このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

Dr.JIN
 歴史ファンタジー

Dr.JIN 最終回 あらすじと感想 最後は綺麗にまとまりました

ソン・スンホンさん主演のDr.JINもついに最終回を迎えました。最後はおばさんも納得のなかなか美しいエンディングでしたね。以下は簡単なあらすじ(ネタバレ)感想文ですDr.JIN、最終回のあらすじ行きますよ~(^^)/


まずは戦の方から参りますと、江華島に向かうという大院君に、ヒョクもついていくと志願しました。ヨンレアガシが行っているから助けに行かねばならないというのです。それに、細かいことになりまするが、ヒョクはあの年齢からして、現代でも一応兵役を終えているはずですものね


そしてギョンタクもまた、大院君の肝煎りでこれに同行することになります。が、ギョンタクの真の目的は大院君への復讐だったため、戦地では大院君の暗殺を試みますが、これは敢え無くヒョクに阻止されてしまいます


そんなことよりヨンレさんを救わなければ!


実際の攻撃の方も依然としてフランス軍が優勢でした。武器の性能が朝鮮のそれより格段に優れているからです。しかも、世にも卑怯な(昨日も言ったね)テギュンは、こともあろうにリデル神父と敵軍の将帥を呼び出して、朝鮮兵への補給船の経路を教え、それを爆破するよう命じたのです


大院君が負ければ、朝鮮は我がものになる


まったくね~ギョンタクとテギュンはまったく違うけど、こと、近視眼的な物の見方しかできんという点では似てますよね。国が危機に瀕しているというのに、自分の事しか考えんとは。ま、肉親を殺された恨みは分からんでもありませんが。


とはいうものの、実際に戦場に出て、味方の軍が攻撃されているのを見ては、黙って見ていられるギョンタクではありませぬ。ヒョクの提案した陽動作戦を成功させるため、城内に乗り込んで必死に檄を飛ばしました攻撃せよ~っ!( `ー´)ノ


一方、ようやくヨンレを見つけたヒョクは、地上戦になる前にともに逃げだそうとしますが、ヨンレが出遅れてしまいます。それもこれも、ヒョクが、ミナの指輪を落としてしまったからなのだとか。


そうこうしているうちに、ふたりはフランス兵に取り囲まれてしまいました。そこへ駆けつけてくれたのがギョンタクです


「ここは俺に任せて二人で逃げろ!


ヒョクはヨンレを安全な場所に連れ出した後、自らも手近にあった銃剣を拾ってギョンタクを助けようとしましたが、時すでに遅く。致命傷を受けたギョンタクは、最後にヨンレへの愛の言葉を残してひとり旅立ってしまいます最後までギョンタクは可哀想だった~( ;∀;)


誰が何と言おうと、そなたは私の大切な愛する人だ


3人の近くに爆弾が落ち、その破片がヨンレに刺さってしまったため、ヒョクは哀れなギョンタクの遺体をその場に残して、ヨンレを運んでその手術を行いました。


無事手術が済んだ後、ヨンレのために水を汲みに行ったヒョクは、再びフランス兵に襲われて、そのまま城壁から転落してしまいます。そしてこれが現代へのタイムスリップとなりました現代に戻ってきました


現代に戻って目覚めたヒョクは、江華島で見つかっていたそうです。(フランス兵に襲われた)外傷と脳挫傷の他、現地の医師が言うには、脳内に胎児様腫瘍があったのだとか!?


ヒョクは、それは自分がこの手で手術したはずだと主張しますが、その時助手をしていたはずの医師が、それを全く覚えていません。それに、チュノンから死んだと聞かされていたミナは、まだ生きていることが分かります


実際、ヒョクが手術をした男性は、やはりヒョク、もしくはヒョクの姿をした別の世界から来た男だったのですが、その辺は考え始めるときりがないのでもういいですよね。とりあえずの解釈だと、ヒョクは、昔いた現代とは違った世界=パラレルワールドに戻ってしまったということのようです。そしてここで幼いチュノンに再会してます


そして、幼いチュノンは、同じ頃、別の世界からやってきていた別のヒョクから「ミナが死んだ」と聞かされていたようです。そのミナを前に、今のヒョクはこう言って聞かせます


君が元の世界に戻ってもしいつか僕に会ったら、ミナは生きていると伝えてほしい


また~これが肝心なのですが、ヒョクが歴史を紐解くと、朝鮮時代の活人署には「先端技術を持った女医が存在していたことが書かれていました。その名も「ホン」と言ったそうです


これこそタイムスリップの醍醐味ですよね。実際、現代に戻ったヒョクは、ミナの急変を受けて必死で心肺蘇生をするのですけど、ここで過去のヨンレが息を吹き返した(麻酔から目覚めた)ことで、ミナも一命をとりとめたようです。それとも逆なのかしらん?


そして最後は、大院君とヒョクが現代で再会するというシーンで締めくくられました。もちろん大院君は朝仏戦争に勝利し、その後数年は事実上朝廷のトップに君臨するのですが、そのような細かい話は一切せずに、自分の治世が見たいのなら、また過去に戻ってこい、お前に会いたかったと笑顔で語って終わっています大院君がよかったな~(^◇^)


ヒョクもまた、今では守りたい人=ミナがいるからもう戻れないと答えました。ミナはその後ようやく意識を取り戻し、長い夢を見ていたが、その中で自分がオッパ(ヒョク)を

「ジン医員(先生)」

と呼んでいたと嬉しそうに語ったのです。ああやはり、ヨンレの中には、ミナの魂が飛んで行っていたのですね。それもまた大切なオッパが心配で、過去にタイムスリップしたヒョクについていってしまったからなのでしょうか。


全体的にはとてもきれいにまとまっていましたが、いつもなら

「韓ドラ長く引っ張りすぎ、もっと短くまとめなさい

と思うのとは全く逆で、

「せっかくの題材だったのだから、もっと隅々まで丁寧にタップリ描いてほしかった

というのが本音でござる。ノーカット版だとまた印象が違うのでしょうか。


とはいえ、イ・ボムスさんの大院君はなかなか豪快で楽しかったですし、ソン・スンホンさんのヒョクはイメージピッタリで、もっともっと見ていたかった~アガシ役のパク・ミニョンさんも清楚で素敵で、ふたりとってもお似合いでした。願わくば、もう一度ホ・グァンにも逢いたかったですが


Dr.JINはなかなか楽しいドラマでした。見て良かったですDr.JINも面白かったよ~(^^)/


これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はDr.JINのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング