2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

インス大妃のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: インス大妃 あらすじと感想一覧(全60話)


韓国ドラマ・【インス大妃】の12話は「決戦前夜」です。今これを書こうか、それとも続きを見ようか、心が揺れているところでござるが、書く方に集中して、続きは夜楽しむことにいたしまする。以下ネタバレの簡単なあらすじですインス大妃のあらすじ行きますよ~(^^)/


ついに首陽大君がキム・ジョンソを討つ日を決めました。ハン・ミョンフェが用意した殺生簿には、実の弟「安平大君」の名前もありましたが、実弟を殺すような非道な真似はどうしてもできないと首陽大君が突っぱねたことから、ミョンフェはこの名前を棒線を引いて消してしまいます。(


決起は満月の前の上弦の日とする!


満月では明るすぎ、下弦の月では暗すぎるという用心深さこそ、いかにも首陽大君の性格を表していますよね


この時、妻ジョンの懐妊を聞かされて大喜びで父に報告しにやってきたトウォン君が、外でこの話を立ち聞きしてしまいます父上がついに決起なさるのか!


「キム・ジョンソだけだ。決して王様を傷つけはせぬ


父のその言葉を今は信じるしかなさそうです。


この首陽大君が、昨日のおばさんの戯言を耳にしたとは思えませんが、今日はえらくキム・ジョンソを誹謗中傷していましたね。それほどジョンソが独裁的だったというのなら、その事例を具体的に挙げてくれればもっと分かり易いですのに


安平大君がキム・ジョンソの所へやってきて、領議政のファンボ・インをさっさと解任し、キム・ジョンソが領議政になって、自分に左議政の地位を譲れと言った際も、むしろこれを諌めていたほどなのです。そんなことより、謀反の疑いをかけられぬよう、私兵を始末する方が先だ、と。


一方、その懐妊したジョンは(おそらくはこの決起のこともあって)さっさと実家に里帰りをしたようです。ジョンはさすがに末っ子だけあって、父ファン・ファクのお気に入りなのです。このふたりのやり取りがなんとも微笑ましいのですよね


実家に帰った時ももちろんですが、これ以前に、義妹セソンの舅となるチョン・インジが首陽大君宅にやってきた際、こちらはなんとかジョンの力になりたいと顔を見せたファン・ファクとのシーンが忘れられません


ジョンが実家から母の残した財宝を根こそぎ持ってきたことを詫びると、これを笑って許すファクなのです。お前のためなら、たとえ家の柱であっても喜んで持ってくる!優しいお父ちゃんだな(^◇^)


そんなどこまでも優しい父に対し、インジが罵声を浴びせかけたのを、ジョンは決して許せません。インジはファクを、

「明に姉を売り渡した恥知らず!

と罵り、自分の事もまた、大切な息子を王族に売り渡したと毒づきました。大王世宗でのチョン・インジ(イ・ジヌ)は、実に温厚そうな人でしたのにね


その後もファクが、何事もなかったかのように自分を快く迎え入れてくれた首陽大君に、明国からの朗報を聞かせても、ジョンはずっと押し黙ったままでした。ファクは、首陽大君の決起を心配し、それとなく明国に打診してくれたのだそうです。すると、たとえ政変が起きても問題はないとの返信が来たのだとか


よくぞ我慢したな


ずっと我儘放題に育ったジョンが、父が目の前で侮辱されても黙って耐えたことを褒めるファクが、なんとも優しくて泣けてしまいました。ジョンが「つわり」を理由にして実家に戻った時も、まったく問題が無いというのに、わざとげえげえやってみせるとファクが大慌てするのも実に微笑ましかったです


子どもを産んでも王室のお荷物にはしたくない。この子を王にしたい


そう語るジョンと、父に甘えるジョンのこの二面性が、なんともいえぬこの人の魅力なのかもしれませんジョンが実に魅力的♪


そして今回もまた、ジョンは宮中でソンイに遭遇します。ジョンが、セソンの婚姻の報告で、家族とともに王室に上がった際、つわりで倒れてしまったため、本来は「王妃」が住まうという西温突に寝かされたというのもなんとも象徴的でしたね


そこへ、ジョンの世話をしにやってきたのがソンイです。


ソンイは、将来はここで王様のお世話をするのが夢だと語り、ジョンが自分のことを覚えていないのをいいことに、私との約束を守ってほしいと嘘をつきます。私が尚宮様達に苛められたら助けてやるとおっしゃってくださいました!


ようやくソンイのことを思い出したジョンが、その言葉が偽りだと知っても、

「なかなかやるな

と思っただけで、特別不快には思わなかったらしいのが印象的です。


ジョンが子供を身ごもったことで、ユン氏(この人も坡平尹)がジョンに嫉妬しているように、ジョンも、相手が愛しい我が子の嫁になると、このような理性的でおおらかな見方はもうできなくなってしまうのでしょうか。


さあもう今頃は首陽大君が、ほんのわずかな100名ほどの手勢を率いてキム・ジョンソと戦っているはずですインス大妃は本日放送の「孤独な奇襲作戦」を見るのが心の底から待ち遠しいですインス大妃も楽しみです(^^)/


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.