2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

ゆれながら咲く花のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ゆれながら咲く花 全23話 あらすじと感想一覧


韓国ドラマ ゆれながら咲く花~本日は21話の「フンスの涙」のあらすじ(ネタバレ)を語らせていただきまするゆれながら咲く花のあらすじ行きますよ~(^^)/


ヘソンが家で、携帯を盗んだのはジョンホかもしれないといった旨を、その両親が警察に訴えてしまいました。が、最初はジョンホを疑っていたはずの警察が、教室に入ってくるや否やフンスを呼びつけます。校内の監視カメラの映像によれば、ジョンホが登校したのは体育の授業が済んでからだったのに対し、フンスは体育を欠席していたことが分かったからです。


でもなぜフンスが?しかもなぜ学校=オム先生を飛び越えて警察に??


なんとフンスは保護観察期間中だったのだそうです。以前、隣の学校の不良に全治2週間の怪我をさせたことで補導されたフンスは、示談にすることも無く自分の罪を認めたそうです。それまでの悪さを償いたかった


警察に連行されていくフンスを追いかけてきたナムスンに、フンスは、自分はやっていないと伝えます。ここでお前に再会してから、自分がどんな立場にいるのかをすっかり忘れていた


ぽろぽろと涙を流すフンスを前に、ナムスンはなすすべもなく立ち尽くします。いったいフンスに何があったというんだ!いったい何をやったんだっ!?


その後、インジェが警察にフンスを迎えに行くと、担当の刑事から、フンスの疑いが晴れたと聞かされました。


ここでインジェは、手数をかけてすまないと刑事に詫びたけれど、おばさんとしてはここはかなり不満でしたよ。だって、フンスは無実であるにもかかわらず「前科」の色眼鏡で見られた上に、全校生徒の前でパトカーにまで乗せられたというのに、警察は一言も謝罪しなくていいのかっ!自分の生徒を傷つけられたインジェは、あそこで怒らなくていいのか~~っ刑事にきちんと謝罪させろっ!!(`・ω・´)!!って。


それはさておき、インジェがフンスからゆっくり事情を聴いた時がまた切なかったですね。学校にパトカーが来た時点で、自分が疑われるに違いないと思ったと語ったフンスが、可哀想でなりませんでしたそこまで自分を責めなくてもいいのに(;O;)。あの年で、大きな夢を断たれたショックで暴れたことが、今後もずっとフンスの汚点として残っていくなんてやるせなさすぎる大人が庇ってあげなくちゃね(;´・ω・)


でも、今、フンスにはナムスンが付いていますからね。それに、あまり出来は良くないとはいえ、ジョンホやジフンたちももう立派に頼もしい仲間です。皆がこれみよがしにフンスを疑った時、

「あいつが携帯を盗むなんてチャチなことをするか?

と言って庇って(?)くれたのもイギョンでしたから


そしてそのイギョンは、いまだに金の出どころを言わないジョンホをも問い詰めます。あまりのしつこさに、ようやくジョンホが、家にある唯一価値のあるものを売ったと白状すると、イギョンはそれが(おそらく)ジョンホの母の残した宝飾品だと気づいたようです


あれだけは売っちゃダメじゃないかっ!!取り戻してこい!!


イギョンとジフンが足を棒にして探した結果、ようやくその品が見つかったようで、ふたりはなんとかしてこれを買い戻そうと、必死に店主に頼み込んで、再びアルバイトを始めたようですいつか3人で店を持ちたいという夢を何とか叶えてやりたいものです


そのために勉強時間を削らねばならなくなったジフンは、その分朝早く登校して勉強することにしたらしいのですが、それを見たギョンミンが、携帯を盗んだのはジフンだと決めつけたのがまたいやらしいですね~。おばさん、ここに登場する子供たちには最大限の理解を示しているつもりだけれど、どーしても、このギョンミンとキル・ウネだけは好きになれん


そして、実際の犯人は、やはりケ・ナリでございました。ヘソンが冷たくなったことに腹を立てて携帯を盗んだまではよかったものの、その後すぐに返そうとしたのにそのタイミングがつかめなかったばっかりに、事がこんなに大事件に発展してしまったのです


両手に、自分の携帯とヘソンのそれをもって泣き出したナリを、セチャンがあっさり許したのも、ちと気に入りませんでした


確かに、あんなにぼんやりしたナリを追及するのは気の毒だけど、事があれほど大きくなった今、子どもたちが「真犯人」を捜さないはずがないではありませんか。その標的になるのが、普段から「不良」扱いされている子供たちだというのに、その心配はしなくていいのっ!?


たとえ理由は何であれ「盗んだ」ことは事実なのに、盗んだ本人に謝罪もせず、セチャンの罰を受ければ許されるって、やっぱりおかしくないですか?セチャン、それはダメじゃない?


日に日に子どもたちが可愛くなっているだけに、自分まで熱くなるのを止められないでいるおばさんです。セチャンは、ナリと約束した手前、誰にもこれを明かさないだろうけれど、自分の代わりに、何の罪もないジフンが犯人扱いされているのを知ったナリが、クラス全員には言えなくても、せめてヘソンにだけは本当のことを言って謝罪をしなかったら、それこそ一生後悔することになりませんか?


一方、警察から戻ってきたフンスを待っていたナムスンは、またラーメンを食べに行こうとフンスを家に誘いました。昔はよくふたりでラーメンを作って食べていたらしいのです。このシーンがまた実に良かったです


どうして保護観察を受けるような無茶をしたのだというナムスンに、フンスは、お前に似たヤツを探していたのだと答えます。それが決して「復讐」をしたかったからではなく「友達」になりたかったからだと知っては、ナムスンばかりかおばさんもまた涙が止まりません


懲りない奴だ


そううそぶいてうつむいていたナムスンから一瞬も目を離すことなく、おまえこそ1人で苦しんでいたんだろう?だからお互い様だと言ったフンスの眼差しがまたこの上なく優しかったフンス=キム・ウビン、好きだ~


だからナムスン、もう謝るな


そう言って「伸びた」ラーメンを黙々と口に運んでいた二人のシーンも忘れられません不器用なふたりがようやく仲直りした瞬間です♪


その後フンスはナムスンと同じマットに寝転んで夜を明かし、翌日は仲良くふたりで寝過ごしました


前日、ぬかるみに足を取られたフンスが靴と靴下を汚してしまっていたのを知ったナムスンは、おもむろにベッドの下にしまっていたらしい箱を取り出して、中に入っていたスニーカーをフンスに渡します


スカウトされた時、買ってやると約束した


ソウルの子に馬鹿にされないようカッコいいのを買ってくれと言ったフンスのために、ナムスンは一生懸命バイトをしてそのスニーカーを買ったのだそうです。3年前のサイズでもう小さくなっている靴でも、遅刻してセチャンに罰を与えられるよりはましだろう言われて、仕方なくキツイ靴を履くフンスが可愛かった


あ~もう残り2話しかないと思うと寂しくてなりませんゆれながら咲く花は、続きを見るのがもったいない~でも見るよ~!ゆれながら咲く花もいよいよカウントダウンです


ゆれながら咲く花 DVD-BOX1ゆれながら咲く花 DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.