このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

チャン・オクチョン
 時代劇・歴史モノ

チャン・オクチョン あらすじと感想 第15話 王宮への野心

チャン・オクチョンのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: チャン・オクチョン あらすじと感想一覧(全35話)


キム・テヒさん主演の「チャン・オクチョン(張禧嬪)」の15話は「王宮への野心」です。いや~ついにこの時がやってきてしまいました。以下簡単なあらすじ(ネタバレ)ですチャン・オクチョンのあらすじ行きますよ~(^^)/


ようやく粛宗と結ばれたオクチョン。粛宗はすぐにオクチョンを側室に迎えると約束してくれましたが、一方では粛宗の思い人がヒョンの姪だと聞いたユジュンも、早速動き出します。以前、仁敬王妃のお付だった尚宮を東平君の屋敷に遣わして、オクチョンを誘い出したのです


ここでの注目点は、この動きを既にヒョンも察していたこと。ユジュンが妓楼でならず者と話していたのを妓生が盗み聞きしてヒョンに教えたらしいのですが、ヒョンはそれすらも自分の筋書きに加えてしまいます


~あ、昨日はおばさんが勝手に大妃を殺してしまいましたが、まだ死んでいませんでした。つい願望が・・・


ギリギリのところまで放っておいて、ここぞという時に救えばよい


そう、ヒョンはこの機にオクチョンに「恨みと野心」を植え付けるつもりなのです


そしてそのヒョンの思惑は見事に的中し、小屋に閉じ込められて火を放たれたオクチョンは、自分を

「高貴な人間に吸い付くヒル」

扱いしたユジュンを、決して許さないと誓います。天下を我がものにして、奴婢を馬鹿にした奴らを見返してやるっ!!私の欲する物はイ・スンと正一品の「嬪」の座!オクチョンが鬼と化した!?


いや~こうなってくると、思わず燃えてしまいますね~オクチョン、頑張れっ!!。でも、オクチョンの母ユン氏を奴婢として卑しめたヒョンにイイ思いをさせるのはどうもな


一方、粛宗はまたしても「(母)親が危篤」という理由で宮中に呼び戻されてしまっています。そこでどんなにオクチョンを側室に迎えると言っても、大妃は聞く耳を持ちません。


その後、上のような事情でオクチョンが行方不明になったと聞いた粛宗は、大妃がオクチョンに危害を加えたものと決め込んで、部屋にずかずかと乗り込んできます


「母上、オクチョンをどこへやったのですかっ!


どんなに大妃が苦しそうに振る舞っても、今度は粛宗が聞く耳を持ちません。必ずオクチョンを捜しだしてみせるっ!!


~でもここ、確かに大妃はとんでもない魔女だけど、自分のために祈ったゆえに弱ってしまった母親があれほど反対しているのに一歩も引かない、ってところは、最後が分かっているだけに「粛宗はやはり冷たい人間だったのかなあ」と思わずにはいられませんの。その愛情が自分に向けられているうちはいいけど、そうじゃなくなった時の反動が怖いですよね~こういう人は


そんな粛宗を見ていたイニョンは、なんとここで「駆け引き」を提案してきます。自分を無事に王妃に迎えてくれたら、自ら大妃と朝廷を説得して、オクチョンを側室に迎えてやろうと言うのです


粛宗はこれを受け入れたようだけど、おばさんだったら、ますますイニョンが嫌いになるなあ。まだ王妃でもないくせに、おまえは何様だっ!?と仁顕王妃と呼びたくない(;´・ω・)


結局これでイニョンは思い通り王妃の座に就くのですけど、その後、復讐を誓ったオクチョンが、イニョンの通り道に姿を現して、そこでふたりの目が合った時、イニョンは即座に御簾を下ろすよう命じ、知らん顔を決め込みます。これが好感を抱いている相手になら、

「当然よね~結婚したばかりなのに、進んで側女を迎えるお人よしがどこにいる?

と言いたいところだけど、嫌いだからこう言っちまうもんね(一応小っちゃくしてみました):


この嘘つきっ!偽善者!!それでも国母かっ!恥を知れ!!卑怯者っ!


とはいえ、さすがに大王大妃から

「側室を自ら捜すと約束するとは大したものだ」

と嫌みを言われては、イニョンも多少良心の呵責を覚えていたようです。が、このイニョンに新たに付いたのが、オクチョンをおびき出した尚宮だったため、これがここで猛反対してしまうのです。


チャン女官(オクチョン)を呼び戻したら、お父上がお困りになります!!


ふふふ、おばさんは、ああ確か驪陽府院君(ミン・ユジュン)は結構早く死ぬはずだよな~などとすっかり邪な心でもってこのシーンを見てしまったのでござりまする。このドラマではその辺をどう料理?するのかも見ものでござるね


そしてそこにもう一人の立役者、大王大妃もしゃしゃり出てきます。粛宗がイニョンのもとへ行かず、粛宗が王妃を迎えたにもかかわらず2晩続けて独り寝状態であることを受けて、

「この好機を逃すでないっ!オクチョンを呼べっ!!よい名分ができた!

と早速ヒョンのもとに使いをやって、オクチョンを宮中に連れてきます。でもそこには、

「イニョンをいつまでも一人でおくわけにはいかぬっ!!

と腰を上げた大妃も押しかけてきており、ふたりは外で鉢合せをしてしまうようなのですが?!オクチョン、負けるな( `ー´)ノ


粛宗が、オクチョンを襲わせたのは大妃ではなさそうだ~大妃ならもっと分かり易く苛めるはずだと言ったのを聞いてついつい笑ってしまいました。粛宗は母親の事を実によく理解しておりますね~


予告では、オクチョンは無事に粛宗に再会できるようです。となると、イニョンは約束を果たさなければなりませんね~きっと


さ~これからはオクチョンの反撃が始まりますね~。チャン・オクチョンはしばらく楽しめそうで嬉しいでござるねチャン・オクチョンが楽しみ~♪



OSTもなかなかです~


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はチャン・オクチョンのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング