2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

NHK大河ドラマ・軍師官兵衛の38話は「追い込まれる軍師」です。まったくこの秀吉の嫌らしさはここまでくると逆に見事というほかありませんね。以下ネタバレの簡単なあらすじです軍師官兵衛のあらすじ行きますよ~(^^)/


まず気になっていた官兵衛の動向ですが、前回の長政の決断を受けて、官兵衛もまた、肥後に同行してきていた朝房をその手にかけてしまいました官兵衛、無慈悲すぎる(;´・ω・)。最初は事情を説明して切腹を命じたのですけれど、朝房がこれに逆らったのです。


最初に本領安堵を約束していたのは秀吉だというのに、自分から約束を反故にして国替えを命じた上に、今度は殺すというのか!最初から我らを生かす気などなかったのであろう!!


まさに朝房の言う通りでござりまする。ここで官兵衛や善助たちが、心の中では朝房の言い分が至極正しいと誰もが分かっているというのが何とも辛いところでした。あそこで、皆からの視線を封じたことから、妄想好きなおばさんは、

もしや官兵衛は、朝房を殺したことにしてこっそり生かしてくれるのではないか?

などと大いに期待したのですけどねえ。後に首実検が入るのかな。


でも光の方は期待を裏切りませんでしたさ~すが光(^^)/。幸いなことに、まだ鶴姫は殺されておらず監禁されていただけだったのを、

「牢から出せ!生かせと言っているのではない!

と長政に謎かけをした光は、又兵衛に命じて鶴姫にわらじを渡し、誰にも知られぬようこっそり逃げて生き延びるよう伝えさせたのです。このメッセンジャーが又兵衛という所にまた意味があるのですよね。何せ又兵衛もまた、一旦は叔父とともに黒田を裏切る形になったけれど、恥を忍んで生き延びて、こうして今があるのですから


どれほど秀吉が怖くても、そこまでしなければならぬのか~と思って見ていましたところ、さらに秀吉の要求はエスカレートしてくるようです。「天下人」になった秀吉にとって、自分よりも才長けた官兵衛は、今や脅威となりつつあるのです


わしがこの世を去ったら、次の天下人は黒田官兵衛だ


秀吉がお伽衆にそう語ったと家康の耳にも届いたほどなのだそうです。


その秀吉が今回ついに長年温めてきた夢=「明国出兵」を口にしました。先に肥後の半分(25万石)を与えた加藤清正と小西行長を先鋒に、小早川が大将でその軍師には官兵衛をと考えているようです。


が、この考えを聞いた官兵衛は、長い戦に疲れ果てた民を思えば、今また新たな戦を起こすべきではないと声を荒げて主張します。でももはやそんな諫言など聞き入れる秀吉ではありません。わしの夢を邪魔する者は誰であっても許さんっ!!


なにせ利休に

「耳の痛いことを言ってくれる者がいるうちが花

と言われても取り合わず、その利休が差し出した黒い茶碗を見て

茶碗は好かん!

と一蹴したほどなのです。ここの「黒=黒田官兵衛」と見るのはおばさんの思い過ごしでございましょうか


すっかり暴君と化した秀吉を止める者はもう誰もおりません。特に今後、寵姫茶々が懐妊するためこの傾向はますます強まる一方です。


そして官兵衛はこの秀吉の疑惑を払拭すべく、ついに隠居を決意するようです。これは、父の職隆が小寺政職に疑われた際に使った手と同じですね。あの時あれほど官兵衛を可愛がっていた政職が、晩年にはその官兵衛をも殺せと命じるようになったのですから、これもまた推して知るべし~でござりまする


また今回は家康と北条の関係にも触れられていました。家康は、娘の督姫を北条氏直に政略結婚で嫁がせていたため、いまだに北条が上洛しないといきり立つ秀吉に対して、自分が必ず北条を説得してみせると言う一方で、適当に書状だけでも書いておけと部下に命じていたようです。が秀吉はそれを見透かすかのように釘を刺していたようですから、来週あたりはついに上洛するのでしょうか。伊吹吾郎さんは北条氏政あたりでしょうか。


軍師官兵衛は次回もとっても楽しみでございまするね軍師官兵衛も楽しみです♪


[NHK大河ドラマ] 『軍師官兵衛』 完全ガイドブック PART2 (TOKYO NEWS MOOK 428号)

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.