このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<12  2017,01/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  02>>

ゆれながら咲く花 あらすじと感想 第15話 ナムスンの決意

ゆれながら咲く花のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ゆれながら咲く花 全23話 あらすじと感想一覧


韓国ドラマ ゆれながら咲く花も、実際の放送は大分進んでしまいましたが、このドラマは心の底からすっかり気に入ってしまったので、放送よりだいぶ遅れることにはなりますが、1話ずつ語らせていただきますねゆれながら咲く花のあらすじ行きますよ~(^^)/


前回、フンスが苦しかった胸の内をナムスンに打ち明けた後、ナムスンは「会いたかった!」とダイレクトには言わなかったものの、ずっとフンスの行きそうな場所に顔を出してはフンスを捜していたのだと告白しました。でもその時フンスは既に引っ越していたらしく、ナムスンは、謝罪することが叶わなかったそうなのです。


こうして、本人同士が少しずつ歩み寄ってきたというのに、情け容赦のない「マニュアル」が二人を引き裂こうとしてきます。何でも高校の暴力対策ガイドラインに

「被害者と加害者は同じ学校に通ってはならない」

という項目があるそうなのです


知らなかったならまだしも、知ってしまったからには、どちらか一方を転校させなければならないと主張するオム先生に対してセチャンが困り果てていると、偶然この話を聞いたナムスンが、自分が転校するから、フンスには何も言わないでくれと頼みこみます


そんなナムスンの心を知らないフンスが、その転校を聞いて、おまえは気楽でいいなとばかりに皮肉を言うのが、なんともたまりませんでしたね~。ふたりとも互いに相手を必要としているのに、あと一歩が素直になれないのですから


そんなふたりを懸命に「仲直りさせようとするセチャンがまた実にイイやつなのですよ。見た目が不愛想なだけに、意外にも細やかな心遣いが嬉しい限りなのでござる。ふたりに(仲良く揃って)書き取りの罰をするよう命じたのもなかなかでしたね。その後にはバスケも待ってましたし


転校を決意したナムスンが、これが最後だからと、フンスとともに昼食を取ろうとしたシーンも泣けましたなんとかならんものなのかしらん(;O;)


一方、論述大会に出ることで、こちらも仲がぎくしゃくしてしまったガンジュとハギョンにも、嫌らしい大人が更なる追い打ちをかけてきます。論述大会に出る意義があるのは、S大志望のハギョンだけだと公言してはばからないイム校長が、まずは校内大会を開いて代表者を決めると言いだしたのです


これを聞いた生徒たちはすぐにこれが、ハギョンにチャンスを与える「出来レース」だと気づきます。その上、それを仕組んだのがインジェであると勘ちがいしたから大変です。それでなくても立場の苦しくなってきたインジェを、生徒たちまでが疎んじるようになってしまったのですこれまでのインジェを見ていればわかるじゃないか!


もう一人の代表者のミンギも、ついにインジェに真相を告白するに至ります。これまでの論述試験は、自分が書いたものではなかったから、大会に出る資格はない。


母親から強制されて苦しんでいるミンギを、果たしてインジェは救うことができるのでしょうか?


インジェが、揺れに揺れている子供たちのために贈ったあの詩も素敵でしたね。それがこの「ゆれながら咲く花」の元になった詩なのでしょうが


ゆれずに咲く花がどこにあろうか
この世のどの美しい花も皆、ゆれながら咲くのだから
ゆれながら茎をまっすぐのばすのだから
ゆれない愛がどこにあろうか

ぬれずに咲く花がどこにあろうか
この世のどのまばゆい花も皆 ぬれにぬれて咲くのだから
雨風にさらされながら 花びらを温かく広げるのだから
ぬれずに歩む人生がどこにあろうか

 -- ト・ジョンファン作「ゆれながら咲く花」より


言葉を変えたチョ・ボンス先生の励ましもじんわり響きました

これまで培ってきた物があるからこそ、壁にぶつかる。あちこち叩いているうちに何かしらが見えてくる~それを繰り返していくのが教師だから。


また、学校に姿を見せなくなったオ・ジョンホも心配です。ジョンホがあんな風に世を拗ねてしまったのは、それなりに現実をよく理解しているからだと思えなくもないため、その核心をズバリと突いてくるセチャンと、どこまでも限りなく深い愛情を注ぐインジェのふたりでなら、頑ななジョンホの気持ちをもほぐしてくれそうな気もするのですが。


ジフンとイギョンがなんとかしてジョンホを学校に連れ戻そうとした時も胸が痛かった~。これからでもまっとうな道を行こうとするふたりに対し、ジョンホは、それもまた歯がゆくてたまらないのですよね。自分達のような落ちこぼれがどんなに頑張ったところで先は見えていると思うにつけ、おまえの母親も皿洗いじゃないかと、逆にジフンを傷つけずにいられないのです。


ゆれながら咲く花」は続きもとっても楽しみで、先を見たい欲望と戦うのが大変でござる。また明日、続きを語らせていただきますねゆれながら咲く花が楽しみ~(^^)/


ゆれながら咲く花 DVD-BOX1ゆれながら咲く花 DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はゆれながら咲く花のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング