このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ペテロの葬列
 杉村三郎シリーズ

ペテロの葬列 あらすじと感想 第7話 善と悪との分水嶺

ペテロの葬列のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 杉村三郎シリーズドラマ あらすじと感想一覧


小泉孝太郎さん主演ペテロの葬列~今週は7話です。本日はまず、これまでに判明した事柄をまとめてみたいと思いますペテロの葬列のあらすじ行きますよ~(^^)/


バスジャック事件を起こした暮木一光は、日商フロンティア協会の架空投資詐欺に遭った迫田夫人と出会い、そのうちひしがれた様子に大いに同情して、金を取り戻すと約束しました。ここで夫人が「騙された者の愚かさもまた罪である」と認めた謙虚さを、暮木がすこぶる気に入ったようです


この暮木の正体はいまだ明確ではありませんが、おそらく三郎の推測通り、

日商フロンティア協会代表の小羽雅次朗の経営コンサルタント(御厨尚憲)

の確率が高そうです。暮木がバスジャックの際に「悪人」と罵った3人もまた、この日商フロンティア協会の会員でした。


最初は詐欺に遭ったのが、それならば自分も騙してやれとばかりに多くの会員を募ったくせに、協会の悪事が明らかになるや否や、自分も被害者だとばかりにうそぶいて、知らん顔を決め込んだのは、代表に劣らないほどの「悪」だ。もっと己の罪を自覚すべき


でもここでふと思い出したんですけどね、3人のうち1人は、バスジャックが起きる前に自殺しているのですよね?残りのふたりもバスジャック事件の前後に引っ越ししていたはずです。そんな彼らが

「詐欺師を育てた暮木」

以上に悪人だったとは思えませんが、このような例は現実にもよくあることですよね。自分はより大きな罪を犯しておきながら、他人の悪事を許そうとしない人間は、結構どこにでもいるものです。自分が悪事を犯しているからこそ、その無自覚の良心の呵責から、他人の罪が目につくのかもしれませんが


こんな暮木の行動を「好意」と受け取り、金はもらって然るべきだと主張したのが、前回登場した迫田夫人の娘の美和子と、意外にも、バスの運転手=柴野和子でした。彼女は、暮木が自分の娘の名前を知っていたことから、この慰謝料は、シングルマザーで苦労している自分への褒美だと解釈したのだとか。


それもこれも、自分の母の行く末を案じていたはずの迫田夫人が今ではその母と同様に認知症となってしまったこと、そして今度は、独身の美和子が、母である夫人の面倒を見なければならないという境遇が、やはり母一人娘一人の我が身に重なったからのようです。


これに対し、これまた大いに意外なことに、ずっと金をもらうと主張してきた田中が、金を返すと言いだしました田中、イイやつ!(^^)/。しかも500万全額を、美和子に渡すというのです


「詐欺師が儲けた金など受け取れねえ!これはばあさんのもんだ!!


金をもらうかどうかについて、実はずっと悶々と悩んでいた田中が、息子に相談したのはよかったなあ。おまえならどうする?母ちゃんは知らねえ。おまえにだけ言ってるんだ


おそらく田中は、息子の言葉、もしくは表情から、この金をもらうことはいけないことだと判断したに違いないのです。誰が何と言おうとも、どんなに都合のいい言い訳を並べ立てようと、やはりこれは道理に合わないことなのだ、と


今回のこの「ペテロの葬列」で初めて「救い」を見出したような気がしました。人間口では何と言おうと、最後に来て「良心」を取り戻す、寸でのところで踏みとどまることができるって。田中、やってくれたねえ、な実に爽快な気分でした人間、見た目や第一印象で判断しちゃいけねえよ( `ー´)ノ


それに反して、見ていて実に情けなかったのは、啓ちゃんこと坂本啓です。慰謝料が入ったら、両親を旅行に連れていきたいなどと口にし、暮木からも親孝行な息子さんだ、などと褒められていた坂本は、今ではすっかり金への欲望をむき出しにしています。田中が返すと言った時、自分を正当化しようとしてあれこれ言うのが、なんとも浅ましかったですねえ


「いっそ被害者全員に返せよ!


「だったらあんたが、被害者全員を調べだしなさいよっ!!文句は、やるべきことをやってから言えっ!( `ー´)ノ


そう言って怒鳴りつけたくなりました。ここで正論を振りかざそうとするのがいかにも嫌らしく、こんな風に楽に金を手に入れることに味を占めた坂本はもしかしたら、今後暮木と同じ道~詐欺師への道を辿るのではないかと思った途端、その道が示されてしまいます。どうやら坂本は、知人から「いい話」を持ちかけられていたようなのです。坂本のような人間こそ

「騙されたら騙し返す

の典型になりそうです。悪は際限なく伝染すると三郎がつぶやいていたのは、この事なのではないでしょうか。


また今回、金をもらうことに決めたからには暮木を少しでもよく思いたいだろう柴野運転手と、最初から暮木に同情的だったメイが、暮木は根っからの悪人ではないと言ったことに対して、園田編集長がズバリこう言い返したのも気持ちが良かった


詐欺師は人と関わりを持ちたがる。たとえそれが善意からだったとしても、あの人が、他人の心を操ることに長けていて、そのことを喜んでいたことは事実


おばさんも園田編集長と全く同感です。


誰かを指導するという「人より優位に立つ旨み」を知った暮木は、死ぬまでそれが捨てられなかったのでしょう。自分の言葉で他人が一喜一憂する姿を見るのが嬉しかったのでしょうね。でもそれは、うわすべりの言葉遊びでしかありません。暮木には結局人間の本性を見抜く力などなかったのか、それとも、本性を見抜きながら、懸命に取り繕った善人ぶりをせせら笑っていたのか、ついそんな妄想を膨らませずにはいられません


そんな暮木が、迫田夫人に会って「改心」したというのも半分は本当で、半分は自分さえ気づかない偽善=パフォーマンスなのではないでしょうか。日商フロンティア協会の悪事が暴露された時、自分も「3悪人」同様姿を消しただろう暮木は、その後ずっと地味で貧しい暮らしを送ってきたのですものね。その時に改心していたら、自分が真っ先に償うべきなのに、それをせずに今に至ったのですから。


そう考えてくると、迫田夫人に会って、被害者がどんなに苦しんでいるかを知った暮木が、なぜバスジャックなどという派手な事件を起こしたのかも、なんとなく分かるような気がしませんか。


ただすんなりと、迫田夫人に金を渡せば済んだ話だろうに、ここに来てもまだ、世間を手玉に取りたかっただけであり、おそらくは最初から「自殺」を覚悟していたに違いない暮木が用意した最後の舞台が、あのバスの中での「ST」だったのではないでしょうか


来週は、メイがついに、慰謝料の送付先からある女性(?冨士真奈美)に辿り着くようです。皆に慰謝料を送ったのは、本当の暮木の共犯に違いないため、この女性がそうなのでしょうか。


そしてもう一つの「悪」、というより「魔」でしょうか~菜穂子が大分苦しんでいるようです。でもこの人相当ワガママですよね


心臓が悪くてもできる仕事はあるはずですし、別にそれは収入の無いボランティアでもいいはずです。リッチな父親の家の敷地に住んで、優しい夫に不満を抱き、自分に忠実な橋本にちょっかい出して悩むなんて、贅沢この上ないでしょうよ。あれでは間野が苛めたくもなるはずだ菜穂子、しっかりしろ~(`・ω・´)


ここは三郎のいうように、キッパリあの家を出てしまうのが良いでしょうな。とはいえ、この辺はもうおばさんの興味を大きく逸脱しているので、さっさと片付けていただきたいです


その間野京子にはどうやら「男(ストーカー?元亭?)」がいるようですが、ここもあんまり食指が動きません。同じ井出を絡めるなら、森元常務との絡みを生かせばもっと面白く見れたと思うと、ここもかなり残念です。なんでもかんでも不倫を持ち出せばいいってもんじゃないのに


と、多少この「脇道」にイライラさせられていますが、個人的にはあくまでもメインに焦点を絞って、最後まで楽しんでいこうと思います。同じ「脇道」でも、終始三郎を温かく見守って、ナイスフォローを忘れない睡蓮のマスターの話は楽しいんですけどね。ランチ代を借りても知らん顔の図々しいテッシーにつけを回してくれたりとか、人間は変わると、自らの経験を話したそうにしていたところとか


ペテロの葬列も残りは4話ぐらいでしょうか。何とかだらけることなく、最後まで盛り上げていってほしいものですペテロの葬列もいよいよ終盤!期待してますよ~!(^◇^)


ペテロの葬列~ドラマを見終わるまでは我慢我慢


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はペテロの葬列のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

普段はこういったドラマのあらすじ書きといいますか、感想・評価といった事がされているページは拝見しないのですが、今回録画していた本作品を見る前に消去されてしまったもので、拝見させていただきました。

読ませていただいてみると、細かな所まで解説、感想が書かれていて大変読んでいて面白いと感じました。

今後は、ドラマを見た後にでも読ませて頂こうかと考えております。

今後とも、よろしくお願いします(`・∀・´)
ご丁寧にありがとうございます
ドラマ好きの高校生さん、こんにちは♪
大変ご丁寧なコメントをお寄せくださいましてありがとうございました。

録画が消えてしまったとのこと、残念でしたね~。
ドラマのあらすじより言いたいこと優先のワガママブログですが(笑、
なんとかお役に立てたようで良かったです。

どうぞまたいつでもお好きな時にお立ち寄りくださいね。
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願い申し上げますv-22。こん
こんばんは
遅くなりましたが、ご快復おめでとうございます。
こんさんの、いつも的確に本筋を追うブレなさには感服してます。
だけど今回私は、本筋を脱線したところの嫉妬やら恋愛感情に興味がそそられてしまっています。
事件と、杉村達の私生活が交差することで、彼らの人物像に膨らみが感じられます。
威張っている印象を与える菜穂子ですが、今はなぜか目が釘付けです^ ^
好みはそれぞれですね(笑
かんべえさん、こんにちは。
ご心配いただきましてありがとうございます。
今はすっかり元気になりました^^。

私は、ああいうのは実に苦手なのですよね~。
裏で嫉妬する位なら、直接ぶち当たって砕けろ!
なタイプなんもんで(爆。

それに、自分が恵まれていないことを自覚できない甘ったれは大嫌いで( `ー´)ノ。

横に座って耳元でがんがん説教したい気分ですわ。
あの路線だけなら、多分、ドラマも見ていないと思います(笑。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング