このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

アンダー・ザ・ドーム(Under the Dome)
 ミステリー・リーガル・アクション・サスペンス

アンダー・ザ・ドーム シーズン2 あらすじと感想 第1話 贖罪

アンダー・ザ・ドームのあらすじと登場人物はこちらからご覧いただけます: アンダー・ザ・ドーム あらすじと登場人物、キャスト一覧


いよいよ【アンダー・ザ・ドーム シーズン2】が始まりました!第1話は「贖罪」、英語のタイトルは「Heads Will Roll」です。文字通り訳せば(切り落とされた)頭が転がる~ここはギロチンをイメージした方が早いでしょうか。その英題通り、なんとも血生臭いスタートになってしまいました。以下早速ネタバレのあらすじですアンダー・ザ・ドームS2のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


今回の注目点はずばりドームの意思を感じたことです。ドームはどうやら人間の「贖罪」を求めているようなのです。もしこれを拒否した場合は首が転がる、つまりは容赦ない制裁を加えるという確固たる決意を感じたのはおばさんだけではないでしょうアンダー・ザ・ドーム、シーズン2はかなり過激( ;∀;)


It's not too late. To learn the virtue of sacrifice.
今からでも遅くはない。犠牲という美徳を学べ


その手始めとして、誤ってピーターを殺してしまったものの、その後はずっと町のために尽くしてきたバービーは無事処刑を免れました


ピンクスターの出現によって、町を覆っていた暗闇が払われた後、ドーム内には得体のしれぬ轟音が鳴り響きます


これはドームの意思だ、ドームは何かを伝えようとしているというジュニアの言葉をビッグ・ジムは聞き入れず、とにかくバービーを処刑しろとわめきたてますが、そのうちに、ひとり、またひとりと町民が次々に倒れていきます。皆呼吸はしているものの、意識を失ってしまったようです


俺にも手伝わせてくれ!この縄を解いてくれっ!


目の前で倒れていく人々を憂えるバービーと、自分の悪事を知るバービーを殺すことを最優先に考えるビッグ・ジムでは、ドームがどちらを選ぶかは歴然です。そして、これまでず~っとビッグ・ジムに騙されてバービーを疑ってきたリンダがついに、その銃口をビッグ・ジムに向けたのです


ジュニアが正しい。ドームに聞くべきよ!


それでもドームの怒りは収まりません。なんとドームは、以前から保持していたその「磁力」を最大限に発揮し、ものすごい力でもって、ドームの壁にドーム内にあるすべての金属を引きつけ始めたのです。打ちつけられていた釘やナイフばかりか、フライパンや鍋までが凶器と化してしまいます最後には家まで破壊されてしまいました!


ここで、腕に手錠をはめられて解放されたバービーが壁に叩きつけられそうになったのを、こちらもまたドームに吸い寄せられている鍵でもってリンダが必死にバービーを救い出そうとしました。そのふたりめがけて車が近づいてきても、リンダはバービー救出を諦めようとしません


I almost got it, hold on.
もう少し、あともう少しっ!!


そう言ってようやくバービーの手錠を外したリンダは、次の瞬間、バービーを突き飛ばし(Go!逃げて!!)、自分は車に激突されて亡くなってしまいますリンダ、無念!!。まさにリンダは、警官として市民を守り、ここに殉職したのです


ここ2週間ほど、ずっとシーズン1の再放送を見ていたおばさんとしては、そこでのリンダの行動が腹立たしくてならなかったのですよね。ビッグ・ジムはもちろん悪人で論外ですが、どうしてリンダはそれに気づかないんだろうとかなりヤキモキさせられていましたリンダの馬鹿っ!!


だからここでリンダがバービーを庇って死んだ時、これまでリンダを恨んできたことが悔まれたと同時に、だからこそリンダはドームの制裁を受けてしまったのではないかと思えてなりませんでした。最後の瞬間、磁力を弱めてくれればどんなに良かったことか


が、このリンダの遺体を慰めるように、ひとりの少女が現れます。この少女は、万策尽きたジュリアが、自分の決断を信じて、ミニドームの中にあったを湖に沈めた後、そして、その後湖から無数のピンクの星が空に立ち上っていった後に、その空から湖に落下してきたように見えました。ということは、つまりこの少女こそ、

「あの卵から産まれた=ドームが遣わした霊」

なのでしょうか?この少女を救ったのは、自分の怪我も顧みず、溺れている少女を救おうと颯爽と湖に飛び込んだジュリアです


そしてジュリアとその少女は、山小屋に住んでいる男性=サム・ヴェルドローによって保護されました。サムはチェスターズ・ミルの救命士だそうですが、酒好き(?)が災いして町には寄りつけなくなったのだそうです。このサムはまた、ジュニアの母=ポーリーンの弟だそうで、サムの家には、ポーリーンが昔書いていたらしい「予言の絵」がありました。そこには、ドームにあてがわれただろう(血に染まって?)真っ赤な4つの掌の絵や、湖に落ちてきたらしいあの少女の絵もあります


また驚いたことに、どうやらポーリーンはドームの外で生きているようで、その「予知能力」は今も消えることなく発揮されていたようです。今ポーリーンは、大人になったジュニアの絵の次に、暗い扉の上に真っ赤な線を引いていたのですが、どうやらそれは、避難先の学校のロッカーを開けたアンジーが何者かに斧で殺されることを暗示していたようです


一方今回は、このポーリーン同様、既にこの世を去ったと思われた人間の霊?も姿を現しています。以前も、ジュリアの近所の妊婦ハリエットに夫の姿が見えたり、アンジーたちが、血を流しているビッグ・ジムの姿を見たりしていましたが(ビッグ・ジムを殺せという暗示)、今回はノリーの母、アリスの時のように、ドームがその姿を借りて話しかけてきたものと推察されます。


その手始めが、自分を殺したビッグ・ジムを非難するドディであり、今回殉職したリンダでした。ふたりは、ビッグ・ジムの悪行を責めたて、もしビッグ・ジムが改心しなければ、ビッグ・ジムが唯一、最も愛しているジュニアに災いが及ぶと暗示します。


実際ジュニアは他の住民たち同様、意識を失っていたのですが、その「夢?」のなかで母ポーリーンに再会していたようです。そこでジュニアが見つけたスノーボール(ドームのシンボル~ジュニアは旅行に行くたびにアンジーにスノーボールを買ってきていた)の中が真っ赤に染まっていたのも、今後の血の制裁を象徴していたのでしょうか。


そして、その再会で見たジュニアの姿が、ドームの外で生きているポーリーンの絵に描かれたようなのです。ここはだから夢というよりテレパシーなのでしょうか。ポーリーンやジュニアには、何か不思議な力が備わっている、ドームと何らかの形で繋がっているということなのでしょうね


が、そのドームに関わっていたと見られていたアンジーは、上でも触れたように、何者か(ドーム?)に殺害されてしまうようです。アンジーが覗こうとしたロッカーを先に開けていたのが、あの湖に落ちてきた少女だったのですが、いったいあのロッカーには何が入っていたのでしょうか。リンダの遺体??


アンジーは今回の災難が去ってもまだビッグ・ジムを許さず、殺したいと思っていたから、罰が下されてしまったのでしょうか。それとも、あの4つの真っ赤な掌が示す通り、他の3人にも危険が迫っているのでしょうか?


やはりこれは、バービーの言ったことが正しいということなのか。ビッグ・ジムは確かに殺したいほど憎い相手だけれど、でも実際に殺してしまったら、その代償は計り知れない。これは、ピーターを葬ってしまったバービーならではの実感なのでしょう。


また今回は、昔はポーリーンの教え子で、今は高校の科学教師をしているレベッカ・パインという女性も新たに登場いたしました。レベッカは、ドームが登場して以来ずっとドームを観察していたそうで、今回皆が倒れたのも、ドームの電磁場による影響だと考えているようです。


今回発生した轟音は、次第にその音が大きく、そして発生の間隔がどんどん短くなっていくのだそうです。そう、まさに陣痛のようだとレベッカは言っていました。彼女は科学者なので、ドームに意思があるなどという話は認めませんが、この「陣痛」という例えは実に言い得て妙でしたね


このままだと電磁場によってドームが引き裂かれてしまう!!ドームの中心は比較的安全だそうです


そこでレベッカは、教え子のジョーやバービーたちとともに、巨大な磁石(コイル)を作ってドームの力を相殺しようとしました。が、その努力虚しく、結局は作業に携わっていた皆も、バービーを除いて、意識を失ってしまいます。


この危機を救ったのは、意外にもビッグ・ジムでしたビッグジムが改心した?。ビッグ・ジムは、愛する息子が意識を失っていたのを見て、もはや自分が「贖罪」のために死ぬしかないと悟ります。バービーを殺すために用意させた処刑台で、自らの首にロープをかけるジムなかなかできないことよね(;´・ω・)


それでも、自分ではなかなかレバーを引けなかったため、ようやく再会を果たしてそこを通りかかったバービーとジュリアに処刑してくれと頼みますが、そしてジュリアは一旦はこれを引き受けますが、最後の最後でやはりためらってしまいます


仕方なく自分で床を壊したビッグ・ジムが吊り下がったその時、サムから身を守るためのお守りとして渡されたナイフでもって、ジュリアがその縄を切りました。するとどうでしょう~轟音はすっかり消えて、人々が皆意識を取り戻し始めたではありませんか!?ビッグ・ジムが皆を救った訳ではないっしょ


ドームはついにビッグ・ジムを許してくれたのです


とはいえ、いまだにフィルがドディを殺したのはバービーだと信じていること、それを聞いてもビッグ・ジムがフィルに真相を告げず、警官のバッジを渡したことが気がかりですが、とりあえずはこれで一件落着~と思っていたところに、アンジーが死んだ(たぶん)という訳ですジョーが可哀想( ;∀;)


果たしてこのドラマは今後いったいどのような方向へ進んでいくのでしょうか。ドームは今後も人々に「美徳」を求め続け、それが適わないと知るやすぐその鉄槌を下してくるのでしょうか。また、シーズン1で軍がバービーを捜していたのはなぜなのか?


アンダー・ザ・ドーム シーズン2は、今後の展開もヒジョーに楽しみでございまするアンダー・ザ・ドームシーズン2が面白い(^^)/


これまでに視聴した欧米ドラマの視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~欧米ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はアンダー・ザ・ドーム(Under the Dome)のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

No title
こんにちは(^^)
アンダーザドーム、シーズン2に入った途端に
展開が急に早くなったと思ったのは私だけでしょうか?笑
冒頭でいきなりリンダは死んで、終わりには4つの手の1人のアンジーまで...
町の住人もバービーへの警戒をすっかりといたように見えましたしw
しかし、続きがとても気になりますね!シーズン2で完結するんでしょうか?
シーズン3もあるそうですよ~♪
ちくわさん、こんにちは♪
早速お出でくださいましてありがとうございます!

展開が速くなったというより、路線が変わった気がしました。
これまでは、最初の牛のシーンは除いてファンタジーぽかったのが
思いっきり怪奇物になったような(爆。

まあ私は嫌いじゃありませんが、
今後もかなり血生臭くなりそうですね~(-_-;)。

いえいえ、この9月に発表されたところによると、
CBSは来年の夏にシーズン3を放送するそうです(^^)/。
だから、完結は致しません。

でも日本にいつ来るかは分かりません~(^_-)。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング