このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

軍師官兵衛
 NHK大河ドラマ

軍師官兵衛 あらすじと感想 第34話 九州出陣

NHK大河ドラマ・軍師官兵衛の34話は「九州出陣」です。今回おばさんが注目したのは、これまでずっと秀吉に反抗的だった吉川元春と、秀吉が家康を懐柔するために行った奇策でござる。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)です軍師官兵衛のあらすじ行きますよ~(^^)/


まず、いよいよ九州の島津を攻めるきっかけとなったのが、豊後の大友宗麟(義鎮~上條恒彦)が秀吉に助けを求めてきたからだったというのも面白かったです。宗麟というのは、義鎮が勢力争いに敗れて出家してからの名前だそうなのですが、その戦った相手というのが毛利元就なのだとか(門司城の戦い)。


その後正式に洗礼を受けてクリスチャン(バテレン)となった後も、島津との戦いに明け暮れていたらしい宗麟が、今回秀吉に助けを求めに来た訳なのだけれど、その宗麟を救う連合軍が、黒田と毛利というのがいかにも戦国時代ならではですね


先日、自分もまたバテレンとなった官兵衛が、胸にかけた十字架を見せながら、必ず大友家の力になると約束したこともいかにも真実味がありました


が、満を持して出向いた毛利では、またしてもあの吉川元春が姿を見せません。秀吉なんぞに力を貸せるかというのが建前でしたが、どうやらその健康状態も思わしくないようです。


これを知った官兵衛が、恵瓊を抱き込んで元春を騙し、直接談判に持ち込んだのはさすがでしたね


どうせ死ぬなら、毛利のために潔く腹を切った清水宗治のように、命の最も有効な使い方、命の使い道を考えろ元春が官兵衛にやり込められます( `ー´)ノ


隠居して、ぐだぐだと秀吉を恨みながらその命尽きることのなんともったいないことか~と言わんばかりの官兵衛に、

「わしに死ねというのかっ!

と激怒した元春も、次第に官兵衛の話も尤もだと思ったらしく、病身に鞭打って陣営に現れた時には、思わず大喜びしてしまいました。おばさんは、こういう頑固一徹な武人が大好きなのです。おまえに言われたからではない!わしはわしの命の使い道を自分で決めたまでの事


確かこの「命の使い道」というのは、以前祖父の重隆が言ってきかせた話でしたよね。幼馴染のおたつが覚悟を決めて他家へ嫁いだ直後に敵襲を受け、若い命を散らしてしまったという経験は、その後もずっと官兵衛の心に刻まれていたのですね。(軍師官兵衛 第3話 命の使い道


隠居の身とはいえ、元春が秀吉への反感を露わにしていたことで下がっていた毛利軍の士気が一気に上がり、形勢が逆転してしまいます。己の役目をはたしてあの世に旅立った元春の、なんと潔かったことか元春よかったなあ~(;O;)


そしてもう1つの注目点の秀吉の懐柔策ですが、これもまた、九州入りをするためだったというのが目からうろこでした。多分これまでにも、妹朝日と母のなかを家康の嫁と人質に差し出した理由も耳にはしていたのでしょうが、特に印象には残っていなかったのですよ。何せ、秀吉の九州攻め自体があまり記憶にないのです


それがこの軍師官兵衛のおかげで、ようやく腑に落ちた次第です。秀吉がなぜあれほど家康にへりくだらなければならなかったのか~それが、自分が九州入りするまでに家康に忠誠を誓わせて、その留守を盤石なものにする必要があったからなのですね~


んなもの、口では適当に誓っておいて、留守を襲えばいいじゃないかというのは現代の考え方であり、一旦口にした誓いは、そう簡単に破るものではないというのが、この時代だったのでしょうし、ドラマの中でも官兵衛が秀吉に進言したように、家康の器量は大きく、信頼するに足る人物だったということなのでしょう。


これで秀吉はめでたく九州入りすることとなり、願い通り「天下惣無事」を叶えることができるのでしょうが、こうして万人が認める「天下人」となった時、秀吉の器量もまた試されることになるようです


茶々への執心は致し方ないとしても、抜け目のない光成に踊らされ、古参の忠臣=蜂須賀小六をも失った秀吉は、これから徐々に変わっていきます。ちなみに、この時秀吉は50歳~人間50年~だったと思われまする。


その一環として、来週はついに「バテレン追放令」が発令されるようです。高山右近は歴史上有名だからともかくとして、官兵衛はどうしたのか、気になるところでございます素直に従ったのか?それとも??軍師官兵衛は来週の放送も今からとっても楽しみです軍師官兵衛も楽しみです♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は軍師官兵衛のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング