このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

名探偵ポワロ
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

名探偵ポワロ 「カーテン~ポワロ最後の事件~」 あらすじと感想

海外ドラマ名探偵ポワロファイナルシーズンの最終回、つまりはこれが正真正銘の最終回はカーテン~ポワロ最後の事件~(Curtain: Poirot's Last Case)です。カーテン人生の幕引きというタイトルに相応しく、何とも感慨深い最終回でございました名探偵ポワロ~カーテンのあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ。以下早速、あらすじを語らせていただきます。後半はネタバレをしておりますので、結末を知りたくない方はくれぐれもご注意くださいますようにネタバレにはくれぐれもご注意ください(__)


まず驚いたのは、この「カーテン」に登場したポワロがすっかり弱っていたことです。どうやら心臓を患っているのか、車いす生活を余儀なくされていました。


長年ポワロに仕えてきた執事のジョージが後に明かしたところによると、ポワロは、それまで世話をしてくれた、ジョージを解雇して、新たにカーティスという世話係を雇ったそうです。体力はあってもおつむの方は鈍そうなカーティスを、なぜあのポワロが雇ったのか


そしてポワロは今回、昔殺人事件があったというスタイルズ荘に親友のヘイスティングズ大尉を呼び出します。おばさんは存じ上げませんが、ここは「スタイルズ荘の怪事件(The Mysterious Affair at Styles)」というポワロがデビューした作品の舞台となっていたようです


この忌まわしい場所で、またしても殺人が起きる!


弱ってはいても断固とした口調でそう語るポワロには、もう犯人の目星がついているようでしたが、何せ体が不自由なため、ヘイスティングズに情報収集を頼みたいというのです。


いかにもこのシリーズらしく、スタイルズ荘には皆それぞれに怪しそうな面々がずらりと顔を並べています。最後ですから、分かる範囲で全員紹介してみますね「カーテン」のキャストです


まずはアーサー・ヘイスティングズとその娘のジュディスでしょうか。ヘイスティングズは妻を亡くしていたそうで、奔放なジュディスをかなり持て余していたようです。ジュディスは今、Dr.ジョン・フランクリンの秘書を務めており、どうやら彼に雇い主以上の感情を抱いているように見えました。その一方でジュディスは、女たらしで有名なアラートンとも親しくしているようで、それもまたヘイスティングズを悩ませています。


そのジョンは今、アルカロイドを含むというカラバル豆を研究しているそうです。ジョンにはバーバラという、こちらも自由奔放な妻がいますが、健康状態が優れないと訴えている割に、男性関係はお盛んなようです。ジュディス曰く、バーバラはジョンの研究にはまったく興味が無いようです。


そのバーバラが秘かに交際しているらしいのが、ウィリアム(ビル)・ボイド・キャリントン卿です。こちらがまたかなりの女好きらしく、バーバラ付きのナース=クレイヴンにも食指を動かしていたようです


このスタイルズ荘を管理しているのは、ラトレル夫妻です。夫のジョージは感じのよい男性でしたが、妻のデイジーはかなりの締まり屋のようで、それがジョージの反感を買ってしまい、ついにはそのジョージに狙撃されてしまいます。でも命は無事だったようです。


またこの「カーテン」では最初から最後までショパンの「雨だれ」(再放送で確認済みです)がBGMとして実に静かに、そして効果的に使われていました。それを実際にドラマの中で弾いていたのが、エリザベス・コールという女性です。


このエリザベスも過去に不幸な殺人事件を経験していたそうです。なんでも、乱暴を働く父を見かねた姉のマーガレットが、その父=マシュー・リッチフィールドを殺害したのだそうです。おそらく、冒頭シーンで処刑された女性が、このマーガレットではなかったでしょうか。


そのエリザベスが好感を抱いていたのが、スティーブン・ノートンです。厳しい母親に育てられたため、その文感受性が豊かだとの言葉通り、実にそつなく誰とも親しくしていたようです


と、こういったメンバーの中、最初に遺体で発見されたのはバーバラですバーバラが最初の犠牲者。その遺体から夫のジョンが研究していたアルカロイド系毒物が検出されたことから、ジョン、もしくは、ジョンとの不倫関係が疑われるジュディスが怪しいと思われましたがジュディスが怪しい( ;∀;)、ほかならぬポワロ自身が法廷で、バーバラはうつ病のため自殺したと証言します


もちろんポワロはこれを信じていた訳ではありません。法廷で宣誓をしなかったので、嘘をついても偽証罪には問われないとはポワロ自身の発言です


そして次はノートンです。ノートンは自分の部屋でその手に銃を握りしめ、眉間が打ちぬかれた状態で死亡していました。部屋は密室だったため、たとえ撃ちぬかれたのがこめかみではなくても、これは当然自殺と判断されたものと推察されます。


と同時にポワロもまた亡くなってしまいましたポワロ死す!。全てのピースは揃った~あとはそれを繋げるだけだと語っていたポワロは、そのつなげる役目をヘイスティングズに託して旅立ってしまったのです


ポワロの死から4カ月後、ポワロからヘイスティングズに手紙が届けられました。そこにポワロは全ての真相を書き記していたのです。以下ネタバレです


まず、ポワロが「殺人鬼」として忌み嫌い、なんとしてもその悪事を暴こうとしていた「犯人」は、スティーブン・ノートンでしたノートンが悪魔!。ポワロ曰く、ノートンは

「心理的殺人教唆」

という世にも恐ろしい、しかし法ではなかなか裁けない罪を何度も犯してきたのだそうです。実際に手は下さなくても、他人に取り入ってその心をもてあそび、彼らを殺人に駆り立ててしまうとは、最も卑劣で許しがたい犯罪です


最初にスタイルズ荘のオーナー・ジョージがその妻デイジーを狙撃したのも、ジョージにわざとデイジーの機嫌を損ねさせるようノートンが仕掛けました。ノートンは、おそらくは見栄っ張りなところのあるジョージなら、客が

喉が渇いた

と言えば、これを満足させるために酒をおごると言いだすだろうと見越していたというのです。


それなのに、これ見よがしに夫をなじるデイジーに、プライドをひどく傷つけられたジョージは我慢がならず、つい引き金を引いてしまいます。


そして実はヘイスティングズも、ノートンに唆されて「殺人者」になるところをポワロに救われたのでした。ノートンは、さんざんアラートンの悪口をヘイスティングズに吹き込んだ上で、わざとジュディスとアラートンが逢引している現場を見つけさせ、その怒りを煽ったのです


ヘイスティングズはアラートンから貰った、量を間違えると死に至るという催眠剤を、アラートンのアスピリンの中に紛れ込ませてアラートンを殺そうとしました。


これをポワロが「鍵穴」から覗いていたというのには参っちゃいましたね。なんとポワロは決して歩けなくはなかったのだそうですよ。執事のジョージを解雇したのは、彼を騙すことは不可能だったからなのだとか。しかも、ここに来て、ポワロのトレードマークだった髭が、実は「付け髭」だったことを白状するポワロの、なんとチャーミングなことか


ヘイスティングズにホットチョコレートを振る舞ったのも、その中に催眠剤を混入し、一晩眠らせてヘイスティングズに理性を取り戻させようとしたのだそうです。期待通り、ヘイスティングズは翌朝自らを反省し、アラートン殺害を思いとどまったそうです


が、そのヘイスティングズこそ、故意ではなかったにせよ、バーバラを死に至らしめた犯人だとはこれまた驚きでございました。バーバラは、何とかしてビル・キャリントンと結婚しようと企んでいたらしく、そのためには夫のジョンが邪魔だったそうなのです。


そこでバーバラはあらかじめポワロに、ジョンが、研究材料の毒物で人体実験をするのではないかと心配だ、などとうそぶいて伏線を敷き、ジョンのコーヒーにその毒を入れていたのが、ヘイスティングズが偶然、そのコーヒーが載ったテーブルの位置を変えてしまったため、バーバラは自分でその毒入りコーヒーを口にしてしまったというのがからくりです


ポワロが嘘の証言をしたのも、ヘイスティングズや娘のジュディスを守ろうとしたからなのです。やはりジュディスは、アラートンではなくジョンと不倫をしていたのですね。実際このふたりは、後に結婚したようですが。


でもノートンは、この結末に大いに不満だったようです。今度こそ、自分が書いたシナリオ通りに事を運ばせたいと執念を燃やすノートンに気づいたポワロは、ついにその手を汚す決意をします


今回ポワロが何度か十字架を手に取り、あまつさえ、

「Forgive me」
我を許したまえ

と神に祈っていたようなのがどうにも気になって仕方なかったのですけれど、それがこの事を暗示していたのです。


I will excute you!
おまえを処刑してやる!


そう、ノートンの眉間を撃ったのは誰あろう、エルキュール・ポワロその人だったのです。これもまたドラマの中で何度か繰り返された言葉、

この世に存在する価値の無い害虫のような人間は殺されて然るべき

が暗示していた通りです。


ポワロは、ノートンを部屋に呼び、再び睡眠剤入りのホットチョコレートを振る舞いました。どんなに賢かろうと、ポワロには到底及ばないノートンはこれで眠らされ、ポワロに殺されてしまいます。もちろんポワロの事ですから、密室を作ることなど朝飯前です。


ただ1つだけ気になるのは、これもすべてノートンの筋書きだったのではないかということ。ポワロはヘイスティングズに、アラートンのようなクズのために殺人を犯し=一生を棒に振ってよいのかと言っていたけれど、ポワロもまた、人生の最後に、その手で「殺人」を犯してしまって本当に良かったのでしょうか。


ノートンもまた、ポワロという世にも冷静で賢い人間の心をもてあそび、

母親からも忌み嫌われた自分

に対して、実際に殺すほどの憎しみを植え付けたことに、もしかしたら満足していたのではなかろうか、と思うとなんともやり切れない思いでいっぱいになりました。愛憎は紙一重と言いますからね


それでもポワロは自分が早晩死ぬことを悟っていたから、

「これ以上不幸な人間を出さないため」

神に代わってノートンを成敗したのでしょうが


ピアノを弾いていたエリザベスだけでなく、アラートンもこのノートンが不幸に陥れた人間の関係者だったようです。


ずっと姉を信じていたと語っていたエリザベスには、ポワロから真相を聞いたヘイスティングズが

「姉に父を殺すよう仕向けたのはノートンだった」

と伝えてくれたのがせめてもの救いでした。また、アラートンに睡眠剤を都合してくれたのが、やはりノートンに唆された妻のコンスタンスにヒ素を盛られて殺されたレオナルド・エサリントンだったようです。


最後まで親友のヘイスティングズを思いやり、時には優しく揶揄しながら、最後の手紙を書いたであろうポワロの姿が目に浮かびますYou have lard for a brain~脳みその代わりに土が入っている=頭空っぽとか言われてました(;´∀`)。自分の行いに対する裁きは神の手にゆだねると書いたポワロの手紙はこう締めくくられておりました


Ah, Hastings, my dear friend, they were good days.
Yes, they have been good days.

Hercule Poirot


ああヘイスティングズ、親愛なる友よ。一緒に過ごした日々は素晴らしかった。
そう、本当に素晴らしい日々だった。

エルキュール・ポワロ


いかにも最終回に相応しいエンディングでした。なんとこの名探偵ポワロは25年間~四半世紀も続いたそうです。そのような作品を最後に少しでも語らせていただけたのは大変光栄でございました


名探偵ポワロ 全巻DVD-SET

これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は名探偵ポワロのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

ジョージ
はじめまして。
「カーテン」 あらすじ 大変 参考になりました。
ただ、 ジョージの父がポワロの執事だったのではありません。
歩けないフリをジョージには見破られてしまうため 暇をとらせ、ヘイスティングには「ジョージは父の具合が悪く看病するため 執事を辞めた」とポワロは説明したのです。
それで納得です
きたこさん、初めまして。

ああ、そういうことだったのですね~納得です。
なんだかあの辺の台詞が今一つ腑に落ちなくて、
でもまあいいかとそのまま書いてしまったのです(笑。

ご指摘ありがとうございました。上も訂正しておきますね。
助かりました(^^)/。こん
別れの曲
一度、見ただけでは分かりにくいところもありましたが、
あらすじをまとめて頂いて理解が深まりました。
ただ、ピアノ曲ですが、「雨だれ」でなく「別れの曲」だと思います。
最初、ヘイスティンフが山荘に着いたとき、ポアロは静かにピアノに聞き入っていました。ポアロがリクエストしたのでは、ないでしょうか。その後の展開、ポアロの死を暗示するかのような音楽でしたね。
ご指摘ありがとうございます!
ポリーさん、ご指摘ありがとうございました。

一応頭では分かっていたつもりなんですが(;´∀`)、
その時目に入った字幕が「雨だれ」だったのですよ(爆。
根がおっちょこちょいなのでよくやるんですよね~この手の大ぽか。

ドラマを見ている時は、まったくポリーさんと同じように感じていたんですけどね。
ああ、最後に相応しい曲だなあって(-_-;)。

訂正させていただきますね~本当に助かりました(__)。こん
さらばポワロ
 私はかなり初期のころから『名探偵ポワロ』という作品を観ていたのですが、まさに探偵ドラマの一大作品でした。おそらく現在のエルキュール・ポワロのイメージの多くはこの作品に由来するでしょう。

 最大の功労者はもちろんポワロを演じたデビッド・スーシェさん。小説の世界から飛び出してきたかのようなイメージ通りのポワロ像であり、素晴らしかったです。この方の演じたポワロは今は亡きジェレミー・ブレットさんのシャーロック・ホームズに比肩しうる存在だったと思います。
 余談ですがファンの間では「ポワロは禿げているのか?」という論争があるそうです。原作では今一つはっきりせず、映像化作品でも髪の毛があったりなかったりしています(映画『オリエント急行殺人事件』等では「ある」)。この作品は「ない」方だったので、今はそっちのイメージが極めて強いですが、今後新しいポワロが作られれば(当分は無理だろうが)、今度は髪がふさふさかもしれませんよ。

 もう一つ、吹き替えを担当された熊倉一雄さんの功績も大きい(確か今年で87歳になられるはず)。非常に温かみのあるユーモラスな演技で楽しませてくれました。私にとってもデビッド・スーシェのポワロは熊倉一雄の吹き替え以外は考えられません。作品完結は寂しいですが、熊倉さんが健在なうちに終わってよかったとも思っています(なお、ヘイスティングスの方は富山敬さんが95年に病没されたため、その後は安原義人さんに交代している)。
 なお、いわゆる「デアゴスティーニ版」は吹き替えキャストが全く異なるので、えらく不評だったと聞いています。声優は「花形」なようで実はけっこう軽視されることも多いのですが(「声だけの役者にすぎない」という考えが残っている)、極めて重要であることがよくわかる話です。
貴重な情報をありがとうございます♪
オーバーロードさん、こんにちは♪
またお立ち寄りくださいましてありがとうございます。

オーバーロードさんは長い間名探偵ポワロをご覧になっていたのですね~。
デビッド・スーシェさんは確かにポワロそのものですよね。

また吹き替えのイメージも大切ですよね~。
私も幼い頃は吹き替えで見ていたので、
日本語ならあの声でないと違和感が大きいと思います。

英語、ご本人の声はもう少しソフトですが、
雰囲気は似てらっしゃる気がします~デフォルメした感じでしょうか。

へ~ポワロは禿げているとばかり思っていました!(゜o゜)
そうですか~映画版では髪ありなのですね?
それは是非見てみなくては( `ー´)ノ。

楽しい情報ありがとうございました~。
また何かの折にでも色々教えて頂ければ嬉しいです^^。こん
追記
 映画版のポワロについて少し追記します。オールスターキャストで有名な『オリエント急行殺人事件』ではアルバート・フィニーさん、『ナイル殺人事件』など五作品ではピーター・ユスチノフさんが演じておられます(どちらも名優として名高い方)。なお、どちらも禿げていないし、ユスチノフ版ポワロは大柄で強そうです(「禿げた黒髪の小男」というポワロのイメージを大きく変えるかも)。

 驚くべきことはユスチノフ版の『エッジウェア卿殺人事件』においては、何とデビッド・スーシェさんが「ジャップ警部」の役で出演されているそうです。なかなか観られる機会はないかもしれませんが、私も一度観てみたいと思っています(ユーチューブとかに動画があるかもしれません)。この映画、今では「ポワロが二人いる」ように見えてしまうみたいですよ。それではまた。
それはお宝映像ですね♪
オーバーロードさん、ご丁寧にありがとうございます!

教えて頂いた俳優さんの画像検索をしてみましたところ、
どちらも「髭」はつけてらっしゃるのですね~(笑。
さすがに身長は実際の映画を見ないと分からないかな。

ほぉ~ポワロがふたり!などという素敵な偶然もあったのですか!

これまた画像検索をかけたところ、
いましたいました~髭の無いポワロが( *´艸`)。
今回の髭を外したポワロそのものですね~(^◇^)。
それがジャップ警部とは!v-9

またしても楽しいトリヴィアをありがとうございました(^^)/。こん
ピアノ曲
はじめまして。
とうとう名探偵ポワロが終わってしまいましたね。

ドラマで演奏されていたピアノ曲ですが、ショパンの前奏曲op.28-15「雨だれ」です。別れの曲ではありません。(当初は「雨だれ」と書かれていたようですが)

どうしても気になってしまい、突然の投稿お許し下さい。
もう忘れてしまいました(笑
MYさん、何度もお越しいただいたそうでありがとうございます。

ピアノ曲については、もうどちらだったか、
私自身が忘れちゃいました(爆。

記事は、これ以上ご指摘が無いよう
当たり障りなくしておきました(笑。こん
あの冴えない見た目のヒューが…
初めまして。

今年このファイナルシーズンが再放送されましたが、まさかノートン役はあの冴えないヒュー(ヒュー・ホーンビーム)を演じた方だったとは。

ノートン役のエイダン・マクアードルさんは、同じアガサ・クリスティー作品であるミス・マープルのジェラルディン・マクイーワン版「スリーピング・マーダー」の出演者で、ドラマオリジナルの登場人物であるヒュー・ホーンビームを演じていた方です。

「カーテン」と「スリーピング・マーダー」、「カーテン」はポワロの最終エピソードであり、「スリーピング・マーダー」はマープルの最終エピソードなので、妙な偶然を感じました。



ブログのご利用ありがとうございます
Meさん、はじめまして。
この度はブログをご利用いただきましてありがとうございました。

そうでしたか。
その役者さんにもきっと思い入れがあったかもしれませんね。

貴重な情報をありがとうございました。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング