2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

チャン・オクチョンのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: チャン・オクチョン あらすじと感想一覧(全35話)


キム・テヒさん主演の「チャン・オクチョン(張禧嬪)」~21話は「張禧嬪の称号」です。いやいやこれまた凄まじいことになってきました。以下早速ネタバレですチャン・オクチョンが怖いよ~でも楽しいよ~(^^)/


まず予告通り、オクチョンは落馬して身ごもっていた子供を流産してしまいました。でもこれが、単に乗馬が原因だったのではなく(それだけでも十分妊婦には良くない)、チュ尚宮がユジュンに命じられて馬に薬(酒?毒?)を盛ったようなのです


既に口から泡を吹いていた馬の様子に誰も気づかんところがドラマでござるね~。ただ一人ドキドキ(ワクワク?)しているのは大妃だけです。さすがに、王の子どもを殺すのを黙認するのは気が咎める~でもそうなってほしいという浅ましい逡巡が見事に表現されておりました


そしてついにオクチョンが落馬すると、その思いは一層増幅されたようです。


「でもこれで王妃のためには良かったのだ


イニョンもまたこの事実を知ってもちょっと顔色を変える程度というのが実に嫌らしいですよねイニョンがどうも好きになれん(;´・ω・)


一方の粛宗は国境付近の小競り合いが気になったため、オクチョンに同行できなかったことを悔み、一刻も早くそのもとに馳せ参じたいと馬を飛ばしたものの、当のオクチョンがまだ来ていないと聞かされます。


チャン淑媛が落馬されたそうです!!大変です王様っ!🐽


ヤン・グンの報告に顔色を変えた粛宗は、急ぎ宮中に取って返します。そして粛宗はオクチョンの部屋の前で、すべてを知ってしまいますオクチョンが世の子を身ごもっていたとな!?

「地位の低い側室は輿には乗れぬという掟に逆らうことができなかったばかりに、王様の子を失ってしまった!」

と嘆いていたオクチョンの言葉を聞き、粛宗は早速主治医を問い詰めに行きました。オクチョンもこの時、最初は馬に乗るぐらいなら行かないと断ったのを大妃に挑発されて、ついつい誘いに乗ったことをどれほど後悔していたことでしょう


オクチョンが懐妊していたというのはまことか!それを知っていたのは誰だっ!!


この主治医がまた、真っ青な顔をしながらも白々しく嘘をついたのが許せませんね。なんとこの男は知っているのは自分の外には大妃だけだと言ったのです。あれほど怖れながらもミン・ユジュンを庇ったのは、たんまり口止め料をもらったからでしょうか。


イニョンもイニョンですよ。大体こんな事件が起きたら、ユジュンがチュ尚宮に何事かを囁いていた時、わざわざ大妃が

「王妃は知らないほうがいい

と言ったことが今回の事件につながっていたことぐらい、どうして気づかんのでしょうか。ま、そういう鷹揚さ(悪く言えば鈍い)だけはお育ちの良さが全開でござるね。でもユジュンが大妃にイニョンのことを頼んでいたのを「立ち聞き」してからはさすがに気づいたのでしょうか。ま~お行儀の悪い。と、おばさんは生来の口の悪さが全開でござる


粛宗はヤン・ゴンにオクチョンの乗った馬の状態を調べさせていたようなので、その馬が何かを与えられていたことにも気づいていたようです


母上が私の子どもを殺したっ!!


怒り心頭に発した粛宗は、大妃の前で王妃に、オクチョンをに任命するよう命じました


オクチョンは子どもを産んだも同然だ。これ以上私に言わせる気かっ!?殺したのは誰だっ!!


ここでイニョンが、たとえ懐妊していたことが分かっても、掟は掟だから馬に乗せたという神経がまず分からんですよ。だから

「シベリアの凍土のように冷たい子宮

だなんて言われちまうんですよ。お、ちと脚色が過ぎましたかな


粛宗がオクチョンの所へ行って、余計なことは何も言わずに約束の服を贈る時が来たと言ってくれたシーンは嬉しかったですね~ようやく念願叶いました(≧▽≦)


賤しい身分も何もかもすべて洗い流せる、誰にも決して文句を言わせない最高位=正一品の禧嬪の地位を粛宗はオクチョンに与えてくれたのです。ちなみに嬪の前についている「禧(ひ)」という文字は「喜び」を表していることから、王から最も深い寵愛を得て喜ばしいという意味合いがあるそうです


これをまた覗き見しているイニョンは、もはや気の毒というより礼儀知らずではないでしょうか。いや、これがいつも「掟」や「礼儀」にうるさい人じゃなかったら、おばさんもこんなイケズは言いませんよ~。本来なら、正室である仁顕王妃様をひいきにしたい方なのですからね


「そなたが産んだ長子を世の跡継ぎにする


粛宗にそう約束されたオクチョンは幸せいっぱい夢いっぱい~になるところだったはずが、またしても大妃の陰謀によって地獄の底に突き落とされてしまいます。大妃はまたしても宮中の掟を持ち出し、

側室が産んだ子供は全て王妃の子どもとして育てる

とオクチョンに申し渡したのです。これもまた

「冷たく凍った畑にどんなに良い種をまいても芽が出ぬ

と言われた王妃にとっては慰めとなる良いしきたりなのでしょうが、こ~んな性悪ふたりに、気高い愛の証が奪い取られるかと思うと、黙って見ている訳には参りません


大妃がしおらしくオクチョンに「懐妊」のための薬を飲ませたりするから何事かと思ったら、ここにはこんな下心が隠されていたのでござるお~怖っ


でもこれでオクチョンの本気に拍車がかかったというものです。弱々しい大妃が相手では戦えないとの心配は全くの杞憂に終わってしまいました。


私がこれから何をしたとしても、それは全て王様への愛がなせる業


そう語っていたオクチョンを、たとえ末路が分かっていても最後まで精一杯応援して参りましょう張禧嬪、頑張れ~!( `ー´)ノ!こうなったら、ヒョンにも目いっぱい働いてもらわねば!!


チスがここにどう絡んでくるのかも見ものでござるねチャン・オクチョンは、今週の放送も盛り上がっていきそうです~明日の「毒入りの夜食」も楽しみですチャン・オクチョンが見逃せない(^^)/



OSTもなかなかです~


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.