2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

松雪泰子さん主演の家族狩りはついに8話で謎がほぼすべて明らかになりました。とはいえ、これは先読み大好きな(≒そそっかしい)おばさんのフライングかも知れませんから、その辺はどうぞお心を広くしてお読みくださいますように。以下早速のネタバレです家族狩りのあらすじ行きますよ~(^^)/


やはり山賀と大野は繋がっていました。精神的な意味のみならず、物理的にも、二人の家が繋がっていたというのも驚きです。游子がこれに気づいた経緯(あらすじ)はこうです


玲子の父・駒田は、民子が大野にシロアリ駆除を頼んだのをいいことに、こっそり游子の家に忍び込み、游子の家族を殺そうとしました。が、むしろここで気になったのは

「この家族狩ってやる」

と駒田が語ったことです。どう考えても、駒田が一連の心中事件に最初から関与しているとは思えないことから、駒田は、雇い主の大野から「家族狩り」のことを聞いた、もしくは何かを嗅ぎ付けたのではないでしょうか。


帰宅した游子に顔を認識されたことで動揺した駒田でしたが、寝ていた民子が起きてきたことで、再び殺意をむき出しにします。そこに清太郎が駆け寄ってきて駒田を滅多打ちにしたのは実に頼もしかった!


逃げろ!わしが守るっ!!お父さん、カッコいい!民子もきっと惚れ直した!!(^^)/


その後警察がやってきて事情聴取をした際、家には鍵がかかっていたことを指摘されると、民子は游子がカギをかけ忘れただけだと説明しました。が、游子は確かに、帰宅した際ドアの鍵を開けていたのです。そのカチャっと言う音に駒田が動揺したのですから。


密室・・・?」


その後游子は、駒田のことを聞くために、ニュースでこの事件を知って心配して駆けつけてきた浚介とともに、大野の家を訪ねています。そこで大野から、大野の家の2Fを間借りしていたらしい駒田が、金庫から金を持ち逃げして姿を消したと聞かされました。


ここで大野は、いかにも山賀のことをよく知らないようなそぶりを見せて、視聴者をかく乱させています。おばさんも、大野はやっぱり関係ないんかなあとここはうっかり騙されそうになったほど


が、ここで大野は1つの大きな過ちを犯しました。駒田は大野に対し、妻も亡くなり、頼れる親戚もいないと漏らしたそうですが、ここで游子が実に怪訝な表情を浮かべます。そしてその謎はすぐに明らかになりました語るに落ちたな(`・ω・´)


その後、駒田が自殺したという知らせが入り、娘の玲子に宛てた遺書が見つかります。そこには

「あの世で母さんと一緒に見守っている」

と書かれていましたが、玲子がこの遺書を見て激しく抵抗したのです。お父さんは自殺なんかしない!誰かに殺されたんだ!!


なんと、玲子の母はまだ生きているのだそうです。游子は、駒田が何者かに無理矢理遺書を書かされたため、玲子に真実を知らせたくて、わざとこんな嘘を書いたのではないかと推察しました


その上游子は、自宅で畳の下からはみ出していた新聞紙を見つけ、浚介から、それは大野が床下を調べるために畳を上げた時の物だと聞かされます。


駒田はそこから家に忍び込んだに違いない!駒田を殺したのは大野か!?


もう一度大野を訪ねた游子のもとに、ちょうど游子と入れ違いに帰ってきていた民子が、渓徳夫婦や浚介と一緒にすき焼きをするから早く帰って来いと連絡を寄こしました。その際、

「游子のアレルギー用のシャンプーが切れているから、早く友達に頼んで注文しろ」

と口うるさく付け加えます。仕方なく游子が電話した先がやはり(プレゼントじゃなかったけど

「山賀葉子」

でした。そしてその呼び出し音は、自分の携帯のみならず、大野の家の奥から聞こえてきたのです!どうして??


これは、游子がこれまでの大野の言動を思いだし、あんなに優しい人が駒田を殺したりするはずないと、自分の推理を打ち消して帰ろうとした矢先の事でした。大野の家に入り込み、電話の呼び出し音が聞こえる方へ歩いていった游子がドアを開けると、そこが山賀葉子の家だったのです!!家族狩りの真犯人が明かされました!


そしてその山賀葉子は、芳沢亜衣の母親から連絡を受けて、芳沢家に相談に行っています。浚介もまた、この亜衣から、

「うちも実森勇治の家のようになるかもしれない

とメールをもらったため、慌てて亜衣の家に駆けつけていたのですが、その浚介を山賀が体よく追い返してしまうのです。また実森君の時のようになったら大変よ


さすがに子供の直観は鋭いですね~亜衣はもう、山賀の胡散臭さに気づいていたようです


「ご家庭の問題を解決する前に、家そのもののシロアリ駆除が必要です


山賀はこうしてまず家族の相談に乗った上で、シロアリ駆除の必要性を説き、大野を連れ込んで「密室」を作り、一連の殺人を行っていたのでしょう。そしてそこにはいつも

「イタリア製のシャンプー」

の香りを残して


おそらくは、このふたりも何らかの辛い経験があってのことのでしょうが、だからと言って、他人を楽にするためにその命を絶つなどという傲慢さは決して許してはなりません家族を狩るなど許せんっ!


一方の馬見原の方も、真実が見えてきたようです。やはり、

「連続殺人事件は馬見原の自作自演だ」

と語っていた藤崎が、油井と繋がっていたようでしたね。馬見原が長峰達やくざに繋がっていたのは事実でしょうが、ガサ入れの情報のリークも、すべてが馬見原の仕業という訳ではなかったのかもしれません。やっぱりね~いかにも怪しいと思ってましたよ


そしてその油井は(希望通り?)綾女に殺されてしまったようです。研司は九死に一生を得ましたが、脳の損傷がひどいため、後遺症が心配だと言われたそうです。綾女の油井殺害が、油井を逮捕しようとして殺されかけた椎村を助けるための正当防衛だと認められれば良いのですが。


後半ずっと、とっちらかした感が否めなかった家族狩りではありまするが~視聴者を意識しすぎて逆に失敗してませんかね~ここに来てようやくまとまってきたようです。来週の放送も今からとっても楽しみです家族狩りもいよいよクライマックス!


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.