このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

さよなら私
 友情モノ

さよなら私 あらすじと感想 第1話「彼だけは止めて」なかなか深いドラマになりそう

岡田惠和さん脚本、永作博美さん主演のさよなら私を見始めました。正直申し上げますと、NHKのドラマ10は(自分にとって)当たり外れが多いので、今回はどうかな~と恐る恐る見ていました。途中までは、

やっぱり単なる不倫ドラマか

とゲンナリしつつあったのですが、最後に来たどんでん返しにその印象がガラリと変わってしまいますsmile。以下簡単なあらすじからネタバレへと移らせていただきますさよなら私のあらすじ行きますよ~(^^)/


主人公の星野友美(永作博美)は自他ともに認める幸せな専業主婦です。夫の洋介(藤木直人)は都市開を手掛けるやり手の実業家で、かなり裕福な生活を送っているようですし、ちょっぴり甘えん坊の息子の健人は有名幼稚園に通っています。


その友美には女子高時代からの親友が二人いました。独身で映画プロデューサの早川薫(石田ゆり子)と、こちらは平凡な夫と「悪魔と化した息子たちに囲まれて、騒々しいなりにも幸せに暮らしているらしい三上春子(佐藤仁美)です。


性格も考え方もまったく異なった友美と薫を、春子が常に仲立ちしていたようです。春子は今では「誰もが羨む理想の妻」「男に頼る必要のない自立した女」になった二人を心から誇りに思っているのだそうです。な~んてイイ人なんだ、春子


最近は会っていなかったというこの3人が、同窓会で再び顔を合わせました


今昔取り交ぜて弾んでいた会話の中、友美が聞き逃せなかったのが、薫のこの一言です


健人君、友美の髪を握りしめながら眠るんでしょう?


なぜそんなことを知っているのか、と問い詰めてきた友美に、薫は2年前に会った時に聞いたとごまかしますが、友美にはまったく覚えがありません


まさか!?洋介と薫が不倫!?


その後、洋介から「今夜は遅くなる」というメールが入ったのを見た友美は居ても立っても居られなくなり洋介が私を裏切っているなんて!、健人を連れて薫のマンションまで行きました。入り口の近くに車を止め、これが自分の思い過ごしであるようにと祈っていたら、案の定、タクシーに乗った洋介がやってきます


やっぱり!!きっと薫が誘惑したに違いない!(`・ω・´)


友美と洋介は、健人が産まれてからというもの、まったくのセッ〇スレスだったのだそうです。友美自身、気にしていないならともかく、本当はめっちゃ気になっていて、それに関する本まで購入していた様だったのに、洋介に何も言えないと言うのが、まずかなりの問題ですよね


夜、夫婦水入らずでワインを飲み交わした後、ベッドに横たわりながら、

「私って本当に幸せ。これって優等生発言かしら?」

と満足げに語る妻に笑顔を向けていた洋介~この辺はもう、オカルトにしか見えないのはおばさんだけでございましょうか


浮気をする夫が悪い!


これが大前提ではあるものの、でも、妻を抱けない夫を前に、自分がいかに幸せかを得々と語る妻では、夫がますます萎えてしまうのも分からなくないような気もしちゃいます


薫を呼び出して問い詰めた友美に、薫は、洋介が友美の夫だとは知らなかった、先に誘ってきたのは洋介だと答えます。高校時代からの「親友」は得てして「最大のライバル」でもありますからね。むしろ「好敵手」と漢字で書いた方がピンと来るかな。


友美はこれまでのおしとやかさをかなぐり捨てて、薫にむしゃぶりついていきます


あの人だけはダメ!絶対に渡さないっ!!あなたを許さないっ!!


おばさんが思うに、友美の少女時代はあまり幸せではなかったようです。おそらくは友美の母が感情をむき出しにする、夫に理解の無い女性=いわゆる悪妻だったようで、それで夫が家に寄り付かなかった、てな感じでしょうか


母のような女性、妻、母にだけはなりたくない


それが友美の目標だったらしいのですが、だからこそ、あんな仮面夫婦に甘んじているのでしょうが、それでも夫を奪うドロボー猫には我慢ができなかったようです。でもね~友美の考える「良き妻」は単に

「男にとって都合のよい妻

にしか思えないんですけど


「でもわたし、あなたの家庭を壊すつもりなんてないわ


こんなこと言われて、ああそうですか、と引き下がる方がおかしいですよ。薫の、妻のあなたとはできなくても、愛人の私とは会うたびにしているという言葉にも、大いに傷つけられて当然です。しかも相手が、自分をよく知る女性なら尚更です。


以下ネタバレです


ここで、韓ドラも真っ青な取っ組み合いが始まり、二人は石段を転げ落ちてしまいます。いや~これが韓ドラなら、どちらかが死ぬか、記憶喪失になるな、と思いながら、半ばあきれて見ていたところ、なんとこのドラマでは、

「ふたりが入れ替わってしまった!

のには驚きましたひゃ~なんてこった(>_<)。そう、友美は薫に、薫は友美になってしまったのです!!このドラマ、「さよなら私」はファンタジーだったのですか


でもそれならそれでなかなか悪くない展開になりそうです。なぜなら、

夫に本音を言えずに見栄を張り続けている妻

にも

親友の夫を奪い、責任は全く背負わずに美味しいとこどりをしている愛人

にも、それぞれの言い分と立場があるということが、互いにまさに文字通り「身をもって体感」できるからですこれはなかなか辛辣でござるね(^◇^)


妻を裏切っている男とのセッ〇スは楽しいですか?
何も知らない子供の顔を見て罪悪感を抱きませんか?


ま、個人的には、ふたりの女性の間をうまく立ち回っているつもりの洋介を友美と薫の二人がやっつけるシーンが見たいですが一番悪いのは洋介でしょ(`・ω・´)


また、もうひとりの春子の夫=光雄(尾美としのり)も、ちょっと足が悪い?女性(谷村美月)と不倫しているようです。まったく、あの善人面でよくやるよ。春子は光雄をこれっぽちも疑っていない様なのに


全9話ということで、これはなかなか辛辣で面白いドラマになりそうです。次回は「認めたくない喜び」だそうですよ。そらそうですよね~「喜びを感じてしまったら、相手を肯定することになっちまいますから


さよなら私」は次回もとっても楽しみですさよなら私が面白くなりそう( *´艸`)


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はさよなら私のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング