2017/10
<<09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>

藤山直美さん、寺島しのぶさん共演の最強のオンナを視聴しました。これは期待通り実に楽しかったです。特に藤山さんは相変わらずスゴイですね~。彼女独特のとテンポの良い台詞にはぐいぐい引き込まれてしまい、最後にはおばさんまで

「みどりさんに会えてよかった。ありがとう!みどりこそまさに最強のオンナ(^^)/

と言いたくなってしまったほど。以下このふたりの「最強のオンナ」たちが繰り広げた実に心温まるヒューマンドラマの簡単なネタバレのあらすじ感想文です最強のオンナのネタバレあらすじ行きますよ~(^^)//


自称、女風来坊の福田みどり(藤山直美)が、今や全国に99店舗を誇る洋食チェーン店「ミレニアム・コーポレーション」の女社長=桐山玲子(寺島しのぶ)に出会ったのは、そのミレニアムの1店舗の店員にみどりが応募したからでした。


年齢制限が35歳だったことから、いけずうずうしく「35歳」と名乗って面接に現れたみどりを、玲子が一蹴します。その顔で35歳だなんて私を馬鹿にするつもりっ!?


が、その時玲子の自宅から、専務の長谷川恭一(岸部一徳)に急ぎの連絡が入ります。玲子の娘の麻衣(鈴木梨央)が、またしても家政婦をクビにしてしまったのだそうです。いったい何が気に入らないのか、10日と続いたことが無いのだとか


「私、家政婦の免許持ってます私を雇わんと損するで~!


これ幸いと自分を売り込むみどりを仕方なく採用する玲子。どうせすぐに辞めるんだから、その間に新しい人を捜せばいいわ


ところがどっこい、難波のおばちゃんを舐めてもらっては困ります。みどりは、玲子から渡された業務マニュアルなど読むだけ時間の無駄だとほとんど読まず、マニュアルを読めという麻衣のいいつけも完璧ムシですまさにこんな感じでした( *´艸`)


何を言っても堪えない口うるさいみどりに麻衣はすっかり憤慨し、何が何でも即刻クビにしてやると誓っていたのですが、あることをきっかけに突如この麻衣の気が変わります


「社長さん、私、泡の出るお風呂、初めて入らしてもらいましたわ!気持ちよかったわ~(^◇^)


みどりはなんと、玲子が気に入っているジャグジーを無断で使ったばかりか、その風呂場に、自分の名前入りのヘチマたわしとタオルを掛けてきたのです


これで玲子がどんなにガミガミ怒鳴ろうと、まさにカエルの面になんとやらで、まったく動じないみどりを、麻衣はすっかり気に入ってしまいます。なんと麻衣は、母親と家政婦の悪口ノートをこっそりつけていたのです


翌日早速これを見つけたみどりは、すぐに麻衣を叱りました。おばちゃんはどうあれ、お母さんの悪口言ったらあかんで!


その後もまったく歯に衣着せぬみどりに最初は麻衣も閉口していたものの、次第にその正直で温かい人柄にどんどん惹かれてしまいます。みどりのペースに巻き込まれてきたと言った方が正解でしょうか。


「お母さん、みどりさんをクビにしないで。あの人といると寂しくない


本来であれば、玲子はこの麻衣の言葉に脳天をぶち割られたようなショックを受けるべきだったのだけれど、玲子はまだまだ気づきません。麻衣がこれまでどんなに寂しい思いをしてきたか、に


そしてついに決定的な出来事が起こります。みどりは、麻衣が学校でいじめられていた証拠、悪口の書かれた体操着をベッドの下から見つけました


どうやら麻衣は名門私立の小学校に通っていたようなのですけど、そこでは麻衣の家、つまり玲子は成り上がり者だと馬鹿にされていたようなのです。母親たちがそうだから、当然子供たちも麻衣のことを馬鹿にして、教師に分からぬようこっそり嫌がらせを続けていたようです


みどりはすぐに玲子に電話をしたのですが、玲子はその頃、チェーン店の売り上げが落ち続け、銀行の貸し渋りに遭うという深刻な問題を抱えていたため、

「急ぎでなければ後にして今忙しいんだけど

と答えてしまいます。これは麻衣に対しても口癖だったようです。こう言われてしまっては何も言えなくなって当然です。


「あんたはそれでも母親かっ!母親失格だ!


仕方なくみどりが単身小学校に乗り込んでいくと、案の定麻衣はまたしても同級生に苛められています。でもそんな現場を目にしたみどりが黙っているはずありません


「ちょっと、あんたたち、何してんのっ!!苛めたらあかん!


当然この後、教師やら相手の母親やらが出てきて大騒ぎになってしまうのですけれど、みどりは決して譲りません。だって、アタシは麻衣ちゃんが苛められているのをこの目でしっかり見たんだからっ!!


が、これが玲子の癇に障ってしまいます。あなたはクビよっ!今すぐ出て行ってちょうだい!!


ようやくみどりに心を許し、すっかり懐いていた麻衣が、これを聞いて泣きじゃくったシーンがまた可哀想でしたね~


「大丈夫、麻衣ちゃん。幸せのアメちゃんあげるから。これがあれば、辛いこと苦しいこと、み~んな飛んで行ってしまうから


みどりから母親失格の烙印を押された玲子でしたが、実はもう1つ、みどりに痛いところを突かれておりました。それは、玲子自慢のミレニアムの最大の売り=ハンバーグの味が落ちたことをみどりに指摘されたことです


玲子は、亡き夫が自慢のハンバーグを、どの店でも同じ味、そして低価格で出したいと、各店舗で雇っていたコックを解雇し、一括して工場で大量生産していたのですが、そのことにより、各店舗にあった個性が無くなり、魅力が落ちてしまったために、売り上げも下がったということを、

「経営のイロハも知らないガサツなおばちゃん」

に指摘されたのがまた悔しかったようなのです。だって、味が違いますもん


なんとみどりは昔、まだ玲子の夫が生きていた頃のミレニアムの味を知っていたのだそうです。その頃みどりには幼い息子がいて、その息子とともに最後に食べた料理だったから、どうしてもその味を大切にしたかったのだとか。


親子の思い出の味だったのです

みどりはその生来の気の短さから夫と喧嘩別れし、子どもとも生き別れとなってしまったそうです。その息子の拓也(千葉雄大)は今ではすっかりぐれてしまい、チンピラの手先になって万引きをするようにまでなっています


その息子を庇って、みどりは半年前に窃盗罪で逮捕されていたそうです。事情を知った玲子は、一旦は麻衣の誕生日をきっかけにみどりを呼び戻し、

「いつまでもこの家にいてほしい」(実際にはシャンペン)

と酒まで酌み交わせる仲になっていたみどりを、ついに解雇する決意をします。というより、みどり本人が出て行ってしまったのです。私はこんなところで働ける人間ではありません。私は母親失格、いいえ、人間失格です!


ここはもう麻衣同様悲しくてならんかったおばさんでしたが、その1年後、みどりは再び麻衣と玲子親子の前に姿を現します


麻衣たちは長谷川とともにミレニアムの101店目の候補地を見に、富士山の見える山梨県下吉田にやってきました。みどりに習って家事を覚えた麻衣が、玲子と一緒においしそうなお弁当を作ってきたのもいかにも幸せの象徴でした。


長谷川感激~♪

そこで聞こえてきた懐かしい声に聞き耳を立てる麻衣あの声はみどりさんっ!?


「幸せのアメちゃん!


なんとみどりは下吉田の駅前で、玲子を見習って?タコ焼き屋(屋台ですが)の社長になっていたのです!その上、拓也もこの店を手伝っていたようです。それもこれも皆、幸せになるアメちゃんのおかげでしょうか


欠点を抱えてもがきながらも逞しく生きていくふたりの「最強のオンナたち」とその友情、ふたりのDNAと生きざまを引き継ぐであろう未来の最強のオンナ=麻衣の可愛らしさをタップリ堪能させてもらいました。大満足です最強のオンナ~機会があったら是非ご覧ください(^^)/


~1つ書き忘れていたこと: みどりが玲子を指して「眉間がわに革のベルトみたいになっている」と言った台詞を思い出すたび笑いが止まらん


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
星の銀貨  
有り難うございました!

録画が途中で切れていてとても残念に思っていたので、結末が分かってとても嬉しいです。有り難うございました。

2014/10/16 (Thu) 13:38 | EDIT | REPLY |   
星の銀貨さんへ  
ご丁寧にありがとうございます♪

星の銀貨さん、はじめまして。

途中もなかなか面白かったですが、
最後に幸せシーンが残されていたので、
録画が切れていたのでは残念でしたよね~。

なんとかお役に立ててようございました^^。

こちらこそ、
ご丁寧にお声掛け頂きありがとうございましたv-22。こん

2014/10/16 (Thu) 16:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.