2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

インス大妃のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: インス大妃 あらすじと感想一覧(全60話)


韓国ドラマ・【インス大妃】の13話は「孤独な奇襲作戦」です。これはまた緊迫感があって実に面白かったですね~インス大妃が面白い(^^)/。しかもあのような「手違い」があったとは!?以下ネタバレの簡単なあらすじです今日もあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


決起の日を迎えた首陽大君は家族の前で別れの盃を交わしました。ジョンがその場にいたのは呼ばれたからではなくて、おそらくは、サモル(ファン・ヒョニン)の恋人?が知らせてきたために、ジョンが自ら駆けつけたものと思われます。なぜなら、首陽大君は、

自分にも酒を注いでほしい

と語ったジョンに、

おまえは生き延びろ

と言ってジョンの願いを無視したからです。それはそうですよね~まだ若い嫁が、しかも懐妊したばかりだというのに、謀反の罪で巻き添えを食うことになったら可哀想と思うのは当然です


でも、今やジョンもまた立派な家族の一員と見なしている姑のユン氏は別でした。ユン氏は、夫には、まず「鎧」を下に着こませてから官服を着用させ、家から送り出すと、ジョンに懐剣と毒の入った容器を差し出し、いざとなったら立派に自害するよう命じます。奴婢の身分に落とされるぐらいなら潔く死んだ方がましだ。


ジョンは、死ぬことを怖れてはいないけれど、こんなところで死にたくないという気持ちの方が強いようです。渋々毒を受け取っていきますが、まだまだ諦めてはおりません。何としても首陽大君に王になってほしいのです


一方のトウォン君はここに来てようやく父と命運を共にしようと決意し、自分もまたキリリと戦闘服に身を包んで一緒に出かけようとしました。が、首陽大君の計画自体、お供が多くては失敗の確率が高くなることもあり、家にいて家族を守れと命じられてしまいます。


その作戦がまたなかなか見事な物でした


首陽大君はただ一人イム執事だけを連れてキム・ジョンソの家を訪れます。わざと帽子の羽を片方落としていたのは、キム・ジョンソ親子を油断させるつもりだったようです。立派な図体をした大人が、しかも、謀反を考えている人間が、のんびり羽が片方無い帽子をかぶっているはずなどないからです。その姿は誰の目にもきっと実に滑稽に映るのでしょう


いやいやどこかで落としてしまった


そう言って自分のうかつさを詫びている首陽大君を見たスンギュはすっかり油断して、イム執事は外で待つよう命じたはずが、うっかり中に通してしまいます。この辺はなかなかうまかったですね~


そこにジョンソが出てくると、やはり帽子のことを気の毒に思い、スンギュに別の帽子を取ってくるよう命じます。その代わりに自分の帽子をと差し出したジョンソに、首陽大君は、

「安平大君に謀反の動きがあるから、至急王宮に来るよう王命が下った

と嘘をつきました。その書状を探すふりをして時間を稼ぎ、スンギュが家の中に入ったことを確認した首陽大君は、自分が本日、キム・ジョンソを討つと書かれていたらしい書状をその本人=ジョンソに差し出すのです韓国語が読めないから分からんのが悔しい(;´・ω・)


下弦の月の明かりでなんとかこれを読もうとしたジョンソがついに、自分は今、命を狙われているのだということに気づきます。


私を殺しに来たのかっ!?


これを合図?にイム執事が隠し持っていた鉄槌でジョンソを殴りつけました。血だらけになって倒れ込んだジョンソの姿に、帽子を片手に家から出てきたスンギュが慌てて駆けつけてきますが、こちらもまた、敢え無く殴り殺されてしまいます。


この気配に屋敷の家来が感づいて出てくると、こちらは満を持して、ミョンフェが用意した私兵がその姿を現しました


キム・ジョンソを討ちとったぞ!首陽大君をお迎えしろ!!決起は大成功だ!( `ー´)ノ


一足先に訓練所に向かった首陽大君は、家にはいられずそこで待機していたらしいトウォン君たちと合流し、急ぎ王宮へと向かいました。が、そこではなんと、オム・ジャチの策略により、門が固く閉じられてしまっています。もちろん、ジャチにはあらかじめ、今夜キム・ジョンソを倒す旨は伝えてあるにも関わらず~です


おのれ~!邪魔なキム・ジョンソを討つのに私を利用しておいて、すべての罪を私一人にかぶせるつもりだったのか!?出てこいっ!許さんっ!!(`・ω・´)


怒り狂って刀を振りかざす首陽大君を、トウォン君が必死に押しとどめます。中に王様がいらっしゃれば、必ず開けてくださるはずです


でもその王様もジャチの側にいるんですよね~ぶるぶる震えながら、ですが


一方、ミョンフェは部下たちに、今後は殺生簿に従ってことを運ぶよう命じました。内官を集めて大臣たちを呼びに行かせたのも、その中から、信頼できる者とできぬ者を選別する=後者は殺すつもりのようです。その内官の中でも、安平大君のスパイをしていたキム・ヨンは早々に殺されてしまいました。


が、その過程において、なんとなんとキム・ジョンソが生きているという情報が飛び込んできます。兵判の家にジョンソの使用人がやってきて、重傷を負って大変だと騒いでいたというのです。まったく、もっと早く言えって話でやんすよ


キム・ジョンソが生きていたらすべてが水泡に帰してしまう!!


急ぎ人を遣ってジョンソの息の根を止めようとするものの、その頃ジョンソは使用人に背負われて、次男のスンビョクの屋敷に向かっていたようです。


もう後戻りはできぬ~矢は既に放たれた!


さ~今日はいったいどうなりますことやら?ジョンソを捕まえることができるのか?


この緊迫した展開の中、ひとつだけホッとしたシーンもありました。それは、決起の影響が尚宮や内官にも及ぶと小耳に挟んだソンイが、急ぎチェ尚宮のもとに駆けつけて、くれぐれも注意するよう促したのです。


尚宮様は私にとっては母も同然


この子も野心が異常な程に強いだけで、ちゃんと人を思いやる気持ちも持っていたのですね~


今日のインス大妃は「王を守る者」だそうですよん。続きもとっても楽しみですねインス大妃が楽しみ~(^◇^)


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.