2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

チャン・オクチョンのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: チャン・オクチョン あらすじと感想一覧(全35話)


キム・テヒさん主演の「チャン・オクチョン(張禧嬪)」の10話は「入宮の理由」です。これは何ともハラハラさせられてしまいましたチャン・オクチョンが盛り上がってきました♪。以下早速ネタバレのあらすじですチャン・オクチョンのあらすじ行きますよ~(^^)/


オクチョンを粛宗に会わせるお膳立てをしたのはヒョンでした。謀反人として拷問を受けたヒョンは、粛宗に、自分は南人でも西人でもない、あくまでも商人だから、福善君よりも、粛宗をより高く買ったのだとうそぶきます。自分が持っている花を咲かせられるのは、福善君ではなく粛宗だというのです


粛宗はこの謎かけを面白く思ったのか、ヒョンだけは釈放し、残りの謀反人は全て処刑してしまいました


こうして世にも悪運の強いヒョンは早速チョ・サソクの下へ行き、オクチョンと粛宗は以前からの知りあいで互いに好意を抱いているから、お膳立てさえすればすぐにうまくいくはずだとサソクを焚きつけました。これを聞いたサソクは大王大妃の下へ駆けつけ、その大王大妃もまんまとこの策に乗ったという訳です


一方のオクチョンは、針房で働きながら、王宮を訪ねてこいと語ったスンの言葉を思い起こし、近くにいた尚宮に尋ねようとしたところ、

「イ・スン」

という名前を出した途端に、チョン尚宮に叱責されます


「王様が目当てだったのか!


叱られたオクチョンはさっぱり訳が分からなかったものの、意地悪な先輩女官から、王の服に火のしをかけるよう言いつけられた際、そこに、自分が内禁衛将のために縫った綿入れがあることに気づきました。どうしてこれがこんなところに?


その後すぐに、大王大妃からオクチョンに「お呼び」がかかります。どうみても「夜伽」の準備をされているとしか思えない状況の中、ようやくオクチョンはこの事実に気が付きました。もしかしたら、あのお方が王様?!


そしてその推理は見事的中し、昨日の予告通り、オクチョンは粛宗に売女呼ばわりされてしまいます。が、オクチョンは懸命に粛宗を拒んだため、粛宗は怒って部屋を出ていってしまいました。最高の服を作るためだけに王宮に来たのであれば、二度と顔を見せるな!!


まったくね~自分で呼んどいてこの言いぐさはありませんよね。それにオクチョンもまた、チョ・サソクの妻には、

「チョ家のために王の寵愛を受けてみせる!

と、たとえその時はハッタリとはいえ、そう口に出したことは事実なため、どうしても歯切れが悪くなってしまうのです


まあこの辺はもう痴話げんかのようなものなので放っておくとして、またしても気の毒なのは仁敬王妃でした


王妃は、粛宗に相手にされない寂しさから、粛宗が町に出て民を見舞うのと同様、自分もまた恵民署で貧しい民のために働こうとしたらしいのですけど、その時たまたま、痘瘡の患者が運び込まれてしまうのです


元々喘息持ちで体の弱い仁敬王妃が、宮中で頼る者もなくストレスを溜めていたところでの患者との接触ですから、あれで感染しないほうが不思議ですよね。案の定、王妃は、粛宗が渡ってくるというその夜に、無念にも倒れてしまいます


ちょうど、オクチョンが女官になったことを知って喜び、久々の粛宗との逢瀬だから手伝ってほしいと、センスの良いオクチョンにコーディネートしてもらっていたところだったので、ここはオクチョンにも病がうつりはせぬかとハラハラしてしまいました


予告では、ようやく健気な仁敬王妃を気遣えるようになっていた粛宗が、王妃をひどく心配してくれていたようです。イニョンとその友人が王妃を訪ねた際、その友人が王妃を侮辱していたのを見て、粛宗が助け舟を出したのもなかなか痛快でございましたよね


確かに我々は政略結婚で、そなたに恋心も抱いていない。が、王妃の自尊心は王の自尊心でもある。私は王妃の自尊心を守っただけだ


ずっと冷たくされて滅入っていた王妃が、ひさしぶりに晴れやかな笑顔を見せてくれたばかりだったというのに仁敬王妃が気の毒です


それに比べると、ここでのイニョンはいかにも野心タップリであんまり可愛くないですね。これまでのイメージだと、仁顕王妃は気高く清らかな心の持ち主だったのに、今回のイニョンは偽善者にしか見えません。まあ父親があんなんですから、致し方ないのでしょうし、何せこのドラマはトンイのオクチョン版なので、イニョンは分かり易くそれなりの「悪人」に描かれているのでしょう


粛宗が王妃に優しくするのを見てプライドが傷ついたイニョンは、たとえ側室でもよいから宮中に上がると言いだします。これで、ユジュンの思惑通り、イニョンが次の王妃になっていくわけです。


仁敬王妃、なかなか可愛かったのに、歴史通りに早逝するのは残念です。予告通り粛宗が最後まで付き添って、その最期を看取ってあげられるとよいのですが。で、野心ムラムラの新王妃に代わって、オクチョンが粛宗の心を慰める、と。おお、分かり易くて楽しいですな


チャン・オクチョンは明日の放送もとっても楽しみでございまするねチャン・オクチョンも楽しみです♪



OSTもなかなかです~


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.