このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

吉原裏同心
 時代劇・歴史モノ

吉原裏同心 あらすじと感想 第10話 姉の願い

木曜時代劇・吉原裏同心の第10話は「姉の願い」です。これもまた悲しみの中にもほのぼのとした可笑しみが漂うような、何とも言えぬ味わいのあるエピソードでございました吉原裏同心のあらすじ行きますよ~(^^)/。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)です


今回幹次郎と汀女夫婦が関わった遊女は小春(馬渕英俚可)でした。これまでには面識はなかったらしいのですが、ある時この小春がなじみ客で乾物屋の手代の功太と毒を飲んで心中したことを聞かされます


どうしてあんなに明るい人が?しかももうすぐとても良いことがあると喜んでいたところだったのに


手習い所で汀女が聞いてきたこの話に、幹次郎も首をかしげ始めます。その良いことというのはどうやら、小春の弟で、飾り職人の文吉(内野謙太)が、近々親方の娘と祝言を挙げることになったというのです。その上小春が今わの際に呼んだ名前もこの「文吉」でした


そんな時に心中などするのは妙だ


相変わらず的外れな村崎同心は、功太の店の番頭から、功太が50両もの大金を盗んでいたと聞かされたことから、これを心中だと決めつけましたが、幹次郎はますます疑問に思ったようです。


そこへ、姉が心中したと聞かされた文吉が駆けつけてきました。小春の本名は「おみよ」と言うそうです


幹次郎が、姉の死に打ちひしがれていた文吉を自宅に連れ帰って話を聞くと、なんとこれまで文吉が小春に知らせた「良い知らせ」は全て嘘だったことが判明します。文吉は、家族のために身売りをした小春をなんとかして喜ばせようと、ないことないこと、手紙に書き綴っていたようなのです


お前の嘘を本当だと思って死ねたことがせめてもの救いだ


幹次郎は呆れてそう語りましたが、でも小春は全てを知っていたようです。以前風邪が長引いた際、小春は相庵とお芳にこう語って聞かせたのだとか。


あの子は嘘が下手だから私にはすべて分かってしまう。大層なことでなくてもいい。あの子に幸せになってほしいだけなのに。


しかもこの小春は、文吉のためにと、爪に火を点すようにして、3両2分を貯めており、それを薄墨太夫に預かってもらっていたのだそうです。ここで小春が明かした「好いた相手」という、身受けなど望めない&解消の無い乾物屋はやはり功太のことだったのでしょうかそれこそせめてもの救い(;O;)


小春は決して心中などしない!


幹次郎はそう確信します。以下ネタバレです。


小春を心中に見せかけて殺したのは、乾物屋の番頭でした。実際に毒を盛ったのは、10両をもらう約束でふたりの殺害を引き受けた、小春の店の男衆です。番頭は、自分が相場に手を出して店から金を横領したのを、すべて功太になすりつけて殺したのです


幹次郎が二人を捕え、村崎も心中ではなく殺人だったと認めてくれたのは何よりでしたね


また今回は、玉藻が口火を切って、ついに仙右衛門とお芳の縁談が相整います。実際にキューピッドになったのはまたしても幹次郎と汀女夫婦です。


汀女は即、お芳の本音を聞き出したのに、幹次郎はなかなか切り出せず、文吉が亡くなった姉のために思い切って親方のお嬢様に告白すると宣言したのを受けて、ようやく仙右衛門をけしかけました


おまえはどうするんだ!!


小春が死ぬ間際に「一番大切な弟」の名を呼んだっていうのに、生きてる俺がおめえのことを大切に思ってるって言えないんじゃあんまり情けねえってもんだろ


いやいや、仙右衛門、初めてカッコいいところを見せてくれましたね。これまでずっと「喧嘩仲間」だった幹次郎も、そんな友の成長を喜んでいたようです


と、これだけなら万々歳だったのですが、薄墨太夫が幹次郎に迫ったのはちと頂けなかった


薄墨太夫が汀女をまったく知らないのであれば致し方ないと思わぬでもないけれど、汀女にあれだけいつも世話になっていながら、その夫を誘惑するとは~遊女とはいえ、それではあまりにも「義理」に欠けた行動ではありますまいか。どうしても告白したいなら、まずは汀女に断るのが礼儀なのでは?「遊女の誇り」はどこへ行ったと?


もちろん幹次郎は「これからも命懸けでお守りいたす」と言ってこの誘惑をはねのけましたが、何せ据え膳食わぬは男の恥と申しますゆえ、今後も魔の手が伸びるのではないかと心配でござる。しかも薄墨太夫は四郎兵衛には本心を打ち明けたようなので。いや~薄墨太夫にはガッカリどすドロ〇ー猫めっ!


とはいえ、ドラマはまだまだ楽しみです吉原裏同心は、来週の放送もとっても楽しみでございまするね吉原裏同心も楽しみです(^^)/


~小田和正さんの「二人」も良い曲でピッタリでござるね: 小田日和 吉原裏同心が楽しい(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は吉原裏同心のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング