2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

烏鵲橋(オジャッキョ)の兄弟たちも実に楽しいドラマです。テヒの実父のチャンフンを殺したのがチャウンの父のペク・イノなどという、いかにも韓ドラ的なロミオとジュリエット展開には絶対に裏があると信じて疑わなかったため真犯人は他にいる(`・ω・´)、あまりヤキモキもせずここまで見進めて参りました。以下ネタバレです。


チャンフンを轢き殺したのはおそらくイ・ギチョル署長で間違いないようです。これは、どうしても当時のことが思い出せなかったイノがようやく当日撮影した集合写真を見つけ出し、当時唯一の証言だった

「運転手は白い服を着ていた」

に自分が当てはまらないことを証明したのです。イノが着ていたのは青いジャンパーで、白い服を着ていたのは、イ・ギチョルだったのです。まったくね~あの顔を見た時から、コイツは悪人だと思ってましたよ。(注:人生画報でのイメージがこびりついて離れませんの


一方、チャウンが息子の仇の娘と知って以来、テヒとの交際を猛反対していたハルモニも、ようやく二人を許す気持ちになってくれたというのがまたよかったですね


最初は飲んだくれてくだを巻き、チャウンと結婚したいと泣き喚いていたテヒが、ようやく踏ん切りをつけたものの、隠しても隠し切れない心の傷がその表情に浮かぶのを見るにつけ、ハルモニの心は、テヒ以上に締め付けられてしまうのです


また、たとえチャウンが義弟の仇の娘であっても、自分にとってはかけがえのない愛しい「娘には違いないと、ポクチャが何くれとなくチャウンを気遣うのがまた泣けました。もうこの二人には、実の母娘以上の絆が生まれましたね


人間は何があっても食べなきゃいけない。テヒとの縁は切れたと思って諦めなさい。こんなことで、大好きだったお父さんを嫌いにならず、生きていてくれたことに感謝してこれからも大事にしなさい


チャウンの好きなアワビ粥を作って彼女を訪ねた時、チャウンがすっかりやつれていたのを見て心配になったポクチャが、ハルモニから1週間の休暇をもらって、チャウンの面倒を見てきたいと申し出ると、ハルモニがこれを快く許した上に、こう付け加えてくれたのには大喜びでございましたそれでこそハルモニっ!(^^)/


一緒に連れて帰っておいで。事故のことはもうこれで終わりにしよう


んも~早くチャウンが喜ぶ顔が見たくてたまりません烏鵲橋の兄弟たちのチャウンがめちゃ可愛い!。その上テヒが、あの卑怯者のイ・ギチョルをひっ捕まえれば万々歳でございまするね


また、ずっと険悪だったテボムとソヨンも、ようやく雨降って地固まる~となっております


ソヨンがヘリョンの出現に我慢できず、ついにテボムに離婚を言い渡して初めて、テボムがソヨンを愛していたことに気づきます。ヘリョンとの別れが悲惨だっただけに、次は燃えるような恋をするものとテボムは期待していたらしいのですが、ただ側にいて安らげるというその感情もまた、紛れもない愛情だと気づけたのは幸いでした


ソヨンも最初は意地を張っておりましたが、なんだかんだ言ってもテボムへの愛情はちっとも冷めていなかったため~だからこそ嫉妬もしたのですもの~ついにふたりは婚姻届を出して本物の夫婦になったのは何よりでした。その後は、あの小うるさいソヨン母の干渉がどうにも我慢できず、ふたりで自立することに決めたようです。そうそう、ソヨン、いい歳をして母親に甘え過ぎですよ「ヒョンニム」のミスクにバッチリ鍛えてもらわなくては


そう、テシクもようやくミスクと結婚することになったのです。途中、あのイェジンが再び接触してきて、

ククスは育てられないけれど、テシクとは一緒になりたい

などという、残酷極まりないことを言ってきたのも、却ってよかったのかも~ですね。相手を本当に愛していたら、実の息子を捨てて自分と結婚しろなんて言うはずありませんものね


ただ問題はこのククスでして、母のアンジェリカが死んだことを知らないククスは、テシクがミスクと結婚することがどうにも理解できんのです。テシクもその辺をうまく説明しないからいかんのですが、自分一人のけ者にされてしまったと寂しく感じたククスが、フィリピンに帰ろうとしたのがなんとも辛かったですね~


このククスを救ってくれたのが、意外にもテピルでした。意外にも~という言葉はもはや適切ではないかもしれません。今となっては、この烏鵲橋の兄弟たちで、もっとも優しく思いやりがあるのはこのテピルだと言っても決して過言ではないと思われるからですテピルが買いです(*^^)v


お母さんはククスに韓国で立派になってほしいと思っているんだろう?ミスクおばさんなら、きっとおまえをより立派に育ててくれるに違いない


テヒが実の兄弟ではないことも明かしたのも、賢いククスには効果的でした。僕は、テピルおじさんのようになりたいんだ!ククスが目をキラキラ輝かせてこう言う気持ち、分かるなあ


だからこんなテピルには是非、ヨウルと幸せになってほしいおばさんです。年の差カップル大いに結構~あれで男女が逆なら何も言われないのが悔しいところでござる。それにもう、親戚同士の結婚がダメなんて、古い古い


また、主要人物ではないものの、テヒの義兄弟に当たるジェハにも良いご縁があるといいですね。ジェハはなんと養子だったそうですよ~。テヒと別れた辛さを埋めるために、テヒの母親がジェハを引き取ったのだそうです。何かとテヒとチャウンの力になってくれたジェハも、ぜひ幸せになってほしいものです


毎日欠かさず楽しく見てきた烏鵲橋の兄弟たちも、残すところはあと4話となりました。これからはハッピーエンド目指してまっしぐら~ですね。続きもとっても楽しみでござりまする烏鵲橋の兄弟たちが楽しみ~♪


烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX1烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX2烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX3烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX4烏鵲橋[オジャッキョ]の兄弟たち DVD-BOX5

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.