2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

チャン・オクチョンのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: チャン・オクチョン あらすじと感想一覧(全35話)


キム・テヒさん主演の「チャン・オクチョン(張禧嬪)」の6話は「世子嬪の資格」です。これまたなかなか面白かったですね~。今回おばさんの興味はこの2か所に集中しましたチャン・オクチョンのあらすじ行きますよ~(^^)/


  1. オクチョンの鎧は果たして無事入札されるのか
  2. スンはどのようにしてミン・ユジュンの鼻を明かすのか

以下簡単なあらすじ(ネタバレ)です


まず1点目~またしてもスンに裏切られて戻ってきたオクチョンは、傷ついた心を抱えながらも見事な鎧を作り上げます。ここで、崖から落ちたオクチョンをずっと捜して心を痛めていたらしい東平君がまた気の毒でござった。そうそう、オクチョンったら、ヒョンムに止められてからはすっかり忘れちまって


機能性を重視した上に、心臓の周辺には鉄板を入れるという斬新なアイディアは、きっとスンの目に留まることでしょう。これは、訓練を見学し、これからの戦には「銃」も用いられると知ったオクチョンならではの工夫です。その上オクチョンは、その胸の部分に「望という文字まで刺繍したのです。


入札ではもちろんこの鎧が選ばれました。鉄板を入れたことも、スンが銃で実際に鎧を撃ってその効果のほどが高く評価されます


が、そんな優れた鎧も、ミン・ユジュンの横やりを防ぐことはできなかったようです。ユジュンは王妃を抱き込んで、鎧の業者はユジュンの息のかかった商団を選ぶよう既に手を回していたのです。王妃はその見返りもタップリ手にしていたのだとか


国母たる王妃を皆の前で謝罪させるわけにはいかぬ


そう語った顕宗は、後に、自分にもまた心から好いた女子がいたが、守ってやることができず、遠くに追放したとスンに打ち明けています。スンもまた、オクチョンを妃に選ぶどころか、その夢さえ叶えてやれなかったのです


でも世子妃に関しては、なんとか一矢報いました見事な逆転勝利!!( `ー´)ノ。これが2点目になります。


粛宗の第一王妃は仁敬王妃になるのは分かっていたので、あそこまで入念に準備したユジュンの鼻をスンがどうやって明かすのか、が興味津々でございました。しかもユジュンは、お妃選びの二次選考=再揀擇に際し、インギョンを初めとする他の候補をすべて辞退に追い込んでいたのです


そこでスンは自らキム・マンギの元へ行き、おまえを国舅にしてやろうと約束しました。最初はユジュンの反撃を怖れて尻込みしていたマンギも、インギョン自らこう申し出てはさすがに後に引けなくなります:


私を世子妃にしてください!世子様をお慕い申し上げております!!


キム・ハウンさん、武神のチュンシムは実に憎たらしかったけど、このインギョンはなかなか可愛くていいですね


一方、ユジュンが府院君(王の父)になることは絶対に許さないと画策したヒョンもまた、心ならずもこのお膳立てを手伝うことになります。なんとヒョンは、

「世子妃の資格」

の1つが、両親が揃っていることだと聞き、それなら、今既に弱っているイニョンの母親を殺せばよいと考えたのです。ヒョンは部下に命じて、イニョンの母のソン氏がいつも飲んでいるせんじ薬を、そこから毒を抜かないものとすり替えさせました。これならば「毒」を盛ったとは疑われまい。


殺されたユジュンの妻と、母を失ったイニョンは気の毒だったけど、これまで憎たらしいほどに用意周到だったユジュンは、ちょっといい気味でございましたね。再揀擇が済むまではなんとしても生き延びろというぐらいなら、病弱な妻など離縁しそうな悪人なのに~そこまでは考えが及ばなかったのでしょうか


こうしてスンが、思惑通りにインギョンを選ぶと、大喜びしたのは大王大妃です。私もその者を見初めていましたよ


でもイニョンもまだまだ諦めてはおりません。イニョンもまたオクチョン同様、夢は叶うと信じているのだそうです。またイニョンにしてみれば、母が亡くなった自分には、世子妃になる資格はないと考えてもいたらしく、今はインギョンアガシが世子妃になるべきだ、彼女なら、自分が妃になるまでその座を守ってくれると語っていたようです。この辺はちと予言のさせ過ぎでやんすね


そしてオクチョンは、ヒョンとの約束を守れなかったため、ついに福善君の側室となるよう命じられてしまいました。オクチョン自身は、愛の無い側室より「使用人」になったほうがマシだと言いましたが、それでは母親の二の舞だとヒョンに叱責されてしまいます。


さ~果たしてスンは、どうやって福善君からオクチョンをかっさらうことになるのでしょうか


主人公が張禧嬪というと、どうしてもドロドロドラマを連想してちと逃げ腰だったのですけど、なかなかどうしてこのチャン・オクチョンは面白いですね~。ま、後半はそれも保証の限りではないでしょうが、これならまだまだ楽しく見ていけそうで安心でござるチャン・オクチョンも面白い(^◇^)



OSTもなかなかです~サンプル視聴ができますよ♪


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
ドン吉  
No title

こんにちは~。
第5話の語り、お見事でしたv-218
そっか~。ここでカンヒョンが絡むのね。
縦糸横糸がビシッと組み合わされました。
ありがとうございます。
お蔭でドラマに深みが増しましたよん。
王様は常に病弱で外科手術までしましたもんね。
ということは顔を手術をした子がスン?
ユジュンも悪ですね。
トンイでは人の好いおじいさん風で同情してましたが
ここまで腹黒いと天に代わって成敗したくなります。
そしてヒョン。悪役なオーラを放ち、彼が出ると画面から色が失せます。
善玉オクチョンがいかに悪女に落ちるのか
骨太ドラマとは違ったワクワクで見ております。

先のコメ返しありがとうございます。
韓ドラは長いから弱腰で語られると馬鹿を見ます。
コンさんのコメントを胸に大王の夢を斜に構えながら
見ることにします(爆)
これからも歯に衣着せぬ語りを期待しております。

では良い週末をお過ごしください


追伸 (結局長くなる(笑)
スギョンママの顔が変わったような気がする。
あごの線が細くなり、前とは別人のような・・・。
痩せたのかな(と良心的に解釈)

二伸 ポンペ枠の人がいなく、ちと淋しいです。

2014/08/30 (Sat) 11:36 | EDIT | REPLY |   
ドン吉さんへ  
確かに~前の方が可愛かったですね(;´・ω・)

ドン吉さん、こんにちは~♪
また遊びに来てくださってありがとうございます~。
お待ちしておりましたよ~v-343

そうそう、クァンヒョンなんですよね~。
「御医」が出てきたら顔を拝もうと思ったのに、
まったく出てこなくて残念でした(笑。

ユジュンとヒョンは実にいい勝負ですよね~。
いったい最後にはどちらが笑うことになるのか、
まったくもって目が離せません( `ー´)ノ。
我々は世間と視点が違ってますね~きっと(^_-)。

大王の夢はちと言い過ぎてしまったと反省しきりでした(;´・ω・)。
中には楽しくご覧になった方もいらっしゃるようなので、
その辺は大人のドン吉さんですから、
どうぞうまく取捨選択なさってくださいね~(__)。

そうそう、私も思いましたよ~スギョンママ。
うちの母などは、何度説明しても納得しません(;´Д`)。
とても同じ人には思えませんよね~。
これはやはり年齢(33歳)からくるものかとv-219

v-356
せっかくのドン吉さんのご好意が無になるような野暮なことを(__)。

本当に、ホンペ枠がいないと寂しいですよね~。
そうそう、大王の夢にはそういう存在(お笑いキャラ)
がいなかったのも、自分にはあかんかったです(;´・ω・)。

でもチャン・オクチョンは短いですからね~。
他の興味でも持ちこたえられそうです( *´艸`)。

いえいえ~こちらこそいつも楽しませていただいておりますよ~。
ドン吉さんもどうぞ良い週末をお過ごしくださいね~v-22。こん

2014/08/30 (Sat) 11:52 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.