このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

チャン・オクチョン
 時代劇・歴史モノ

チャン・オクチョン あらすじと感想 第8話 狙われた命

チャン・オクチョンのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: チャン・オクチョン あらすじと感想一覧(全35話)


キム・テヒさん主演の「チャン・オクチョン(張禧嬪)」の8話は「狙われた命」です。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)ですチャン・オクチョンのあらすじ行きますよ~(^^)/


オクチョンに救われたと知った粛宗は、これが果たして偶然なのか、オクチョンの画策によるものなのかをいぶかしみます。これを口に出して尋ねた粛宗に、オクチョンは、たまたまここにやってきて数日間いるだけだと答えました。その後は母と二人で清国に行きます


これを聞いて一抹の寂しさを覚える粛宗~ついに命を狙われた今、運命的とも思える出会いを重ねるオクチョンこそが、自分以外に信じても良い相手だと思いたかったのでしょうか


私の名は「イ・スン」だ。帰国したら王宮に訪ねてくるがよい。


が、オクチョンは決して清国に行くことはできませんでした。オクチョンの行き先を嗅ぎ付けたヒョンとチョ・サソクの妻の追手がオクチョン母子を捕まえにやってきたからです結局はサソクの妻が勝ちました(;´Д`)


粛宗もまたホ・ギョンの部下に襲われましたが、こちらは、東平君が駆けつけてくれたため、無事逃れることができたようです。


こうしてまたしても引き裂かれた二人ですが、韓ドラの神様が放ってはおきません


オクチョンとユン氏はチョ・サソクの妻によって、顔に烙印を押されそうになったところを、すんでのところでサソクに救われました。もはやこれまでと観念したオクチョンはついに、

「女官になる決意

を固めます。でもあくまでも

「最高の服

を作ることで王の目に留まろうとしているようで、配置先は至密(王の寝所)ではなく針房を希望したようです。


その際オクチョンは、自分が宮廷入りすることで母を自由にしてほしいとサソクに取引を持ち掛け、とりあえずのところは通いの奴婢とし、後にオクチョンの忠誠心が認められれば解放してやると約束してもらったようです。心配していた大王大妃からも、まずまず認められたようでした


一方、粛宗暗殺に成功したと思い込んでいたホ・ジョクの前に姿を現した粛宗は、こともあろうに暗殺を指示した本人のホ・ジョクに

「西人派に暗殺されかけた」

と耳打ちしました。でも、これで油断するような輩ではないのが何とも気が揉めるところです。ホ・ジョクと福善君は、ホ・ジョクの誕生日に、粛宗を自宅に招き、そこで再度命を狙おうとしているようなのです


また、せっかくこれまで福善君に忠誠を誓ってきたにもかかわらず、新参者のホ・ジョクから蔑まれているのが面白くないヒョンにとって、新たな道=選択肢が示されます


ヒョンはこれまでもずっと南人のチョ・サソクとも関わりをもっていたようなのですが、そのサソクにオクチョンを渡してほしいと頼みに行った際、オクチョンが粛宗の寵愛を得るべく、宮廷入りが決まったと聞かされたのです。


あちらは福善君で、こちらは大王大妃と、どちらにつけば得策かと計算していたところに、粛宗が民にその顔をさらしました。その顔を見たヒョンは、オクチョンが既に粛宗に出会っていたことを思い出します


「あの青年とはどういう関わりだ!?」


数回会っただけだというオクチョンの答えから、オクチョンもまだ真実を知らぬと知ったヒョンはまた、粛宗がオクチョンに興味を抱いていたらしいことにも気づいたようです。


これはどちらに転んでも損はない!


最初はオクチョンの宮廷入りを止めようとしていたヒョンの気持ちが急変します。危険を冒して粛宗を殺し、福善君を王に擁立するよりは、オクチョンの美貌と才能を信じて、粛宗を籠絡させた方が簡単に決まっていますからね。あの時のヒョンの嫌らしくも嬉しそうな顔ったらありませんでしたね~この節操無しが(-_-;)


でもドラマとしてはますます面白くなってきましたねチャン・オクチョンは、次回もとっても楽しみでございまするチャン・オクチョンも楽しみ♪



OSTもなかなかです~


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はチャン・オクチョンのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

チャン・オクチョン
こんさん、こんばんは・・・

いゃ・、チャン・ヒビン関連は、キム・ヘスや、妖婦チャン・ヒビンと見ましたが、あのキム・テヒなら、最高な作品になる気がしますよ
かわいい顔してキツイ役なんて、大ハマり役かもですね。
まだ始まったばかりですがゾクゾクするほど面白くなりそうですが、予約し損ねた時が心配です。
Re: チャン・オクチョン
みゆかはなびーさん、こんにちは♪

みゆかはなびーさんは
張禧嬪作品をたくさんご覧になってらっしゃるのですね~。

私もキム・テヒさんならお似合いだと思いますよ~。
ただ、あまり豹変すると見ていられないかも(;´・ω・)。

期待通りではなくても納得のできる作品になってほしいです^^。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング