2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

NHK大河ドラマ・軍師官兵衛~今週は32話の「さらば、父よ!」です。これもまたなかなか興味深いエピソードでした。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)です軍師官兵衛のあらすじ行きますよ~(^^)/


今回おばさんが特に注目したのは、毛利と秀吉の領地分割(中国国分)折衝でした。毛利と和睦を結んで京に取って返した秀吉でしたが、その後も、官兵衛と蜂須賀小六が恵瓊との交渉を続けていたのだそうです。このような話を取り上げるのも、この軍師官兵衛ならではの視点ですよね


ドラマ中、官兵衛と恵瓊が地図上で引いた便宜上の「線」からはみ出した「岩屋城」に触れられていたのでちと調べてみたのですけど、ここは本来播磨の赤松氏が治めていたそうなのですが、交通の要所に位置していたことから、代々各国の争奪戦の対象となった城なのだそうです。城の北側には「落し雪隠(せっちん)」と呼ばれる崖を有するほか、かなりの防御設備を備えた要害だったのだとか。


あの宇喜多直家もこの岩屋城に目をつけて落城したことがあるそうですが、その後は、ドラマにもちょいと顔を見せた中村頼宗が奪取し、死守していたそうです。このような経緯があるからこそ、今さら秀吉には決して渡せぬと、豪語していたのですね。実際秀吉はここを「宇喜多」の領地に配分するつもりだったようですが、ついに武力では屈服させることができなかったそうですよ。


また、家康との小牧・長久手の戦いについてもほとんど知らなかったので、ここもなかなか面白かったです家康は最初も対抗したんだなあ(;´・ω・)。賤ヶ岳の戦いで勝家と組んだ信長の三男=信孝が切腹させられると、同戦いで秀吉と組んでいた信雄(のぶかつ~信長の次男)は、当然己が三法師の後見人となるため安土城に入城したにもかかわらず、すぐに秀吉に追い出されてしまいます


怒った信雄は、妹の篤姫が家康の長男=信康に嫁いだ縁から、家康と同盟を結ぶことになったようです。これが最初の秀吉vs家康の戦だったのですね


秀吉の軍師・官兵衛がこの戦いには大いに反対していたというのが、また面白い


官兵衛は、信長の悲報を聞いてすぐ、秀吉が天下人になることを予言していたというのに、その対抗馬となる家康を排除するのは時期尚早だと考えていたようなのです。それよりも、これまでの計画通り、四国九州を攻め落として力をつけていけば、自然と家康も秀吉に付き従ってくるというのが官兵衛の考えだったのです


最初は、石田三成に急き立てられた秀吉が官兵衛の助言を無視して戦を始めたものの、これが見事に惨敗してしまいます秀吉側の惨敗~のちに和睦となったそうです。おねなどは、まったく臆することなくこれを、


官兵衛のいうことを聞かなかったからだ官兵衛殿の忠告を無視したからです!( `ー´)ノ


と叱責していたのが、また小気味よかったですね。今や関白になろうとする秀吉も、糟糠の妻=おねには頭が上がりません


が、そんな秀吉であってさえも、天下人という魔力には抗えず、人格を蝕まれていくようです。耳に痛い忠告は聞き入れず、己の欲望の赴くがまま~に生きていくのは誰もが知るところでありまするが、その象徴がこの軍師官兵衛では、茶々と光成のみならず、道糞あらため道薫だというのがまた実に興味深い。なんと秀吉は、主君を裏切った荒木村重を許し、自分の御伽衆にとくわえたそうなのです


上様は変わられたと思わぬか?


まったく、糞でも薫でも構わんけど、この男からは~何をするか分かったもんじゃない~ますます目が離せなくなりそうです


一方、今回の副題ともなった「父」=政職のエピソードもなかなかでしたね


官兵衛は、新たに与えられた播磨の山崎を息子の長政に治めるよう命じます。が、先に触れた中村頼宗の例にもあるように、そこに長年住んできた領民が新しい主に心開くことは、なかなか難しいようです


何か不満があれば申して見よ


父から統治を任されて張り切る長政が村人たちを集めてこう尋ねましたが、最初は遠慮していた領民たちが実際に本音を漏らすと途端に激怒してしまいます。村人たちの多くは農民なため、新しい領主(官兵衛)が「軍師」であることを不満に思い、昔はよかったと愚痴めいてしまったのを、長政は父を侮辱されたと思い込み、刀の柄に手を掛けてしまったのです


長政の側近たちや又兵衛から相談を受けた政職が、孫のために一肌脱ぎにやってきます。今でこそ姫路では慕われている黒田家も、昔からそうだったわけではない。領民の信頼を得るには時間がかかるものだ


それを説明するために、政職は自分が幼い頃、薬草を採りに行った時の話をして聞かせました。政職は、目につくすべての薬草を採って大喜びで帰ってきたというのに、父の重隆はこれを叱り、若い芽をすべて摘んでしまったら、来年の収穫ができぬではないかと諭したそうです。


何事にも「時期」というものがある。時には辛抱強く、その時期を待つことも必要だ


その後、山崎の領民の間で、今度の領主は気に入らないとすぐに暴力を振るうと噂が経ったのを耳にした官兵衛もまた、短気を起こさず、先に自分が領民を信じずしてどうすると、長政に言いきかせます。


祖父と父の言葉がようやく身に沁みた長政は、善助に命じてもう一度領民を集めさせ、皆の前で自分が間違っていたと頭を下げたそうです。まさに、この「竹を割ったような性格」は光譲りなのか~実に好ましいですよね


こうして孫も着実に成長し黒田家は安泰と思われたところで、政職が息を引き取ります。熊之助たちが遊ぶのを見守りながらの穏やかな死は、まさに光が言った通り、政職らしい最期でございました柴田恭兵さんの政職は実によかった( *´艸`)


さて、来週の軍師官兵衛では、いよいよ官兵衛がキリシタンへの道を歩み始めるようです。これまたとっても楽しみでございまする軍師官兵衛も楽しみ♪



こうも盛り上がってくるとガイドブックも面白いかも~でござるね


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.