このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログを気に入っていただけましたらシェアしていただけると嬉しいです。いつも応援ありがとうございます
※2016年3月9日にURLを変更させていただきました。今後ともどうぞよろしくお引き立てのほどお願い申し上げます
<<11  2016,12/ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

軍師官兵衛
 NHK大河ドラマ

軍師官兵衛 あらすじと感想 第42話 太閤の野望

NHK大河ドラマ・軍師官兵衛の42話は「太閤の野望」ですが、個人的には

「愚かな太閤」軍師官兵衛~秀吉がますます愚かになってきた!

と銘打ちたい気分でいっぱいでござった。以下簡単なネタバレのあらすじです軍師官兵衛のあらすじ行きますよ~(^^)/


肥前名護屋に城を築き、いよいよ朝鮮出兵に踏み切った秀吉は、今では「関白」を甥の秀次(中尾明慶)に譲り、自分は「太閤」と名乗っていました。後に文禄・慶長の役と呼ばれるこの戦は、16世紀最大の国際戦争とまで言われたそうです。海を渡った日本勢、およそ16万!


最初は銃を生かした戦法で破竹の勢いを見せた日本軍でしたが、その土地勘の無さや食糧不足によって次第に劣勢に追い込まれていきます。大体、右も左も分からぬ土地に攻め入って、頼りは土地の農民だけ=買収して道案内をさせるなんて、まさに官兵衛の指摘通り

「無謀

過ぎるにもほどがあります


しかも、首都漢城(後の京城、現在のソウル特別市)にいた朝鮮王=宣祖には見事に逃げられてしまうのです。あ~ここはまさに「ホジュン」を思い出します。そうそう、玉体である王を逃がすために、後ろにはまだ多くの民がいたというのに、橋や船を焼いたのでしたっけ


でもこうして「王」を守り抜いたことで、朝鮮が勢いを盛り返してきます。特に功績が大きかったとされるのが、こちらもまた有名な李舜臣で、日本の食糧輸送船がことごとく壊滅状態に追い込まれてしまったそうです。


漢城を落としたと聞いて、自分も朝鮮入りするとはやる秀吉を押しとどめ、まずは自分が、と現地入りした官兵衛は、その日本勢の苦戦ぶりを目の当たりにし、とりあえずは漢城に留まって様子を見ようと進言しますが、加藤清正と手柄を争っているらしい小西行長は、このまま明まで攻め入ろうと譲りません。清正は、逃亡した宣祖を捕まえようとその後を追って行ったのだそうです。


この戦には大義がない。このままでは日本国が危うい!


そう憂えた官兵衛は早速帰国して、秀吉に和睦をしたいと申し出ました。その頃、大政所を失った悲しみに暮れていた秀吉でしたが、その後すぐに、茶々が再び身ごもったと聞いて上機嫌だったため、めずらしくこの官兵衛の進言も快く承諾したのがまた、いかにも胡散臭かったですね~


案の定秀吉は、和睦の条件に無理難題を押し付けてきます


  • 明国の王女を日本の朝廷に嫁がせよ
  • 朝鮮の半分を割譲せよ

それもこれも、秀吉が戦況をちっとも把握していないためなので、官兵衛は軍師としてとにかくここは一刻も早く戦を終わらせるのが先決と、小西行長と謀ってこの申し状を焼き捨て、朝鮮や明には秀吉の意向を一切伝えなかったようです


和睦を進めるなら漢城に留まる意味はないから、釜山まで兵を引きあげると命じる官兵衛に、それもまた、

「漢城を死守せよ

という秀吉の命に背くことだと光成が反対いたしますが、ここは、総大将の宇喜多秀家(直家の次男~武田航平)が官兵衛の案に賛成したため、三成はそれ以上逆らうことができません。何せ三成自身、戦場では何の功労も挙げていない、単なるごく潰しなのですからね


その三成が帰国するにあたり、官兵衛自身が秀吉に戦況を報告し説得してほしいと頼んできたのを素直に了承したのは、黒田官兵衛末代までの不覚でございました。なんと三成は、

官兵衛は元々朝鮮出兵には反対で、なんとか和睦に持ち込もうと画策した

と秀吉に告げ口していたのです。秀吉は、命令もなしに帰国した官兵衛を厳罰に処すと息巻きます


お~のれ~っ!三成っ!卑怯者めっ!そこへ直れっ!!ナマズみたいな顔をしおってっ!!(`・ω・´)


あそこは思わず声を荒げずにはいられませんでしたね~。ふん、そんなんだから、お前は皆に裏切られるんだ!!


と、先のことを想像して何とか怒りを静めましたが晩年の秀吉、三成、茶々の三バ〇トリオはまったくもって憎たらしいことこの上ないです。今BSプレミアムで再放送中の「独眼竜政宗」もちょうどこの辺を放送していて、両親が見ているそのドラマをチラ見しながら、ついつい毒づかずにはいられません。この色〇ケ太閤がっ!!秀吉は日朝関係における諸悪の根源だ( `ー´)ノ (


来週は「如水誕生」だそうなので、官兵衛は出家することで何とか切腹を免れるのでしょう。まったく、ア〇がリーダーになると部下や国民が苦労するの典型でござるね、秀吉は。こんな男のために、当時の朝鮮から日本が恨まれたのも、誠に持って腹立たしいことこの上ない


でもおかげでこうして、当時の様子が両国の視点から見られるのも実に意義深いことだと感動しきりでございます軍師官兵衛は次回もとっても待ち遠しいです軍師官兵衛が面白い(^^)/


軍師官兵衛 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

これまでに視聴した日本のドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~日本のドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございます

こちらの関連記事は軍師官兵衛のレビュー一覧」でお読みいただけます

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです。また、これまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→ 視聴ドラマインデックス

Secret
(非公開コメント受付不可)

韓ドラおばさんのブログへようこそ

耳寄りなお知らせ

2016年10月末現在では1~7(最終シーズン)まで視聴可能です♪

視聴中のお勧めドラマ情報

コメントをお寄せ頂く前に

  • コメント及びトラックバックは承認制です。販売・勧誘目的、ネチケット違反、記事内容にほとんど言及のないコメントやトラックバック等は、こちらの判断で掲載をお断りさせて頂く場合がございます。韓国ドラマに関してはそのほとんどが「カット版」です。記事より先の話題やカットされた話題等についても余程のことが無い限りご遠慮くださいますように(でも楽しい話は大歓迎♪)。これは原作がある他国のドラマについても同様です。またHNが記載されていないコメントは掲載をお断りさせて頂いております。感動の共有はいつでも大歓迎ですが、ここはあくまでもおばさん個人のブログであってドラマの掲示板ではありません。個人の感想をお寄せいただく際も、一旦はこちらの投げたボールを受け止めて頂けましたら幸いに存じます。読み逃げ=読むだけ、まったく問題ございません(笑。尚拍手コメントへのお返事は、もう一度拍手ボタンを押すことでお読みいただけます。24時間以内であれば2度目の拍手はカウントされませんのでお気軽にご利用くださいませ(^_-)
  • 特に初めてお訪ねくださった方にお目を通していただけますと幸いです→: ドラマのブログを書く際におばさんが特に注意している点♪

advertisement(^^♪

おばさん(こん)のプロフィール

こん

海外ドラマが大好きで、最近は日本のドラマも楽しんでいます。タイトルに掲げた韓国ドラマは今ではかなりのマイナー志向です。ミステリーや時代劇・ラブコメに加えて「お堅い社会派ドラマ」も好みです

ドラマは大好きですが、演じている俳優(一部例外あり)などドラマの内容以外にはほとんど興味がありません。あしからずご了承ください。ちなみに~しつこくされればされるほど嫌になる射手座の女でございます(笑

ブログは、時にあらすじを語ったり辛口な感想を書いたりと統一されておりませんが、とりあえず「言いたい放題」言わせて下さいませ。最終回まで視聴したドラマは必ずどこかにその感想を付記しています。また記事で使われているイラストの中にもおばさんのつぶやきが隠されています。余裕のある方はどうぞそちらもお楽しみくださいませ

ドラマのレビューはネタバレが多いです。ほとんど「○話」と明示していますのでどうぞご注意くださいますように

でも誠に勝手ながら「コメントでのネタバレ」はくれぐれもご遠慮くださいね。せっかくの楽しみが半減しちゃうので

また「感じ方は人それぞれ」なので、たとえ直接的なネタバレではなくとも~その辺は重々ご配慮いただけますと助かります=ネタバレ一切お断り!ということです

もしこのブログをお探し頂く際は、「韓ドラおばさん」で検索していただけますと簡単です。でも「韓ドラおばさん」と名乗っているのはこのブログとTwitterだけです♪(2009年7月1日より)

視聴ドラマ一覧リスト♪

視聴ドラマ(ジャンル別)

ジャンル名の左にある+ボタンを押すと詳細をご覧いただけます

目指すドラマは見つかりました?

カテゴリーにないドラマ名や
登場人物の役者名探しなどなど
どうぞお役立てくださいマセ♪

Twitterで更新をお知らせします

ブログの更新情報をいち早くお届けしています。ドラマのプチ感想や視聴予定ドラマのお知らせなどもつぶやいていますが、メインはあくまでもブログです

コメントありがとうございます♪

QRコード(携帯でもみてね♪)

QR

amazonで何かをお探しなら♪

DVDやOST、書籍などをお探しの際は是非こちらをご利用ください♥

ねこ時計

足跡の右隣「ねこ時計」の文字を
クリックしてみてください

RSSリンクの表示

おばさんのangel(みぃ)

可愛い可愛いアタイの天使いつまでもいつまでも一緒だよ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
advertisement(^^♪2
Twitter こんのつぶやき(^^♪
人気記事アクセスランキング