このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

ぼんくら
 時代劇・歴史モノ

ぼんくら あらすじと感想 第1話 忍びよる影 人情タップリで楽しめそう

ぼんくらのあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: ぼんくら あらすじと登場人物一覧


宮部みゆき氏原作、岸谷五朗さん主演の木曜時代劇ぼんくらを見始めました。この夏視聴した「おそろし」にも似た、ちと怪しげな雰囲気をも漂わせながら、でも基本は人情タップリの捕り物帖らしく、これまた毎週楽しんで見ていけそうで何よりです。ミステリー好きにはなかなかお得なドラマになりそう。以下、最初は登場人物の説明をメインにした簡単なあらすじからネタバレへと移らせていただきますぼんくらのあらすじ行きますよ~(^^)/


この「ぼんくら」の主人公(本人がぼんくらなのかな)=井筒平四郎(岸谷五朗)は南町奉行所の同心で、本所深川の見廻り方を務めています。普通なら岡っ引きを連れているところ、代々井筒家に仕えてきた中間(ちゅうげん)の小平次(植本潤)をお供に連れているという一風変わったお役人です。平四郎は岡っ引きが嫌いなのだそうです


~深川で「平」四郎と聞くと、ついつい鬼平=長谷川平蔵を連想してしまいます


この平四郎が贔屓にして、毎日煮しめを食べに行くのが、鉄瓶長屋で後家のお徳(松坂慶子)が切り盛りしている惣菜屋です。この鉄瓶長屋の差配は、鉄瓶長屋の大家である湊屋が経営する料亭で番頭をしていたという久兵衛(志賀廣太郎)が務めています


今回、この鉄瓶長屋で殺人事件が起きました。認知症気味の父=富平を看病していたお露(勝野雅奈恵)が、夜中に殺し屋がやってきて、兄の太助を殺したというのです。自分は富平の看病のため2Fで寝ていたが、階下にいた太助は、

「昔勝元の奉公人だった正次郎」

と名乗る男に殺されたのだそうです。この正次郎は本来、自分を告げ口して勝元を辞めさせた久兵衛を恨んでいるそうなのが、久兵衛に加担して、その昔自分を傷めつけた正次郎を手始めに殺したと語ったそうです。


が、木戸番の爺さんこと友兵衛(秋野太作)は不審な人物を見ていない、木戸は全て締めたと断言したそうですし、何より平四郎が気になるのは、お露の着物についていた返り血です。太助を抱き起した時に付いたにしてはちと不自然なつき方だったのでしょう


とりあえず、長屋の人間を総動員させて凶器と思われる包丁を捜させても見つからなかったため、平四郎はついにお露を調べる決心をしたところで、なんと久兵衛が書置きを残して消えてしまいます


私のせいで皆に迷惑をかけた。ここに留まっていたらまた正次郎がやってくるかもしれない


皆にそう言い残した久兵衛でしたが、実はその前夜にお得を訪ねてきて、こんな話をしていきました。亡くなった太助には、付き合っていた女がいた


この話が気になったお徳はこっそりお露の家へ行き、ついにお露から真相を聞き出します。以下ネタバレですお徳がいいなあ~( *´艸`)


やはり平四郎の読み通り、太助を殺したのはお露だったのだそうです。というのも久兵衛が教えてくれた太助の恋人が、寝たきりの富平がいる家になど嫁に行かないと言いだしたため、太助が富平を殺すと言いだしたからなのだとか


すっかり女の言いなりになった兄が許せなかったお露は、ついに兄をその手で殺してしまったそうです


昔、自分も寝たきりになった亭主=加吉(岸部一徳)に何度も「殺してくれ」と頼まれたことから(でも殺さなかった)、殺されたのが富平なら話は分かると繰り返していたお徳の勘も、まんざら外れてはいなかったのです。


そしてこの話は平四郎にも聞かれてしまっておりました。が、平四郎はこれを一切自分の胸一つにしまい込み

「殺し屋は見つからなかった

とお上に報告したようです。ここでもしお露を逮捕したところで、誰一人浮かばれるものなどいないのは明白だからです。久兵衛も、何もかも承知の上で鉄瓶長屋を出て行ったのでしょうし、木戸番の友兵衛も、今になって自分が木戸を閉め忘れたのかもしれないなどと言いだしたのは、なんとなくピンと来ていたからなのかもしれません


それでも心を痛めているらしいお露のことは、誰よりも逞しいお徳や、長屋の皆が支えて行ってくれることでしょう


となかなかの人情話に加え、子どものいない平四郎に養子を迎えようという話も進行していたようです。妻の志乃(奥貫薫)がこの話に大乗り気で、とりあえず、姉の息子の弓之助(加部亜門)を預かって、様子を見て行くようでしたね。この弓之助がまた実に賢い息子なのですよ


また最後の方で風間浚介さん=佐吉の顔も見えていたようです。要所要所で飛んでくるカラス=官九郎とは長い付き合い?のようでしたが?


ナレーションの、春とともに鉄瓶長屋に近づいてくる「得体のしれない足音とはいったい何を指しているのかも気になりますぼんくらは続きもとっても楽しみですねぼんくらも面白くなりそう(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事はぼんくらのレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

やはり注目されてましたか
宮部みゆき作品をよく知らないですが、初回は物足りなさを感じるものの、最終回にはきっとすっきりする、宮部ワールドになるかと思ってます。

木曜時代劇は、視聴率にこだわらずに、演出やストーリーにこだわってほしいです。銀二貫オタクからすれば、やはり風間俊介さんの演技の今後や、TBS「こうのとりのゆりかご」で好演だった清水くるみさんに注目しています。
楽しみですね~♪
オッキーさん、こんにちは~♪
オッキーさんも「ぼんくら」をご覧になったのですね~。
いかにも楽しくなりそうな匂いがしましたよね~( *´艸`)。

そうそう私も風間さんがどんな役柄なのか楽しみです(^^)/。
清水くるみさんは出てましたっけ?(;´∀`)

全10回とタップリ楽しめそうなのも嬉しいですね。
来週の放送も楽しみですね~(^◇^)。こん

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング