このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

軍師官兵衛
 NHK大河ドラマ

軍師官兵衛 あらすじと感想 第41話 男たちの覚悟

NHK大河ドラマ・軍師官兵衛の41話は「男たちの覚悟」です。これはまた何とも切ないエピソードでございましたね軍師官兵衛で利休が死んでしまいました。以下早速ネタバレです軍師官兵衛のネタバレあらすじ行きますよ~(^^)/


秀吉はついに利休に切腹を申付けました。というのも、利休が小西行長と官兵衛に代わって、秀吉の耳に痛い苦言を呈したからなのだそうです。経緯(あらすじ)はこうです


ある時、秀吉のもとへ朝鮮王の使いがやってきました。秀吉はこれを当然、

服従の意

と解釈しますが、実際には違っていて、仲立ちに入った行長が、彼らを何とか言いくるめて

「天下統一の祝いの使者

として参上させたのだそうです


何でも室町時代から江戸時代にかけて朝鮮の外交使節団が来日する習慣(朝鮮通信使)があったそうで、この時やってきた使者は

「秀吉に朝鮮出兵の意思があるかどうか

をさぐりにやって来たというのが真相だそうです


この外交の仲立ちをしていたのが、あの大王世宗にも登場した対馬の宗氏であり、この時代の宗義智は九州征伐に置いて秀吉に臣従し、本領安堵を約束された人物だそうです。実際の朝鮮出兵(文禄・慶長の役)に際しては、小西行長とともに先陣として大いに活躍したのだとか。


実際の使者もドラマ同様二人だったらしく、上のような事情からハッキリとしたことが伝わらず、朝鮮には2つの説が報告されたのだそうですよ。一人は日本の来襲はあると伝えましたが、もう一人はあり得ないと言い、朝鮮では後者が正しいと判断されたのだとか。いずれの国も、

自分に都合の悪い想定はなるべくしない

というのが通例のようです


昨日のドラマでは、そんな背景を全く知らない秀吉が使者たちに、のんきに「明への道案内」を頼んでいたのが、なんとも間が抜けていましたな


そこで焦ったのが(ドラマで)仲介をしていた行長です。もし秀吉に真相を知られたら殺されてしまうと憂えた行長は、早速官兵衛に助けを求めにやってきました。この席に利休もいたため、利休は、もう70になった自分は十分生きたから、と行長と官兵衛を守るため、自ら進んで、秀吉に真実を伝える役を買って出たのです


朝鮮は、日本に協力する気など毛頭ありません。もし日本が朝鮮に出兵すれば、そこで即戦になってしまうはず!


一方、おねもまた、官兵衛を通して、夫秀吉の無謀な行いを止めようとしていました。わざわざ光成を遠ざけて、酒の席を設けたシーンでは、秀吉も亡き半兵衛のことなどを思い出してなかなか良い雰囲気だったというのに、いざ、大陸進出を咎められるや否や激怒してしまいます


おのれ~!半兵衛をだしにして、わしを諌めるとは何事か!おまえがわしの軍師であるかどうか決めるのは、このわしだっ!!


そんなことを言われてまで軍師でなどいる必要はなかっ!!とっとと〇ツまくって故郷に帰ってこいっ!!秀吉なんて捨ててしまえっ!(`・ω・´)


と騒いでいたのはイラチなおばさんばかりで、思慮深い官兵衛は、それでも秀吉を見捨てません。その上、利休が秀吉の勘気を被って切腹を命じられた時も、これを仲介しようと奔走します。


おねさまが仲立ちをしてくださいます。どうか殿下に頭を下げてください!


が、利休の決意は決して揺るぎませんでした。利休は自らの命を差し出すことで、なんとか秀吉に己の傲慢さを知らしめようとしたのです


新参者のおべっか使いの話は聞いても、昔から自分をよく知って、知っているが故に忠告を惜しまない大切な同胞を、これで秀吉はどれだけ失ってしまったことでしょうか。今回は、やはり兄にずっと苦言を呈し続けた弟の秀長もまた先に逝ってしまいました


それどころか、利休を処刑した後、秀吉は溺愛していた我が子鶴松まで失ってしまうのです。


利休を殺した罰が当たった!


せっかくそこに思い当ったなら、今後は謙虚に生きればよかったものを、なんと秀吉は我が子を失った悲しみを振り払うために、ますます大陸への夢を燃やしてしまいます


わしに遺されたのはこれだけだ!!


そして官兵衛もまた、この秀吉についていく決意をします。もし黒田が豊臣を見捨れば、この国は再び戦乱の世と化してしまう!


最初は確かに「軍師」だったかもしれませんが、晩年は秀吉の尻拭いばかりさせられてきた様にしか見えませんね気の毒な官兵衛。三河を追い出された家康にまで、官兵衛自ら出向いて頭を下げていたようです


さて来週はいよいよ「太閤の野望」でついに朝鮮出兵が始まるようです。残すところ9回でこの「軍師官兵衛」はいったいどこまで描くつもりなのか、終盤の展開もますます楽しみでございまするね軍師官兵衛も面白い(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は軍師官兵衛のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング