2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

ペテロの葬列のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 杉村三郎シリーズドラマ あらすじと感想一覧


小泉孝太郎さん主演ペテロの葬列の10話ではついにほぼすべての真相が明かされました。以下早速ネタバレですペテロの葬列のあらすじ行きますよ~(^^)/


まず、御厨尚憲ですが、やはり羽田に殺されていたようです。これは予告で大体のところは見当がついていましたけれど、その理由がなんともやりきれないものでした。羽田が御厨を殺害したのは自分達の罪を償おうとしたためでしたが、羽田はその遺体を、羽田家の納骨室(カロート)に入れたようなのです。


羽田の大叔父は既に墓石に当時幼かった「光昭の名前も刻んでいたそうで、羽田は昔それを見ながら、多恵にこんなことを語っていたそうです。本当の俺はあの火事の時、皆と一緒に死んでいて、墓に入っているのかもしれないな


だから羽田が、御厨の遺体をカロートに入れたのは、自分の代わりに収めたのではないかと三郎は推測していたようです。何せ羽田は、自分を佐藤一郎、次には暮木一光と名乗っていた訳ですから~警察でさえ本名を知らなかった、実家の墓に入ることは望めなかったのですものね。バスジャックをする前から「自殺」を決めていただろう羽田は、死後、家族と同じ墓に入ることさえ自分に禁じた=それで自分を罰しようとしたのではないでしょうか


また今回この御厨の行方が分かったのは、坂本がバスジャックを強行し


諸悪の根源である御厨を連れてこい!うやむやに終わらせるな!


と要求したからです。居場所が分からないからどうしようもないのではなく、やるならとことん追求するべきだと、坂本はかなり思い詰めていたようです。


というのも、坂本は羽田からもらった300万で、別の詐欺=マルチ商法にひっかかり、こともあろうに、恩義のある職場の先輩を誘ってしまったのだそうです。その先輩は、困ったように、でもキッパリと断ってくれたそうで事なきを得ましたが、坂本は、

「詐欺を軽蔑していた自分が詐欺の片棒を担いでしまった

ことに対していたたまれなかったようなのです。


自分を、暮木を、こんな風にしたのは御厨のせいだ!御厨を罰しなければっ!!ペテロの葬列~第二のバスジャック起きる!


坂本のバスジャックを知った三郎が急ぎ群馬に飛んで、多恵から御厨についての真相を聞きだしたという訳です(睡蓮のマスターがものすごい外車で連れて行ってくれました)。坂本君、御厨はもう亡くなっていたよ。だからもうバスを降りてくるんだ


このバスジャックの現場に、柴野ばかりか田中も来ていたというのがまたよかったなあ同じ人質の中に生まれた連帯感か。田中は坂本を罵りながらも、こう声をかけてくれたのです


こんな犯罪を犯してしまったお前にはもう行くところがねえ。俺が雇ってやる!待ってるからなっ!!出てきたら必ず俺のところに来るんだぞっ!


三郎が指摘していたように、田中も柴野も坂本の中に自分を見たから、とても他人事とは思えないから、ああして駆けつけてくれたのでしょう。詐欺に遭った人間の口惜しさ、恐ろしさがきっかけで、他人を陥れる側に回ってしまいかねないことを、彼らは身をもって理解しているのですね。


~前回、悪人の顔をこの目で見てやるといって出かけたテッシーが、すっかりしょぼくれた高遠の姿を見て以来呆然としていたのも同じ気持ちだったのでしょう~


三郎と電話で話したことで、坂本がようやく投降を決意したその時、警察がバス内に踏み込んで来てしまいました。あれは、自首と逮捕じゃ大きく違うということなのか。その辺は三郎たちが証言してあげられるとよいですね。


また、坂本がこんな事件を起こしたからには、再び警察の捜査が入ることは避けられません


その矛先が羽田や御厨の詐欺に向けられれば良いけれど、坂本も触れていたように、慰謝料はきっと警察に(とりあえずは)没収されてしまうでしょうね。まあそれがまっとうだとおばさんも思いますが、世間はそれでは済まないでしょう。以前、被害者だった時でさえ、ネットに情報が流れたのですから、今回は、詐欺師の金をもらった、と叩かれかねません


一方、坂本に人質に取られていた間野京子は、予想通りまったく負けてなかったので、それよりも、この間野にしつこく付きまとう男がようやく姿を現したことのほうが注目でした。予告で間野を「詐欺師」呼ばわりしていた清田(野間口徹)が、弁護士と名乗って広報室に現れたのです


そこはさすがに園田編集長で、清田を胡散臭く思ってすぐにその素性を調べさせたものの、確かにその名前の弁護士は存在していたようです。でもそんなの分かりませんよね清田こそが詐欺師!~名前を借りて名刺を偽造すれば済むことですし。もしくは弁護士でありながら、裏ではストーカーという線もありそうですが


元々間野のようなタイプの女性が苦手なおばさんは、つい間野を色眼鏡で見てしまっていたけれど、ずっと執拗なストーカーに追いかけられていたのでは確かに気の毒でしたよね。そこに三郎のような男性が現れたら、つい頼りたくなってしまうのも無理はないのかも。その上、妻は他の男によろめいていて、そういった空気は同性にはすぐに感じ取れてしまうものだし


こうなってくると、先の展開が分からなくなってしまいます。以前、三郎が今多家のパーティーを息苦しく感じ、赤い自転車を見て心躍らせていたシーンもどうにも引っかかってきちゃいます。たとえあの敷地を出たところで、今多家と関わっている=菜穂子と暮らしている限り、あのような解放感を味わうことは無理なのではないか、などと思わずにはいられません


また、渡米中だった今多嘉親は、急きょ帰国して緊急入院したそうです。今はまだ面会謝絶ということらしかったけど、予告には顔を見せてくれていたようで一安心です。(回想か!?


さ~来週はいよいよ最終回ですねペテロの葬列~放送は夜10時10分からだそうですよ。どうぞお見逃しの無いようにペテロの葬列~いよいよ来週は最終回!


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.