このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

奇皇后 あらすじと感想 第9話 「同胞の絆」でパトルに注目!

奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~全51話 あらすじと見どころ


ハン・ジウォンさん主演の奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~】の9話は「同胞の絆」です。以下簡単なネタバレのあらすじです奇皇后のあらすじ行きますよ~(^^)/


今回は、ワン・ユはスンニャンを、そしてスンニャンはワン・ユを思い出しながら、互いに自分を励まし合うという手法がとられていました。その中の主題となったのが「同胞」との絆のようです


まずスンニャンは、父キ・ジャオの悲惨な最期が頭を離れず、何としても仇のタファンを討とうとその機会を狙っていました。タファンに顔を見られた時も、タファンが〇ホだったため、気づかれずに済んだようです


何とよく似た女子だ!でも、おまえよりスンニャンの方がずっとずっと美しかった!!


いったいどこまでア〇なのかと思う一方、ここまで〇ホ=純真だからこそ、後にスンニャンがタファンを選んだのかと思わずにもいられません


皇太后が無理矢理、高麗出身の女官=パク・オジン(ハン・ヘリン~グムファ@あなただけよ)をタファンの「お手付き」にさせたため、オジンの侍女に任命されたスンニャンは、後は機会を待つだけです


そしてついにその時がやってきて、スンニャンが寝ているタファンの喉に金属の箸を突き立てようとしたその時、オジンがこれに気づいてひそかにスンニャンを押しとどめました


あなたがどんな事情を抱えていても驚かないけれど、もしここで皇帝を殺せば、高麗出身者が皆殺しにされてしまう。


さすがのスンニャンもそこまではまったく考えが及ばなかったようです。が、自分の父母を殺した仇を討てれば同胞のことなどどうでもいい、とまでうそぶきます。


でもそれも本心ではなかったため、夢の中にユが現れ、戒められてしまうのです。同胞を苦しめるような真似はしてはいけない。


そうそう、どんなに必死で言い訳をしてみたところで、自分の良心をごまかすことはできません。タファン殺害によって多くの同胞が殺されたら、今度はスンニャンが彼らの「仇」となってしまいます。それはスンニャンの本意ではないとしても、タファンもまたキ・ジャオを好きで見捨てた訳ではないのです。自分と同じように苦しむ人間を、誰よりもその辛さをよく知るスンニャンが作るはずもございません


オジンが奇しくも語った言葉~無念を晴らすには、ここで誰よりも強い権力を握るしかない~が、最終的にスンニャンを奇皇后に導いていくことになるのでしょうかそれで王様は振られちゃうのか(;´Д`)


一方のワン・ユもまた「同胞」に苦しめられておりました。その筆頭がヨム・ビョンスで、これはもはや同胞とは言い難いク〇野郎でございますが、でもビョンスがあれほどひねくれてしまったのも、元はといえば、高麗があまりにも弱体化したからなのですものね


卑怯なビョンスは、木刀での試合において、自分だけその中に鉄を仕込んでユを滅多打ちにします王様が死んじまうっ!( ;∀;)。鉄の棒で頭を叩かれたユが死なずに、そして降伏せずに済んだのも、すべて愛しいスンニャンのおかげです


ここで諦めてはなりません!もう一度立ち上がるのです、王様っ!!私との約束を守ってください!!


スンニャンの幻に励まされたユがビョンスを拳で滅多打ちにすると、その行為が卑劣だと咎められてしまいます。これは剣術の勝負だから素手で殴るのは認められないというタブジャヘも、またなんてマヌケなんだか


「卑劣な手段を用いたのはコイツの方だ!これを見ろっ!!


木刀の中に鉄が仕込まれていたのを見た高麗勢は一斉にこう叫び始めます


殺せっ!殺せっ!!手を緩めるなっ!


ビョンスが降伏しようとしてさえも鳴りやまないこの「殺せコール」には、さすがのビョンスも愕然としてしまったようです


こうしてユは勝利の旗を手に入れ、ついに高麗勢の指揮官として認められました。同胞たちもまた、以前のようにユを頼るだけではなく、ひとりひとりがベストを尽くしてともに戦うと決意します。が、この「結束」に不安を抱いたタブジャヘが裏で手を回し、ビョンスを副官に任命してしまいます


ここでペガンが、この勢力争いには一切興味が無いのがなんともヤキモキさせられます。あ~早くユがペガンの心をシッカリつかむような手柄を立てないかしらねペガンとユがタッグを組まんかな~( `ー´)ノ


と思っているところに飛んで火にいる夏の虫が現れました。チュルクです。その総大将は「パトル」という仮面をつけた人物ですが、昼夜関係なく奇襲してくる「パトル」はひとりではない、とただ一人ワン・ユだけが気づいたようです。それをどうユが利用するのかは、まだサッパリわかりませんが


ユをリーダーに迎えてようやく結束を固めた高麗勢が、罠を仕掛けたりその腕を磨いたりするシーンはワクワクしてきちゃいます。あ~やっぱりおばさんは戦ものが好きだわ。今後このチュルクがもっと絡んでくるといいんだけどな


自分がその気になれば、タファンを自分のチマの中に入れられると豪語していたタナシルリも、今回はあっさり皇太后にしてやられてしまっていましたまずは皇太后の一勝♪。なんとオジンが早々と妊娠してしまったそうなのです


これまで余裕たっぷりだったタナシルリが自分の劣勢を知ってどうでるか女官を皆殺しか?、それを皇太后がどう迎え撃つのか負けてないよ~(^^)/、その中で、今回高熱のためタファンの腕の中に倒れ込んでしまったスンニャンは、どうやって無念を晴らしていくのか


来週は「試された信義」だそうです。奇皇后は続きもとっても楽しみですね


奇皇后 韓国ドラマ・ガイド 第1巻 (講談社 Mook)
『奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~』 オリジナル・サウンドトラック

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
お久しぶりです。
今視聴中の唯一の韓国ドラマです。

俄然面白くなってきましたね。スン・ニャン役の女優さんは紙の毛を下ろした方が断然可愛いですよね。すごく好みです(笑)。
タナシルリの女優さんも可愛くて役がらも面白いですよね。ただかなり整形しているみたいです(笑)。

ヨム・ビュンスは高麗人なのに許せないやつですね。この俳優さん、善徳女王のミセンの時も憎たらしい役でしたが、他で良い役がらはあるのでしょうか?顔はモロ悪役ですから無理そうですが。

忙しですが、またたまにお邪魔します。
私は好きです( *´艸`)
加藤研治さん、こんにちは~♪
またお立ち寄りいただけてうれしいです~。

奇皇后もなかなか面白いですよね~。
そうそう、ハン・ジウォンさん、可愛いですし。

タナシルリは、ほ~あの顔で整形!?(゜o゜)(v-435

ふふ、ビョンス役のチョン・ウンインさん、私は大好きですよ~。
まあ、役は悪役が多くて気の毒ですが(そこは同感ですが・笑)
良い役もありますよ~顔は悪いけど心の優しい役v-254
そのギャップがまたいいんですわv-411

加藤さん、お忙しそうで大変ですね~。
くれぐれもご自愛あそばして、
どうぞまたいつでも遊びにいらしてくださいね(^◇^)。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング