このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

奇皇后 あらすじと感想 第10話「試された信義」で分かったパトルの正体!

奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: 奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~全51話 あらすじと見どころ


ハン・ジウォンさん主演の奇皇后キファンフ)~ふたつの愛 涙の誓い~】の10話は「試された信義」です。以下早速ネタバレです奇皇后(キファンフ)のあらすじ行きますよ~(^^)/


この奇皇后の内容が単なる朝廷内の権力闘争だけだったら、そろそろちと退屈してしまったかもしれないのですが、辺境でワン・ユがチュルクとの戦を強いられているという2本立てがとっても楽しいおばさんです。しかもそのチュルクがなんと女=ヨンビス(ユ•イニョン~セラ@愛しの金枝玉葉)だったとは!?


まずはそのお気に入りの辺境からあらすじ行かせていただきますね


ワン・ユ率いる労役兵たちが仕掛けた罠にチュルクがかかり始めます。ついに姿を現したパトルとユの直接対決には、思わず手に汗握らずにいられませんユ、負けるな~っ!(`・ω・´)


パトルに重傷は負わせたものの止めを刺せなかったユでしたが、そこは万事抜かりなく、次の手を打ってきます。なんとユは、パク・シヌとチョンバギを間者としてチュルクに潜入させたのです。シヌに至っては髪を剃りあげて辮髪にするという念の入れようです。なんでも、シヌは「軍師」という設定だそうです。本当に、口だけはあきれるほど達者でござるやはりナニが口に集中してるのね~( *´艸`)


最初はふたりを胡散臭いと思ったらしいパトルあらためヨンビスですが()、とりあえずは二人を試すことにしたようです。さ~てユは、このふたりに何を指示していたのか、来週の展開が心から待たれるところです


そして今回、これまでヨンビスが昼夜を問わず襲撃した本当の理由も明らかになります。ヨンビスは、人間ではなくて「馬」を眠らせず、この気を高ぶらせることが目的だったようです


本来、元の人間は乗馬が達者なため、騎馬戦では向かうところ敵なし~なのですが、馬が使い物にならなければ、その能力も半減どころかゼロにも等しくなるからでしょう。気の立った馬に振り落されたタブジャヘのなんとまあ無様なことったら


このヨンビスの真意を見抜いたのは、ほかならぬユですさ~すが王様(^◇^)。ユの正体は知らなくても、ヨンビスがその能力を高く評価していたのも楽しかったな。今回の敗因は、ペガンでもタルタルでもない、異民族に恐るべき軍師がいるらしい!


と、ますます盛り上がってきた辺境編に続き、次は朝廷編に参りましょうか


こちらは相変わらず、タファンの寵愛をめぐって、タナシルリとオジン、そして皇太后がバチバチ火花を散らしております。その中で、もういっそタファンへの恨みは忘れ、ワン・ユに会いに行きたいと考えているらしいスンニャンが、最もそのタファンの気を惹いている構図はやはり楽しいですね


タファンは今回、スンニャンに高麗での出来事を明かし、自分に勇気を与えてくれた素晴らしい友=スンニャンの代わりをしてくれぬかと言ってきたのです。だ~か~ら~目の前にいるその女性がスンニャンなんだってば、と、ここはもう録音するか紙に書いて貼っておきたい気分でござるねタファン、いい加減に気づけ~(;´・ω・)


スンニャンは、タファンの肝煎りでタファンの世話係となりましたが、そんなタファンを見ていられず、後宮の下働きに戻してくれと申し出ます。スンニャンも、タファンが根っからの悪人だとはこれっぽっちも思っていないのですよね。ただただ、無念に死んだ父が哀れでたまらず、信じていたタファンが、いくら保身のためとはいえ、父を助けてくれなかったことが許せないだけなのです。


一方、娘で皇后のタナシルリが側室のパク・オジンに負けたと知ったヨンチョルは、早速タファンに娘を抱くよう命じます。でもどんなにタファンをけしかけたところで、たとえ寝所を共にしても、タナシルリは確か不妊の薬を嗅がされているため懐妊するのは難しそうです


そんなこととはつゆ知らないタナシルリは、何とかしてパク・オジン(もしくはお腹の子)を殺そうと画策します。お付のソ尚宮(ソ・イスク)が、それには高麗の女官を利用すればいいと提案し、最初にヨンファに白羽の矢が立てられました。


タナシルリはヨンファの「信義」を試すため、ある1通の密書を手渡し、そこには兵士と女官が密通した旨が記してあるから親衛隊長に届けるよう命じます。決して中を覗いてはならぬ~とキツクキツク言い含めて


「人は見るなと言われればますます見たくなるもの」


案の定ヨンファはその中身を読んで驚き、わざと池に飛び込んで、手紙をダメにしてしまったと報告します。なんとそこには

「この手紙を持っていった者を殺せ

と書いてあったようなのです。さすがに中身を見たと言えないヨンファは、ただひたすら泣いてこの任務を辞退しました。


そこでついに我らがスンニャンの出番です。何せこの「試験」は字が読めなければ話になりませんが、高麗出身で字の読める者はもはやスンニャンしかいないのです。


タファンから好意を示されていたスンニャンは気に入らないものの、そういう事情なら仕方ない~タナシルリはきっとこれもまたスンニャンを罰する良い機会だと思ったのかもしれません


が、そんな罠に引っかかるスンニャンではありませんよね~。もちろん中身は読んだものの、敢えてこの任務を「字の読める者」に命じたことこそ「試験」以外の何物でもないと察したスンニャンは、次の試験でこれを確信するに至ります。手紙を読んだ親衛隊長は、ここには謀反のことが書いてあると言い、誰が手紙を渡したか言わなければお前を殺すと脅したのです。手紙の内容が違うことこそまさに「試験」の証!


スンニャンは見事に沈黙を守りとおして、この試験を合格しました


「信義は守るべきものと教わりました


キッパリとそう答えるスンニャンに、タナシルリはパク・オジンに「薬=毒」を盛るよう命じますが?果たしてスンニャンはその命令を守るのか?


また、これまでず~~~~~っとスンニャンを男だと信じ込んできたタファンが、ここに来てようやく疑いを持ち始めたのは一安心です。タファンは、下働きのヤン(スンニャン)が元の権力者であるタンギセにもまったく臆することの無いのを見て、ようやくヤンこそがスンニャンなのではないかと気づくようです


来週の奇皇后は「だまし合い」だそうですよ~。続きもとっても楽しみですね奇皇后も面白い(^^)/


奇皇后 韓国ドラマ・ガイド 第1巻 (講談社 Mook)
『奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~』 オリジナル・サウンドトラック

これまでに視聴した韓国/中国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国・中国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は奇皇后~ふたつの愛 涙の誓い~のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング