2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

ソン・スンホンさん主演のDr.JINは17話も面白かったですね~。以下早速ネタバレですDr.JINのあらすじ行きますよ~(^^)/


今回はなんといっても、ミョンボクが即位するにあたり、大妃が垂簾聴政することになったのが最大の見どころでした。これまで朝廷を牛耳ってきたのが、キム・ビョンヒを筆頭に据えた安東金氏であるなら、大妃の豊壌趙(チョ)氏こそ、これに取って代わろうとその機会を狙っていたのです


が、そんなあからさまな大妃には、ほかならぬ興宣君あらため興宣大院君(今後は大院君で統一させていただきます)が、嫌悪感を露わにしました。理性的な大院君は、大妃の機嫌を取って無能なチョ氏を重用するよりは、まだそれなりには能力のある安東金氏を採用した方が得策だと考えたようです。


自分が渡しておいた人事案をすっかり無視された大妃は、当然面白くありません。目の前でとうとうと言い訳する大院君には敢えて逆らわなかったものの、その心中では怒りが煮えくり返っていたようです


そんな大妃につけこんできたのが左相=キム・ビョンヒでした。これまで最も憎むべき相手だったはずの安東金氏が今、自分を騙して権力を握ろうとしている大院君を倒すための、大切な同志となったのです


同志と言えば、興宣君が大院君となったことで、その同志も皆朝廷に重用されました。ヨンフィやジュパルも役人となり、引き続き大院君を支えます。こちらはちと外れているかもしれませんが、ヨンレもまた内医院の医女となったようです


そしてこのヨンフィが新たな同志として目をつけたのが、大院君暗殺を謀ったギョンタクでした。ギョンタクは、一旦心を開いた父に、裏で

「腹を空かせた野良犬を利用しているだけだ

と言われて傷ついていたため、大院君に協力する決心をしたようなのです。


が、これもまた表向きなのかもしれません。左相は、ギョンタクを蔑んだのは、あくまでも敵を欺くためだと言い、ギョンタクに大院君からの信頼を得させたうえで、その弱みを握ろうとしているようなのです。左相に命じられて玉璽を盗んだふりをして、実際には大院君に本物の玉璽を渡したのも、すべて左相の計画のうちだったのだとか


まったくね~あれでギョンタクが庶子じゃなければ、あんなに「愛情に飢えた子犬キャラ」にならずに済んだものを


「出自に関係なく、庶子として堂々と、朝廷でその能力を発揮してみないか?」


大院君が本当にそんな理想の政治、理想の国創りを志しているのであれば、ギョンタクこそが、その先頭に立って改革を進めるべき人材でしょうに


一方、頭痛がどんどんひどくなっているヒョクはというと、消えるにしても現在に戻るにしても、そろそろ別れが近づいてきたことを自覚し、自分にできる限りのことをしようと手を尽くしています。ヨンレには、できうる限りの医術を伝授して、礼拝には行くなと注意し、大院君には、決して天主教教徒を迫害せぬよう念を押します


その上でヒョクは大院君に、将来の出来事を書いた紙を渡したようです。読みたくてたまらない衝動を抑え、私がいなくなってから読んでほしいというヒョクの言葉を守った大院君は、これを引き出しにしまいましたが、その様子をギョンタクが見ていたのが気になるところ。あれが左相の手に渡ったら、それこそ大変なことになりそうですギョンタク、ダメだ!(`・ω・´)


また、以前首にできた瘤を摘出したイ校理の妻が、この度出産することになりました。瘤を取ったことで夫婦は再び仲睦まじくなったようです


が、子どもは逆子であり、その上へその緒が先にでて(臍帯脱出)胎児に酸素が送られなくなったため、ヒョクは胎児を諦めるよう促しますが、夫人は、高齢にして授かった大切な子供を何としても産みたいと、麻酔無しでも手術に耐えてみせると決意したそうです母は強し(^^)/


世の中で最も強いのは母親です。私が夫人でも、決して子供を諦めません!


ヨンレの言葉にも背中を押されたヒョクですが、麻酔が使えないとなると、帝王切開して10分以内には子供を取り上げなければならないそうです。


ジン先生なら必ず成功するはず!!まさに腹切りだ~( ;∀;)


こうして皆が夫人と子供の無事を願っていた時でさえ、大院君は政治的駆け引きを忘れませんでした。左相と大妃が組んで、ミョンボクは、先王が生存中に決められた世継だから正当性が無いと言いだしたため、これに対抗するには、イ校理の力が必要なのだそうです。


生まれたばかりの子どもが謀反人の子どもにならぬよう、私が手を貸そう


ここは、大院君とともにミョンボクを世継に推挙したイ校理も罪に問われるだろうから、先回りして自分に協力しろということでしょうか


さ~明日はどうなるかなDr.JINは続きもとっても楽しみでございまするDr.JINも楽しみです♪


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.