2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

松雪泰子さん主演の家族狩りは、7話、正確にいうと8話の予告でついに「犯人」らしき人物が明らかになりました。とはいえまだ確定ではありませんが、まず間違いないと個人的にはもうすっかり確信しております家族狩り~犯人のネタバレ行きますよ( *´艸`)


白蟻を駆除した方がいいかもしれない


その手で何かを潰しながらそう独り言ちていた山賀葉子(財前直見)が犯人ということでほぼ間違いないようです犯人は山賀葉子!(^^)/~たぶん(笑。最後の最後に

「この家を、この家族を生まれ変わらせましょう」

と言っていたのも山賀であり、その山賀が「白蟻」を持ち出したことと、家族のみならず「家」に言及したこと(比喩)で、同様に

「この家をこの先何十年でももつように消毒する」

そう語った大野も共犯と言えそうです。一見とても善人に見えるだけにいっそこの妄想が外れてくれればどんなにいいか~藤本さんには、悪を退治する側を演じてほしかったんですが


と、あらかた犯人の目星がついたところで、他のあらまし(あらすじ)もまとめておきます


まず、ずっと気になっていた游子の過去が今回明らかにされました。やはり游子は過去(7年前)に、苦しんでいた家族を救えず、一家心中を止めることができなかったのだそうです。それが「私が殺した」という言葉につながっていたのは、皆さまもご推察の通りです。


ショックのあまり仕事を辞めて姿を消した游子でしたが、せめて他の家族の力になりたいと思い直して、再び児童ケアセンターに戻ってきたそうです。


今回も、どうやら実森の母親は、游子が駆けつけた時にはまだ生きていたそうなのです。それでも

「これで楽になれる。これでよかった

とホッとしたように語った母親を目にしては、游子も敢えて助けを呼ぶ気にはなれなかったそうなのです


その游子の告白を聞いて、それまでちょっと游子を疑っていた浚介が、再び游子を信じてくれたのは何よりでした


「それでも人は生き続けなくちゃいけない生きていればいいことがある( `ー´)ノ


浚介が游子を励まします。勇治が持ってきてくれたコンビニのレーズンパンは確かに美味しかったけれど、世の中にはもっともっと美味しい食べ物があるということを、勇治は知っていたのだろうか?(そう思うと胸が痛んでならない) 生きてさえいれば、それを知ることもできたはずなのになんとも切なかった(;´・ω・)!!


死ぬより辛い現実でも、生きてその時を乗り越えさえすれば、またきっと「生きていてよかったと思える瞬間がやってくるはず~游子もようやくそう思えたようです。それには、游子から癌のことを聞かされた民子が、それで落ち込んでいた游子を逆に励ましてくれたことも大きかったですね


あたしは諦めないわよ。だからアンタも諦めないで


パチンコをしているとばかり思っていた母が、実はパチンコ屋で働いていたことを知ったのも、游子を大いに力づけたようです。私も役に立ちたいの~そう語った民子、白蟻駆除の代金は自分が払うと言った民子は、間違いなく「強く優しくたくましい母親でした


一方、いまだに游子を「殺人鬼」と疑っている馬見原は、実森一家の心中(殺害)事件の現場にも姿を現し、そこにいて事情聴取されていた浚介の髪の匂いに狂喜します。それこそが、馬見原がこれまでの事件現場で嗅いでいた匂いだったのだそうです。もちろんそれは、游子の「イタリア製シャンプー」の香なのです。


でも、普段の游子の様子からして、わざわざ高価なイタリア製シャンプーを購入するって、いかにも不自然じゃありませんか?あれはきっと誰かからの贈りもの~山賀葉子からのプレゼントに違いありません。きっと山賀も同じシャンプーを使っているのでしょう


また、その馬見原のライターが、実森家で発見されたというのも紛らわしい話でござる。上司の藤崎とともに馬見原を疑い始めた椎村が鑑識に確認したら、そのライターは既に(馬見原によって?)持ち出されてしまったというのです。このような場合、馬見原よりもむしろ藤崎の方を疑うのが常道でしょうけれど、この家族狩りに限ってはその心配はなさそうです(?)。


つい最近まで、韓国の高校の実態を扱った社会派ドラマを見て大いに憤慨していたんですが、浚介が勤務している高校の態度も実に腹立たしかった。勇治が死んだのはあくまでも家庭の事情によるものだから、学校としてはいっさいこの事件には関わらない~葬式にも決して行くなと緘口令を敷いたのです


これに断固反対したのは浚介だけではなく、芳沢亜衣も同様でした。実森家の献花台の前に現れた亜衣は、

死んでも問題は解決しない~ハイエナのようなマスコミの餌食になるだけだ、いつかおまえたちを皆殺しにしてやる!

とマスコミを怒鳴りつけました。その亜衣に対してカメラマンが発した一言も人間のそれとは思えません


もっと怒らせろ(=煽ってネタを取れ)


一家が惨殺されたという現実を前に、これを「面白おかしいショッキングなネタ」としてしか捉えられない病みきった人間たちこそ裁かれるべきだと思わずにはいられません家族狩り~マスコミへも警鐘を鳴らす


そうやって面白半分に報道することが子どもたちに影響を与えているのが分からないのか?大人として無責任だろうがっ!!恥ずかしいと思わんのか!


浚介が怒るのももっともです。ああせめてこの芳沢亜衣までが家族狩りに会わねばいいのですけれど芳沢一家を救え!


また、こっそり研司を拉致した油井は研司を階段の上で激しく殴りつけ、転落させてしまったようです。馬見原の家庭のことまではまだいいんだけど、ここにこの油井が絡んでくると収集がつかない感じがしてならんのはおばさんだけでしょうか


来週は、すっかり游子を逆恨みしている駒田が、游子の家に忍び込んで民子たちを襲うようです。定職に着いたことで娘を返してほしいという駒田に、駒田の反撃を怖れた保育士が、娘を帰さないのは~ホントは自分も反対したくせに~あたかも游子の差し金であるかのように言ったのも嫌らしいなあ。立場の弱い人の保身かも知れんけど、おばさん、ああいう処世術は好かんのだす


今回はでも同じように嫌らしい美歩がいなかったので助かりました。浚介を諦めたのはいいけど、あれこそいい歳をして無責任な美歩があのまま教師を続けていくのは不安極まりないんですが


家族狩りもいよいよ終盤ですね~。続きもとっても楽しみです家族狩りが楽しみです♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.