このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

金田一少年の事件簿N(neo)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

金田一少年の事件簿N あらすじと感想 第7話 夏に降る雪

金田一少年の事件簿N(neo)】~今週は7話を視聴しました。これもまた実に古式ゆかしく(?)、なかなか感動的なエピソードでございました金田一少年の事件簿N(neo)のあらすじ行きますよ~(^^)/。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)です金田一少年の事件簿Nがなかなか面白い(^^)/


今回の舞台ははじめの故郷らしい雪影村でございました。ここではお盆の時期に限り、真夏に雪が降るそうです。そして被害者と加害者もまたはじめの幼馴染という設定だったため、何ともはじめが気の毒で、おっさんでなくても「おまえはこの事件から外れろ」と言いたくなったほどです


最初に殺されたのは社冬美(藤原令子)~彼女は、ちょうど雪が降った日の朝に中学の校庭で遺体となっていたのを、久しぶりに雪を見にやってきたはじめと仲間たちによって発見されました。校庭にはくっきりと、そしてひとり分の靴跡が残っています


凶器は、亡くなった人を送る際に使う「上送りの矢」と呼ばれる飾りの矢でした。しかもそれは、1年前に自殺したという仲間のひとり=葉多野春菜(小川涼)の棺桶の中から盗まれた3本のうちの1本らしいのです


その後、冬美の家から、冬美が死んだ時に吐いていたのとまったく同じ型のローファーが盗まれていたことが判明したため、はじめは何者かがあらかじめ盗んだローファーでもって、雪の上に足跡をつけたのではないかと推理しました。が、いったい何のために?


~もちろん「アリバイ作り」のためでござる犯人はこの中にいる!


またもうひとり=蓮沼綾花(平祐奈)も同じ上送りの矢で刺されて亡くなってしまいます。綾花はその時、部室の蛍光灯を替えようとしていたはずなのですが、犯人がその蛍光灯を替えることはなかったようです。綾花を殺した後、部屋を荒らした形跡があったことから、犯人は絶対に何かを捜そうとしていたはずなのになぜ電気をつけようとしなかったのか?


ここで既にはじめは犯人の目星をつけたようでしたが、決定的になったのは、春菜の墓参りに来ていた男性の名が今井龍矢であると知らされた時でした。春菜の父親の名も同姓同名なのですけれど、その男性は、やはり幼馴染の一人=島津匠(須賀健太)の父親と名乗ったのです。


「嬉しい色のはずだったのに許されない色だったなんて!


以下犯人のネタバレです


そう書き残して自殺した春菜は匠と付き合っていたそうです。肩を壊して野球の夢が断たれた匠は、二人の子を妊娠した春菜と結婚するつもりだったのに、ある時、親友だったはずの友美と綾花が、

「匠と春菜の父親は同じ人物だ

と吹き込んだそうなのです。これで春菜は、自分は不義の子を宿してしまったと絶望し、自分とお腹の赤ん坊の命を絶ってしまったのです。何も知らなかった匠は、友美と綾花が自分たちがついた嘘のせいで春菜が自殺したと話していたのを立ち聞きしたそうです


3本目の矢は自分に使おうと思っていた


幼馴染のはじめに自分の復讐を知られた匠は、手に持っていた上送りの矢で自殺しようとしますが、肩を壊した匠のために、自分もまた野球を辞めたという立石直也(入江甚儀)の投げた球がこれを阻止してくれました


「どうして俺たちに相談してくれなかったんだ!!友達っていうのは迷惑をかけあうものだろう?


匠役の須賀健太さんが登場した時点で犯人は分かってしまい、春菜の遺書を見た時点で「不義の子を宿したに違いない」と分かってしまったのですけれど(「じっちゃん」の小説はほとんど読破しているので)、それでも、この少年少女がなんとも健気で初々しく、なかなか感動的なストーリーに仕上がっていたのに満足です。夏に降る雪にピッタリのなんともはかなくて悲しいエピソードでございました今回もまた犯人が気の毒でした(;´・ω・)


犯人は殺人の時に切れた(皆とお揃いの)数珠を捜すのに、蛍光灯を替えられない人物=肩を壊して腕が上がらない匠に違いないと推理したはじめもさすがでございましたし、靴の裏に塩を付けたローファーで前もって足跡をつけておいて、雪が降った時に塩で氷の融解点が下がることを利用したというトリック(そのために足跡が浮かび上がる)もなかなかでした


さて来週はまたしてもあの高遠が登場する~派手なエピソードになりそうです金田一少年の事件簿N(neo)は、次回の放送もとっても楽しみでございまする金田一少年の事件簿Nが面白い(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は金田一少年の事件簿N(neo)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング