2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

金田一少年の事件簿N(neo)】は、2話と3話を見逃したため、ちと語れなかったんですが、この5話以降もまたなかなか面白くなりそうで楽しみです。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)です金田一少年の事件簿N(neo)のあらすじ行きますよ~(^^)/


今回はなんと金田一少年こと一(はじめ)が殺人犯にされてしまいましたはじめが殺人犯!?。はじめは、居並ぶ刑事たちの前で、こともあろうに「おっさん=剣持」をナイフで刺してしまうのです。経緯(あらすじ)はこうです


今回はじめたちは、川上剛史(本人)という有名な催眠術師のショーを見るため、キングドラゴンホテルにやってきました。ショーではという子ども(髙橋楓翔)が見事催眠術にかけられて空中に浮かびましたが、客席にいたはじめはこれを「ただの空中浮遊マジック」だと笑い飛ばしてしまいます。


すると川上がはじめの元へやってきて、その頭に手をかざし、催眠術をかけました。その時は何も起こりませんでしたが、その後はじめは、体中がだるくてならず、意識も朦朧としていたようです。


一方、このキングドラゴンホテルではオーナーが誘拐されるという事件が起きています。大事になってはホテル経営にかかわるという配慮から、剣持らが極秘に捜査していたようですが、オーナーの顔は誰も知らないというのが気になるところ。


そこへようやく犯人から金の受け渡しについての指示が来ました~3Fのエレベーターホールにいる「赤い服の女」に金を渡せ


剣持たちは早速その場所に向かいますが、確かにエレベーターに乗ったかに見えた女が、3Fに着いた時にはその姿が見えません。最初にマジックショーに登場していた、子どもコンシェルジェの龍曰く、2Fで降りたという女は、その2Fで何者かに胸を刺されて殺されておりました。しかも、同じ階の調理場には、血の付いた包丁を手にしたはじめが倒れていたのです!?


さすがに剣持は信じてくれたものの、他の警察は皆はじめが「誘拐犯であり殺人犯」だと疑いました。その上はじめはこの後、皆の目の前で、剣持警部の胸を刺してしまうのですこのトリックも明かしてほしい♪


剣持とともに捜査に来ていた友利(佐藤二朗)ははじめを逮捕しようとしますが、はじめはお腹が痛いと嘘をついてトイレから逃亡を図りました。これを手助けしてくれたのも龍です


ここで先に殺された赤い服の女について説明しておきますね。彼女は藤井文香(伊藤裕子)と言って、松岡修治(KREVA)や四之宮徹(駿河太郎)とともに、神山康介(林康文)に呼び出されてこのホテルにやってきました。が、その神山は「巌窟王」と名乗る何者かに既に殺されており、その刺殺体の写真が、ロビーで神山を待っていた松岡宛てに送られてきます


神山を含むこの4人は12年前、狩谷周平(半海一晃)という教授の下で考古学を専攻していたのだそうです。神山たちは、戦時中に財閥が造った防空壕の在りかを突き止め、狩谷とその子どもを伴ってその防空壕があると思われる洞窟へと赴きました。


そこで彼らは推定60億とも目される金塊を発見して狂喜しますが、教授の狩谷がこれを独り占めしようとしたために、狩谷とその子供をその洞窟に閉じ込めてしまうのです。12年もの長い間日の光さえ届かない暗闇に閉じ込められいた狩谷は死んでしまったようでしたが、どうやらその子どもが生きていて、

「モンテクリスト=巌窟王」

を名乗り、父の仇を討とうとしているようです。その上この犯人は、神山と藤井に続き、四之宮をも殺してしまったようなのです。


また今回は「天才犯罪プロデューサー」を名乗る高遠遙一(成宮寛貴)という人物も登場しています。別名=地獄の傀儡師とも呼ばれているらしいこの高遠は2~4話で登場したのでしょうか。どうやらはじめに異常なまでの対抗心を燃やしているこの男が、川上剛史に化けていたようでしたね。それに「傀儡師」というからには「巌窟王」を操っているのもこの男なのでしょう


巌窟王の復讐と、ホテルオーナーの誘拐~ここにはいったいどんなつながりがあるのか。今では26~27歳と思われる狩谷の子どもは本当に生きているのでしょうか。位置的には、かオーナー秘書の南麗子(美波)が怪しいと思われまするが。ホテルの名前が「ドラゴン=龍」なのも気になりますし


死亡と発表された剣持にも是非生きていてほしいもの金田一少年の事件簿N(neo)は来週の放送もとっても楽しみでございまする金田一少年の事件簿N(neo)も面白い(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.