2017/11
<<10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  12>>

小栗旬さん主演の【信長協奏曲(コンツェルト)】を覗いてみました。前半の印象は今一つテンポが悪く感じられて、なんだかな~とあまり乗り気じゃなかったのですけれど、後半はその分なかなか迫力があって楽しめました


前半面白く感じられなかったのは、いくらファンタジーとはいえ、天下の織田信長が実は体が弱かったという前提と、入れ替わるとはいえ、それがあんなにやる気のない高校生でいいのか?という印象がぬぐえなかったからなのですけど、最後まで見て、ようやくこう思い当ります信長協奏曲の見どころはここだ!


ああ、あの信長はこれでいいんだ。常に弱気で逃げ腰の信長だからこそ「命」の大切さがわかるのか


この信長と対照的だったのが、信長の弟=信行(柳楽優弥)で、この二人の好対照あってのプレリュードだったのですね~。柳楽優弥さん、なかなかの迫力で熱演でした。1話のみ?なのがもったいなく思われるほどです。


以下「信長協奏曲 第1話」の簡単なネタバレのあらすじです。主な登場人物の説明をメインにまとめさせていただきました信長協奏曲のあらすじ行きますよ~( `ー´)ノ


まず、主人公は現代に生きていたごく普通の高校生=サブロー(小栗旬)です。それがひょんなことから戦国時代へとタイムスリップしてしまうのですが、そこで偶然、自分にそっくりな男=織田信長(小栗旬二役)に出会います


これからは、わしの代わりに織田信長として生きてくれ


あそこでサブローが貰った刀は、黒田官兵衛が信長から貰ったという「圧切長谷部」でございましょうか


当然サブローは、まだ自分が戦国時代にいるなどとは夢にも思わず、修学旅行で出かけた映画村の余興だろうとしか思っていません


が、次第に自分が置かれた立場を理解するにつれ、生来の逃げ腰が顔を覗かせて、逃亡を図りますが、そこで、妻と紹介された帰蝶(柴咲コウ)が、弟の信行の陰謀によって連れ去られたと知ると、途端に「正義漢」の一面も覗かせます。


~ここで濃姫に帰蝶という名が使われているのも、いかにもファンタジーだなあと思わせます


今ちょうど、帰蝶の兄の斎藤義龍(新井浩文)が織田家を訪問していることから、もし帰蝶に何かあったら信長がその責めを負わねばならない、と帰蝶を捜す理由を告げた家臣の池田恒興(向井理)に、

「これからはずっと守ってね、恒ちゃん!

と全幅の信頼を寄せていたサブローが、頑としてこう言い返したのはなかなかでしたよね


「メンツがどうとか、責任がどうとか言う前に、さらわれた帰蝶の命を心配する気持ちはないのか!?


これをまた帰蝶が聞いていて、それまでずっと

「うつけもの

と馬鹿にしていた信長、もとい、サブローを見直したのも良かったです


その後、帰蝶を連れてなんとか無事に戻ってきたサブローは、信行にキッパリこう言います


俺を倒したいなら、直接俺にかかってこい!!


この様子を見ていた信長の父=信秀(団時朗)は、それまでずっと迷っていた跡目を信長に譲ると決定します。ここで信秀は刺客に襲われて殺されてしまいます。あの伝次郎(山田孝之)という刺客は今川の手の者なのでしょうか


その後、家督を譲り受けたサブローは、現代感覚を取り入れた改革を実行していきます。食事は1日2食ではなく3食に、また家臣には、週に1度は休みを取るよう命じました。


これに反対したのが恒ちゃん、否、恒興です。食糧難の時代、3食は贅沢だ、休みをもらう=暇をもらうのは、無能だからか、と解釈するのがまたその時代ならさもありなんと可笑しいですね。しかもサブローは、仇敵、織田信清(麿赤兒)に、戦をするよりましだからと、土地を譲ったから尚更です。(ちなみに、この信清の妻は信長の姉でござる)


あの土地を守るために私の父は戦で死んだというのに!これでは死んだ者たちが浮かばれないっ!!


そんな恒興の気持ちを察したかのように、信行が早速魔の手を伸ばしてきます。信行は、家臣の柴田勝家(高嶋政宏)とともに、信長を殺そうとしていたのです


信行に戦を仕掛けられたサブローはすぐに劣勢となってしまい、既に信行に寝返っていた恒興からは

「降伏するために切腹しろ

などと言われていたその時、やはり情けは人の為ならずなのか、サブローから所領をもらったことで恩を感じていた信清が、サブローを助けに駆けつけてきます。お味方申すっ!!


そのおかげで圧勝した信長が、家来とともに信清に別れを告げたシーンは笑えましたね~ばいばい、ってなんだ?( ;∀;)


信清さん、ありがとね!これからもよろしくねっ!!バイバイっ!!ほら皆も~ばいばい!!


こうして信行と勝家を捕まえたサブローは、信行にこんこんと命の大切さを語って聞かせます。


家臣も主君も皆命は同じ。誰も死んで本望だなんて思っていない!


最初、逃げ回るサブローを捕まえようとしてのしかかってきた家臣のひとり=重平(澤部佑)が、信行との戦で命を落とし、妻が持たせてくれたという「無事を祈る火打石」が、袋ごと血で真っ赤に染まっていたのは何ともやり切れませんでした。彼らの犠牲をその目で見たからこそ、サブローはその命の大切さを訴えずにはいられなかったのです


が、この辺はもう価値観の違いで、まさに糠に釘状態です。それに信行は、これまでずっと体の弱い兄に代わって戦に出てきたという自負があり、今さら信長の家臣として生き延びるぐらいなら死を選ぶ、と固く誓っているようなのです。でも恒興や勝家には、サブローの心が届いたようです


結局信行は、再度サブローを襲いにやってきますが、これを阻止されたため、自ら切腹してしまいます。その様子に驚いたサブローは、ひたすら

救急車を呼べ=手当をしろ!

と叫んでいるというのに、かたや勝家は

「これ以上生かしておいては苦しみを長引かせるだけ

と介錯してしまいますしかも2回も(;´・ω・)。自分の価値観とは180度違うこの世界で、今後サブローがどう変わっていくのか(変わらないのか)楽しみです


と思っていたら、最後の最後に来てまたあらたな爆弾が投じられました。なんと、信行に命を狙われるのが嫌さに逃げ出した、本物の信長が舞い戻ってきて、これからは「光秀」になると言うのです!?え~そりゃないでしょ、だって顔、変わってないですよ~~信長が信長を暗殺するの??


と、歴史の方はハチャメチャですが人間ドラマとしてなら楽しんで見ていけそうです。来週はマムシの道三(西田敏行)も登場するようです。個人的には、帰蝶の侍女=ゆき(夏帆)も可愛くて気に入りました


~ミステリーおたくとしては、サブローが落とした「歴史の教科書」の行方も気になるところでござる


信長協奏曲は、次回もとっても楽しみでございます信長協奏曲も楽しみ♪


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 2

There are no comments yet.
ヒデ  

お久し振りですー(^_^)
前クールはご一緒出来ずもうしわけななかったですー。
信長協奏曲は原作と前期九月までやっていたアニメみていますのであらすじはだいたい判りますが
若干原作やアニメとは違う感じですねー。
て伝次郎は来週以降誰なのか解ると思いますのでここではあえて触れませんね笑 まぁでも彼は今後重要なキャラクターになっていくとおもいますー。原作はまだ続いているので、どのようにドラマを締めくくるのか今から楽しみですー。
こ今期は結構面白そうなドラマが多そうなんで、他のドラマもご一緒出来たらなと思っておりますー

2014/10/15 (Wed) 12:49 | EDIT | REPLY |   
ヒデさんへ  
お待ちしていましたよ~(^^)/

ヒデさん、こんにちは~♪
また遊びに来てくださいましてありがとうございます~!v-22

おお、ヒデさんはもうアニメをご覧になったのですね?
ネタバレ控えてくださいましてお心遣い感謝です~(^^)/。

そうそう、伝次郎が何者なのか気になりました( `ー´)ノ。
ふふ、重要人物なのですね~誰かな~楽しみ~( *´艸`)。

今週から続々始まりますものね~。
またヒデさんと楽しく&たくさんご一緒できるといいなv-254
ぜひまた遊びにいらしてくださいね~。
いつでもお待ちしておりまする(^◇^)。こん

2014/10/15 (Wed) 12:57 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.