたもう1つの詐欺事件でも新たな進展が見られました。詐欺師と見られていた高越が何者かに殺害され、その犯人として足立の名が浮上しているようなのです。足立は、ホームレスをしていた時に高越に目をつけられて詐欺に遭ったものの、その後は、今は亡き北見に救われて、ようやく立ち直ってきたところだったというのに、です。


俺は殺していない!


その足立の証言を、ほかならぬ高越の妻が後押ししてくれそうです。絵里子というその女性こそ、高越を殺してしまった張本人なのかも知れません


この2回はちと横道にそれた感じで~それはそれで物語に深みを出す意味では大切でしょうが、ミステリーの本筋としてはあまり大きな進展が見られなかったのが、個人的には助かりました。来週からはまた元気に&妄想タップリで語らせていただく所存ですので、またどうぞよろしくお付き合いくださいますようにペテロの葬列が面白い(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はペテロの葬列のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング