2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

ゆれながら咲く花のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ゆれながら咲く花 全23話 あらすじと感想一覧


韓国ドラマ ゆれながら咲く花~本日は22話「セチャンの過去」のあらすじを語らせていただきまするゆれながら咲く花のあらすじ行きますよ~(^^)/


いつも以上にずばりネタバレで参りますと、セチャンは、最初に担任した「問題児」の女性徒=ユジンに自殺されたという苦い経験があるのだそうです。それもこれも、それまでずっと、ユジンを更生させようと必死に向き合ってきたはずなのに、ある時、ユジンからのSOSを見逃してしまったことが原因なのだそう。しかも、本人はその深刻さに気付きながらも、

「つい面倒になって目をそらしてしまった

と自覚していたようなので尚更です。親兄弟でもない、一人の新任の教師が、とことん自分を追いつめて、どんなに苦しかったことか、決して想像に難くありませんセチャンが泣きました(;´・ω・)


「僕を信じろ

そう言ってくれていた若いセチャンを信じていた生徒も、その期待のあまりの重さについつい見ぬふりをしてしまったセチャンも、本当に気の毒としか言いようがありません。ここでのチョン・ボンス先生やオム先生のように、もっとベテランの先生が補佐してくれればよかったのにね。


そして今回そのセチャンが再びケ・ナリのSOSを見逃してしまったようなのです!?


クラス内で、あの性悪のキル・ウネが、これ見よがしにジフンを泥棒呼ばわりした為、ゴミ箱に捨てられていたナリの反省文を見て真犯人がナリだと知っていたジョンホがついに、これを口にしてしまいます。個人的には、あんな状況にでもならなければ、ジョンホは決して、犯人がナリだとは言わなかったと思います


そこでちょうど教室内に入ってきたナリは、さすがに知らん顔ができませんまったく~ケ・ナリ(>_<)。顔を蒼白にして、一言も発せないナリを見たクラスメイトは、ジョンホが嘘をついていないことを確信しました。携帯を盗んだのがナリだったなんて!?ジフンじゃなかったのか!


ナリは皆の視線に耐えきれなくなって逃げ出した後、セチャンに相談にやってきました。が、セチャンは全く気付きません。この辺の大らかさはセチャンの美徳でもあるんですけど、ナリのような繊細な女生徒には、やはりインジェが付くべきだったかも


とはいえ、ナリもまた、自殺を図るような生徒ではなかったため、ここはなんとか無事解決しそうです。というのも、親友のナリがなぜ自分の携帯を盗んだかを考えたヘソンが、その原因に思い当ったからです。私が携帯に夢中になって、ナリの話をきいてやらなかったからだ。ヘソンはナリの机の中から、ナリが自分に宛てた謝罪のメモを見つけたのです


それよりも問題なのは、またしてもジョンホです。ジョンホが、ジフンを泥棒扱いしたウネに迫った際、これを止めようとしたハギョンが転んでしまい、その脚が机の下敷きになってしまったのです。同じように止めに入ろうとしていたフンスが、すかさずハギョンに駆け寄って、保健室へ行くよう促したのはよかったですね


幸いにもハギョンの怪我は大したことが無かったのに、これをまたしてもあのキル・ウネが母親に告げ口した為、その母親からハギョンの母に連絡が入ってしまいます


「暴力対策委員会にかけるべき事案です!


これではジョンホが退学になってしまうと心配したジフンとイギョンが、やむを得ずキル・ウネに頭を下げて、事の次第を説明してもらうよう頼み込むのですけれど、2年2組で最も性悪のキル・ウネは、まったく聞く耳を持ちません。これは、インジェが探りを入れた時も同様でした


私には関係ありません。それに、最初にジフンが犯人だと言ったのはギョンミンだ


んも~おばさんは、思わず、ジフンとイギョンに代わってウネをぶん殴りたい気持ちで一杯でしたあいつは一発殴らんと分からん!殴っても分からんかも(;´・ω・)。そしてその怒りはなんと、あのオム先生が見事に晴らしてくれるのでござるオム先生、よくぞ言ってくれたっ!(^^)/


「証拠もないのに、同級生を犯人と決め付けた言葉の暴力により、暴力対策委員会を開く。君はまぎれもなく加害者で、ジョンホたちは被害者だ。明日母親を連れてこい!」


本当に、あんな生意気なク〇ガキには大人がガツンと言ってやらなくては、一生世間を舐めていくことになりますよ。これを聞いて急に下出に出てくるあの嫌らしさには吐き気さえ覚えたほど。チョン先生やインジェが言う通り、このキル・ウネこそ、家庭と学校~つまりは現代社会が育てた世にも恐ろしいモンスターに他なりません


これに対して、ジョンホのことが心配でならないジフンとイギョンのなんと可愛かったことったらこう言う子供たちこそ見捨てちゃあかんて。彼らがジョンホの母の指輪を買い戻してきた時のジョンホの言葉も忘れられませんよねジョンホもイイやつなんだ( ;∀;)


迷惑ばかりかけていてはふたりの親友でいられない(だから指輪を売ったんだ)


なんでもっと早くこの子たちのお尻を叩く教師がいなかったのか、残念でたまりません。きっと小中高と「出来の悪い生徒」とひとくくりにされて今に至ってしまったのでしょうね。なんとかここで奮起して勉強し、人並みに進級、そして卒業できるよう、心から祈らずにはいられません


過去を思い出して落ち込んだセチャンも、1日休みを取ったらなんとか元気になったようです。セチャンの気持ちを思いやったインジェから、メールをもらったことも嬉しかったようですね。たまにサボるのも悪くないですね~あなたに心配してもらえるから


ゆれながら咲く花もいよいよ次が最終回ですゆれながら咲く花が大~好き♪


ゆれながら咲く花 DVD-BOX1ゆれながら咲く花 DVD-BOX2

これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.