このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

輝いてスングム
 家族モノ・ホームドラマ

輝いてスングム あらすじと感想 第20話 子役時代とはお別れです

韓国ドラマ輝いてスングムの20話は「ソウルの市場で」です。ここでついに楽しかった子役時代とはお別れとなりました皆可愛かったな~(^◇^)。以下簡単なネタバレのあらすじです輝いてスングムのあらすじ行きますよ~(^^)/


この20話ではまずウチャンの父=カンの置手紙が発見されました。トックオンマから、父がウチャンのために金を預けていったことを聞いたウチャンが、慌てて旅籠に戻ってきて、カバンの中のノートの間に挟んであったのを見つけ出したのです。そこには

明日は正月だから、家族みんなで祝えるように迎えに行ってくる。でももし万が一父が帰らぬことがあれば、必ず人参を売って金を作るんだぞ

と書かれていました。


そこに戻ってきたスボクは、カンはきっと生きていると励ましてくれましたが、ウチャンは不安でたまりません。大切な人参の種をスングムにあげたのも、これを売って金に換えることが、父の死を肯定するように思えて嫌だったのだそうです。


ここでウチャンは、なぜスングムに真実を告げなかったのだと聞きました。スボクは、ヨニが死んだことにでもしなければ、自分が耐えられないからだ、それはスングムも同様だと答えます。


う~ん、それはあくまでもスボクの考えであって、スングムは違うとおばさんは思いますけどね。ヨニが実母だとは教えられなくても、生きてはいるけど事情があって母子の名乗りができないと説明すれば、賢いスングムなら納得できただろうし、母がどこかで元気に暮らしているという希望を持っていられたと思うんですが。


それでもスボクの心情を理解したらしいウチャンは、黙ってこれに反論せず、その代り、スングムとともに「人参の種を買ってくれたヨニ」に種を届けに出かけると提案しました。これがまた泣かせる話なんですが、ウチャンは、真実を知ることができないなら、せめてスングムとヨニにふたりきりの時間を与えたいと考えたようなのです


その証拠に、ウチャンはセウン堂には行っても部屋の中には入らず、外でひとりで待っていました。スングムとの別れを決意していたヨニは、突然のスングムの出現に驚くも、それはそれは嬉しそうにスングムを歓待しようとしたのがまた涙を誘いましたね


本当のことを言うと、若奥様が私のお母さんかと思ったことがあるんです


恥ずかしそうにそう言ってニッコリと笑うスングムを、どうしてヨニがまともに見ていることができましょうか


もうすぐセウンを出ていくと語ったスングムは、ここが故郷のように思えてならないと付け加えます。スングムにとって、これほど長居をした土地はこのセウンが初めてだったのだそうです。


戦争が終わって農家が戻ってくれば、人参の種を植えることができる。そうすれば、自分に似ているとカンが言ってくれた「人参の花を見られるかもしれない。


私は行商人だから、あちこち回ってまたいつか必ず戻ってきますまた必ずお会いできます!


一方、庭で待っていたウチャンには、ちょうど帰宅してきたチスが声をかけてきます。カンの安否を尋ねたチスは、自ら語るに落ちそうになりながらも、そこは年の功でごまかし、ウチャンが心配だから、セウン堂で一緒に暮らさないかと切りだしました。さすがに良心がとがめたのでございましょう


でもウチャンはこれをキッパリ断ります。もちろん真相に気づいた訳ではないでしょうが、きっと第六感が働いたのでしょうね。この男は胡散臭い~決して信用してはダメだ


とはいえここは、チスが昔馴染みからは「優しい坊ちゃま」と呼ばれていたというのは大いに頷けるシーンではありました


その後、ヨニへの挨拶を済ませたスングムが、ウチャンは先に帰ったと「意地悪なジンギョンに嘘をつかれて帰り道を急いでいると、その途中に、旅支度をしたスボクが待ち構えています。スボクは一刻も早くヨニから離れたくて、スングムとそのまま旅断つことに決めたのです


皆にお別れを言うことはできないの?


これまで何度も繰り返してきた出会いと別れでしょうが、先にも触れたように、このセウンでの出会いはスングムにとってかけがえのない宝だったため、その寂しさもひとしおだったことでしょうスングムが可哀想だったなあ(;´Д`)


唯一、途中で出会ったジョンスにだけは別れが言えたのは何よりでした。スングムがウチャンにさえ黙って旅立つと聞いたジョンスは、

俺もウチャンも一番寂しい時に行ってしまうなんてどうしても行くのか!?

と悲しみながらも、スングムにもどうしようもないことなのだと悟り、黙ってスングムを抱きしめて別れを惜しんだシーンが脳裏にこびりついて離れませんジョンスオラボニ~また会おうね!


そのウチャンは、旅籠に戻るとスングム親子の荷物がすっかり消えていたことに愕然としてしまいますとうとう行ってしまったのか!?。スボクが怒って置いていったスングムの髪留めを手に取っていつまでもいつまでも泣き続けていた姿がなんとも哀れでございました


もし私が朝いなくなって、夜になっても戻らなかったら、それが「別れ」ってことだから


そう行商人同士の暗黙の了解について教えてくれたスングムの言葉を思いだし、ウチャンはこれがその別れなのだと思い知ります。


またいつかきっと!必ず会えるよ!( `ー´)ノ


皆が皆きっと心にそう誓ってから数年が経ち、ついに戦争が終わって、皆は大きく成長しました


スングムは相変わらず、問題を起こしがち?なスボクとふたり、行商生活を続けていたようでしたが、ウチャンはなんと「密売人」と化してしまっています


そのウチャンを、いなくなった弟=ヨンスの代わりに何くれとなく面倒を見ているらしいジョンスは、薬について独学で勉強し、なんと薬局を作るまでになったそうです~その名も「ヨンス薬局」。でもその費用の工面はウチャンも協力したようです。


そのうち、ウチャンとスングムが再会したのが、副題となった「ソウルの市場」だったようですが、すっかり変わってしまった相手を認識することができず、互いを「ライバル視」してしまいました。あれで相手がジョンスだったら、案外気づいてくれたかもしれんのに。


まあ何せウチャンはスングムの髪留めを持っているでしょうからね~。成り行き上ウチャンの荷物をそれとは知らずに預かったスングムが、その中から髪留めを発見する、のかしらん


また今回おばさんが大喜びしてしまったことがあります。なんと、成長したトックを演じていたのが、あのボクヒ姉さんで大いに楽しませてもらったホン・ベック=ペックおじさん(チョ・ソンヒョン)だったのですいや~若い( *´艸`)!いや~あのペックおじさんが、ポンダルの息子になるなんて大笑い!トックオンマはポンダルと一緒になって、今では不動産屋の奥様に納まっているそうです


ジンギョンはもうすぐ結婚するそうで、ヒャンジャは相変わらず、見えを張って詐欺まがいの行為を続けていました。ヨニの産んだ子ども=ジェイルもだいぶ大きくなっていたようです。


ずっと楽しませてもらった子ども時代に別れを告げて、これからは大人のキャストを楽しんでいこうと思います。何せ次回「輝いてスングム」の副題は「とんだ再会」ですからね。今から放送時間が待ち遠しい限りでござる輝いてスングムが楽しみ♪


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は輝いてスングムのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング