2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

韓国ドラマ、輝いてスングムも順調に視聴し続けています


正直申し上げて、おばさんは~韓ドラだけじゃなくて日本のドラマでも~あまり達者な子役はちと苦手なのでござるよ。で、このスングム役のパク・ハヨンちゃんもか~なり演技達者なため、最初はちょっと引き気味だったのでござりまする。でも昨日の4話まで見てようやく慣れてきたのか、さほど違和感を感じなくなりました。これでようやく語れるというものです。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)です輝いてスングムのあらすじ行きますよ~(^^)/


母のエレンことヨニに捨てられたと思っていたスングムは、そんな母が生きていたと聞かされても最初は素直に喜べませんでした。が、父スボクから事情を聴かされた後は、一気に母が恋しくなります


生まれてすぐにヨニと生き別れたスングムが、ヨニを見つける(ヨニに見つけてもらえる)唯一の手がかりだったのが、スボクがヨニにプレゼントしたという髪飾りだったものの、それを大切にしてたはずのスングムが、この髪飾りを無くしてしまいました


これを、スングムの物と知っていて自分の物にしたヒャンジャは、セウン堂で家政婦をしているミジャの妹だったため、当然ヨニはこの髪飾りを目にすることになるのですが、それがまさか自分の物だとは思いもよらないようです。何せヨニは、スボクとスングム(名前すら知らない)が死んだと思い込み、入水自殺を図ろうとしたところを助けられたのが縁でセウン堂に嫁ぐことになったのだそうです。


また、ポンダルの口利きで、古物商(廃品回収?)も始めたスボクは、大声で近所を回って歩いています。エレン(ヨニ)がこの町に住んでいるなら、俺の声を聴いたらすぐに駆けつけるはずだ!


でもこれは韓ドラならではのすれ違いで、気づいたことは気づいても、結局は会えずに終わってしまいます。


一方、そのヨニが嫁いだセウン堂の主人もようやく姿を現しました。「親日派」ゆえに皆から恨まれているらしいこの男性はハン・チス(キム・ミョンス)と言って、どうやら北朝鮮から高麗人参を密輸し、おそらくは軍部?にこれを賄賂として贈って便宜を図ってもらっているようです


そしてこの人参絡みになってきそうなのが、カン・ウチャンの父親です。カンは昔北で手広く高麗人参を育てていたようで、避難する際にもその一部を持ってきて、ひそかに売りさばいては生活の足しにいるようなのです。それにこのカンはきっと共産主義者なのでしょう。家族だけではなく、その仲間も捜しているのではないか~とは、ミステリー好きなおばさんの単なる妄想かも知れませんが


またどうやらセウン堂の末っ子~ジンギョンの母親は「大奥様」ではないらしいです。イ・ヒョンギョンさんが演じてらした水商売風の女性が実母のようですね。確かに、あの大奥様では「祖母」でもまったくおかしくありません


他で目に付いたのは、ウチャンの賢さと優しさはもちろんですが、クズ拾いをしている兄弟=ジョンスとヨンスもなかなか可愛いところがあって気に入りました。最初は何かにつけては突っ張って、スングムにも冷たかったこの二人だけれど、スングムがふたりに

「UNスープ」

と呼ばれる、肉やソーセージがたっぷり入った国連軍支給のスープを食べさせてやってほしいと頼んでくれたことをとても恩義に感じているようなのです。スングムがいつも下を向いて何かを捜しているようなのを見て、自分達はクズ拾いだから、必ず見つけてやると約束してくれました


とにかく、戦時中でも健気に生きている子供たちが可愛くて、ボンヤリ見ているだけでも楽しいです。それに、そんな子供たちを可愛がるスボクがまた実にいい~顔は今一つのスボクですが、あの大らかさは得難いなあ。顔は良くてもいかにも冷たそ~なチスとは正反対です


いや~そろそろ何か書けるかと思ったんですが、やはり取り立てて書くことは少ないですね。でも、輝いてスングムは続きもとっても楽しみです輝いてスングムも楽しみです(^^)/


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.