このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

軍師官兵衛
 NHK大河ドラマ

軍師官兵衛 あらすじと感想 第40話「小田原の落日」で官兵衛に惚れ惚れ

NHK大河ドラマ・軍師官兵衛の40話は「小田原の落日」です。これは演出だと分かっていても尚、小田原城に乗り込んでいく官兵衛には惚れ惚れさせられてしまいました。以下簡単なネタバレのあらすじです軍師官兵衛のあらすじ行きますよ~(^^)/


今回秀吉は、全国の大名の妻子を上洛させて京都に住まわせるという命令を下しました。これは江戸時代の参勤交代の走りなのか~とちとググって見ましたところ、実際には鎌倉時代から存在した方法のようです。実際に制度化したのは家光のようですが、秀吉も行っていたとは初耳でした


体のいい人質となった妻子たちをとりまとめることになったのが、茶々が大阪城に入るのに伴い聚楽第への転居を命じられたおねです。秀吉は、

「おねには大事な役目がある」

と言い、それもまあ事実ではあったのでしょうが、それよりも、愛人と正妻を一緒にしておいては何かとめんどくさいというのが本音ですよね


その後、ついに小田原攻めを決行し、自らも坂東(関東)入りをした秀吉は、そこに茶々を呼び寄せます。というのも、今回の戦は、北条の籠城をただひたすら外で待つという戦法だったため、退屈極まりないでいるところに、利休が茶々を呼んではどうかと進言したのです。これにより、捨て、あらため鶴松がおねの手にゆだねられたのは幸いでございました


秀吉のこの処置を不満に思った茶々が、

「北政所(おね)は信用できない

と秀吉に訴えますが、さすがの秀吉もこれは決して看過しません


おねを批判することだけは許さんっ!!


どこへ行っても、チャチャチャチャ、否()、茶々、茶々、鶴松、鶴松とうるさい秀吉でしたが、おねへの敬意と信頼だけは揺るがないというのはせめてもの救いです。そこまで失ってしまったら、もはや「サル」どころか「ケダモノ」以下になってしまいます


とはいえ、秀吉の傍若無人ぶりはますます激しさを増しています。それもこれも、光成が原因だ、今光成を排除せねば大変なことになると、あの利休でさえも官兵衛に訴えるほど。


その利休の予言は小田原攻めに置いても的中してしまいました


秀吉は、この小田原攻めでも官兵衛を軍師として尊重する姿勢は崩しません。たとえ光成が何を言おうと、必ず官兵衛にもその意見を求めます。


皆の前で意見を求められた際には光成を立てるそぶりを見せた官兵衛でしたが、その裏では、こっそり家康に助言するなどの配慮がまた心憎いですね。小田原までの道筋にある城下や道の整備等々、諸事準備を怠りませぬように。


これは良い忠告をもらったと喜ぶ家康と、遠くから官兵衛を睨めつけるようにしていた光成が実に対照的でした。案の定、この後光成は、家康が北条と手を組んで一気に謀反を起こすに違いないと言いだします。だから、家康の領地を避けて遠回りをするべきだと主張したのです。


これを受けて、家康にその気があれば、わざわざ金を掛けて道中を整備するはずがないと一蹴する官兵衛に対し、光成もまた、それが家康の手口だと一歩も引かぬ構えです。


「ここでわざわざ遠回りなどすれば、天下人としての器量を疑われ、世間の笑い者になってしまう


官兵衛の皮肉にカチンとは来ながらも、官兵衛の言い分を聞きいれる秀吉


秀吉側は、難攻不落と呼ばれる小田原城を攻めはせず、ただひたすら敵の兵糧が底をつき、戦意が喪失するのを待つという作戦を取っていました。そしてついに官兵衛は「その時」が来たと見極め、北条に降伏を促すよう秀吉に進言します。伊豆と相模の本領安堵を約束すれば、北条は必ずやそのご恩情に感謝するはず


これを渋々承諾した秀吉に、官兵衛は、督姫を氏直に嫁がせている家康こそこの役目に適任だと勧めましたが、狡猾な家康は、これを官兵衛に押し付けます。


でもここからが軍師官兵衛の腕の見せ所でございました。官兵衛はまずご機嫌伺いにと酒と肴を届けさせたのに、北条側は、まだまだ籠城できるという意味の「玉薬=弾薬」を送りつけてきます。面白い


単身小田原城まで馬を走らせた官兵衛は小田原城の門前で馬を下り、飛んでくる矢をものともせずに、城の中の兵たち皆に呼びかけます軍師官兵衛ここにあり( `ー´)ノ


「国滅びてはまたと還らず。死人はまたと生くべからず。方々、命を粗末になさるな!生きられよ!


これこそ軍師官兵衛の真骨頂でございまするね一番の見せ場でしょう(^◇^)。官兵衛が戦をするのもすべて「戦のない世を目指してのことなのですから


どうやらその頃北条内部でも「降伏」を勧める動きがあったようで、官兵衛はその者らと既に連絡を取り合っていたようです。


「天下のためにも、北条家を残すためにも、なにとぞご決断を!


こうしてようやく官兵衛が北条氏政を説得して降伏させたというのに、秀吉がまたしても官兵衛を裏切ります


自分に最後まで逆らった北条は決して許せぬと言いだした秀吉には、北条側から、秀吉ではなく官兵衛に贈物が届けられたことへの嫉妬もあったようです。その辺はぬかりのない光成が調べて秀吉の耳に入れたのでしょう


それに北条を許しては、今後家康と結託する恐れもあるとの憂いもあったようです。家康と縁のあった氏直は命を永らえますが、氏政は切腹を命じられてしまったそうです。そして北条の所領=関東一円は全て家康に与えられました。これで秀吉は家康を関東に追いやったつもりでいたのですが、それが家康にとっては幸いしていくのでござる


さて来週の軍師官兵衛は「男たちの覚悟」だそうです。自分を信じ、頼る者を次々と排除していく秀吉に天罰が下される日がいつになるのか、今からとっても楽しみでござりまする


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は軍師官兵衛のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
こんにちは。
こん様のサイト、楽しく拝読致しております。

このドラマで描かれている秀吉という人が、これまでとは違うように思っています。

『人たらし』と言われるほど、歩み寄って歩み寄って同朋にさせるという手口で描かれていた秀吉でしたが、このドラマで気付いたのは、『人たらし』の陰に官兵衛あり、だったのではないかという事です。
大河『天地人』では、その人たらしぶりがよく描かれていたように思いましたが、その時の秀吉とはあまりにも違う人物像なので・・・。

岡田准一さん、なかなかいい役者さんになりましたねぇ。
一段とイイオトコになった気がします。
あれで身長がもう少しあれば・・・天は二物を与えず・・・でしょうか。

長々とお邪魔しました<(_ _)>
同感です♪
ほりママさん、こんにちは♪
いつもブログをご利用いただいているとのことありがとうございます!

本当にここにきて秀吉がガラリと変わってしまいましたよね~。
私はこれまでのイメージ通りですけどね(;´Д`)。

書く人によって解釈はそれぞれあるのでしょうが、
少なくともこの脚本家さんは、ほりママさんと同じ考えなのだと思いますよ。

そうそう、岡田准一さん、現代ものは素敵だけれど、
時代劇はどうもな~と思っていたのが、実に堂に入ってきましたね(^^)/。

ふふまさに
「あたしゃもすこし~」ですよね~そこ激しく同感です( *´艸`)。

来週の放送も楽しみですね(^◇^)。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング