2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

宮藤官九郎氏脚本、錦戸亮さん主演のごめんね青春!は第2話もまたとっても楽しかったですね~。あまりにも内容がてんこ盛り過ぎてどこから入って良いやらわからないので、とりあえず目についた、三女、3年C組の生徒たちからまとめてみますごめんね青春!のあらすじ行きますよ~(^^)/。(以下ネタバレのあらすじです)


何と言っても最もインパクトがあったのはこの女子でしょう遠藤いずみ(富山えり子)、あだ名は「クイズ」。単なる食いしん坊かと思いきや

大高校生クイズ選手権・静岡大会

で、栄光の2位に輝き「早押しの遠藤」の異名を持っているのだとか。これに気づいたのは、同じくクイズが得意の昭島 司(白洲迅)です。中でも三択に強いのでしょうか、何かにつけて三択を持ち出すので、こちらは「三択の昭島」と呼ばれているそうです。


また、文字通り毛色の変わったところでは、山田・ビルケンシュトック・京子(トリンドル玲奈)が目立ってましたね。ドイツ人と日本人のハーフじゃなくて、ドイツと山梨県のハーフというところが笑えます。名前が名前(ビルケン)だけに「サンダル」とも呼ばれているそうです。この子が、阿部あまりを「アヴェさん」と呼んでいます。


このビルケンと一緒に平助に前に呼び出されていた、ひとりヤンキーを気取っている古井 豊(矢本悠馬)って、結構お似合いじゃありませんでしたか


可愛らしい外見とは裏腹に、平助&トンコー男子たちを滅多切りにした女子は、神保 愛(川栄李奈)です。この子がガンガンがなり立てるのでまた口が達者すぎ(;´Д`)、あまりんは嘘をつくしかなくなっちまったのですね~気の毒に


そのアヴェあまりんこと阿部あまり(森川葵)はついに今回、海老沢ゆずる(重岡大毅)との交際をカミングアウトさせられました。それもこれも、海老沢が勇気を奮って皆の前で告白したからです。果たして校則通り、あまりんは停学を食らってしまうのでしょうか?


また、学級委員かと思ったら生徒会長だという中井貴子(黒島結菜)も、いかにも女子高生の典型のような生徒でしたね。おばさんが女子高時代もいたいた~ああいうタイプ。何でもこの子に任せておけば大丈夫~的な存在。平助を

「タレカッパ(カッパが無くて

とさりげなく、でも有無を言わせず決めつけたのもこの子です。ふふ、あまりにも的確過ぎるネーミングがまた笑える


そのタレカッパ、否、平助もでも今回はかなり頑張りました。最初は可哀想なほど言い負かされておりましたが、さすがに国語教師だけあって、話はなかなか上手いです


「お前しか見えない

という男子が女子を好きになると必ず口にする常套句を取り上げて、これが実はどんなに危険で愚かなことなのかを説明します。


「お前しか見えない」距離というのは実は「お前見えない」距離でもある


最初はおばさんも貴子同様、いったい何が言いたいんだ~それじゃあ「男女共学」を認めたことにならんだろ、とついつい突っ込まずにはいられませんでしたが、平助が言いたかったのは、これまで抱いていた偏見を捨てて、もっと広い視野を持て、ということだったらしいです。


男子はこう、女子はこう、と決めつけるのではなく、互いにそれぞれ良い所が必ずあるはずだから、是非それを見つけてほしい


平助がこの話をする時に、例の「三女礼拝堂放火事件」を持ち出してきたため、てっきり自分が放火したことを告白してしまうのかと、ちとハラハラさせられてしまいましたでもいつかは言うんだろうな~きっと。何せ母・観音菩薩には

「コイツが犯人!2回も(;´・ω・)

と何度もダメだしされていましたからね。お母ちゃん、全然容赦ないな~


観音菩薩と言えば、曹洞宗を信仰するあの家に観音菩薩があるのは、単にそのポーズが色っぽいからだそうですよ。生臭坊主どころか「エ〇坊主」と呼ばれている平太はでも、その女好きが幸いし、五反田のラブホで、あまりんと海老沢の駆け落ちカップルを「補導」(?)できたのは何よりでした。まったく、

「たまたま居合わせた親切で良識ある方

って誰の事やねん、図々しい


その海老沢たちの居場所を捜しだすために、またしてもドンマイ先生が成田になりすまして生徒たちの会話に割り込んでくだりもいかにも楽しかったですね。途中でついつい説教臭いことを言ってしまったために、成田じゃない!と疑われたのに、軽く成田の物まね?をしただけで、皆コロリと騙されちまうのが、いかにも偏差値44らしくて悲しすぎ


その海老沢があまりんとの交際を公表するにあたって、その前にラジオに投書したらしいのですが、そのパーソナリティー=カバさん、ってもしや

三宮大三郎(生瀬勝久)

じゃありませんか? 声が生瀬にしか聞こえなかったのですけど。しかも、電話してきておいて、まったくリスナーの話聞いてませんし


~先週は校長がいない~と思ったけど、この三宮が校長だったのですね~その割に全くやる気ないな


一方、とんこーに乗り込んでいった蜂谷りさは、最初から自分のペースで進めています。それもこれも、しょっぱなからみんなの前でこう啖呵を切ったからなのだそう


「自分は処女だ。もちろん生徒たちもだ。愛と謙遜を持って守り続けたこの純潔を神に背いて奪う覚悟があるのか?


男子生徒は皆、あまりの迫力に呆気にとられていました。これでもう、トイレで水浴びする男子はいなくなるかもしれませんね


とまあ、今回目についたのはこれぐらいか~と思っていたら、なんと最後に、昔平助を裏切って祐子と付き合っていたサトシが、再び姿を現します。とんこーも退学してずっと消息不明だったらしいのに、いきなり現れたのがガールズバー


このサトシも気になりますが、放火事件の後しばらくは気丈に通学を続けていたけれど、結局は自主退学したという祐子が今何をしているのかも気になります。確かに平助のしたことはとんでもなかったけれど、最初に謝るべきなのは平助じゃなくてこの子とサトシじゃないの?


とまあ、今週も話題盛りだくさんの「ごめんね青春!」でございました。どうやら今後は合同文化祭も行われるようなので、ますます目が離せなくなりそうです。来週の放送も、今からとっても楽しみですねごめんね青春!が楽しみ(^^)/


これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.