2017/12
<<11  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>

インス大妃のあらすじと感想はこちらからご覧いただけます: インス大妃 あらすじと感想一覧(全60話)


韓国ドラマ・【インス大妃】の31話は「喪中の駆け引き」です。これまたワクワクするほど面白かったですね~。もうおばさんはすっかり「蛇に魅入られたカエル」状態。以下早速ネタバレですインス大妃のあらすじ行きますよ( `ー´)ノ



まず懸案だった「国葬都監」ですが、最初は大王大妃、睿宗ともに粋嬪の意見を聞き入れて、ハン・ミョンフェを抜擢したらしいのですが、そこにクィソン君がこの命令を撤回するようねじ込んできます。粋嬪は、喪中における国葬都監は領議政が務めるのが慣わしだと言っておりましたけど、それもこれも、

喪中は王でさえ政務に就けない

からであり、国葬都監は実際の領議政よりも強い権限を持つからなのだそうです。つまり、ハン・ミョンフェがクィソン君を凌いでしまうということです


これを「無学」なために知らなかった大王大妃は、危うく粋嬪に騙されるところだったと胸をなでおろしたのもつかの間、またしてもその粋嬪の術中にはまってしまいます。粋嬪は大王大妃の心中にずっとくすぶってきた政治的野心を見事なまでに引き出しました


宮中の主はお母様だ¥。喪中はお義母様が摂政となって政を行えばよい。この国はお義母さまの物


すっかりその気になった大王大妃は、当初の予定通り、クィソン君ではなくハン・ミョンフェを国葬都監に任命しました。ここは今一つよく分からんかったけど、粋嬪が自分を立ててくれたので満足したということだったのか、それとも、同じ王族のクィソン君を牽制する目的もあったのか


が、実際に政務を行うなど大王大妃にできるはずもありません。何せ彼女には「文字」が読めないのです。これは既に都承旨にも知られていたようです。


困った大王大妃は、どんなに憎たらしくてもそこは「嫁=家族」だからなのか、粋嬪を宮中に呼び寄せました。いわゆる「助手」にするつもりのようですし、粋嬪もまた、これをきっかけに次の手を打つべく、いかにもしおらしく、大王大妃の手足となって働きます。その仕事は今後臣下の心を捉えるだろうことは明白ですし、粋嬪が、喪中の3年間、ずっと大王大妃に摂政をするよう勧めていたのにも注目です。


睿宗に何かあったら、その後もずっと大王大妃が政務を執らねばならぬ

というこの言葉にこそ粋嬪の本音が現れていたのに、当の大王大妃は全く気付かないのがまた呑気ですよね。やはり文字を習っておくべきだった、なんて。


また粋嬪はミョンフェに、ナム・イを失脚させて兵権を奪うよう命じていました。その手助けをしそうなのが、ユ・ジャグァン(チェ・ウギョン)です。このジャグァンもあのイ・シエの乱で登用された人物のようです。


ジャグァンが持ってきたナム・イの詩でもって、ナム・イを謀反の罪に陥れるようでしたね。「男子たるもの二十歳になっても国を平定しないのでは情けない」のくだりが問われてしまうのでしょうか。


一方、粋嬪自身は睿宗にもうまく取り入っていたようです。睿宗は上王を弔うため、あづまやで寝起きしていたようなのですが、そのために、両足を大層傷めてしまったようなのです


それを見た粋嬪は、温かいお湯と布を持ってくるよう命じ、自ら睿宗の足の手当てをしてやりました。その時粋嬪の目に浮かんだ涙を本物だと信じたいけど、その裏には冷徹な野望が隠されているのですよね


でも睿宗はこれにすっかり感動し、自分はもう長くないし、斉安チェアン大君はまだ幼すぎるから、粋嬪の二人の息子を大君に昇格させて=世継候補に据えると約束します。その代わり、チェアン大君のことも守ってほしいと願う睿宗が何とも気の毒でございました。確かチェアン大君ってチャン・ノクスの「旦那」ですよね


これはあくまでも我ら二人の秘密だ


まさに粋嬪の思い描いた通りに歴史が運んでいくようです。今日は「嵐の前」だそうで、インス大妃は続きがますます楽しみでございまするインス大妃がますます面白い(^^)/


インス大妃 DVD-BOXI+III 15枚組み(完全版) (2013) 出演 チェ シラ、ハム ウンジョン、キム ミスク、 キム ヨンホ
これまたかなりのお買い得(中古品)でござるね


これまでに視聴した韓国ドラマ視聴リストはこちらです: 視聴ドラマ一覧~韓国ドラマ編

関連記事

いつも変わらず応援いただきましてありがとうございますこれまでに書いた記事はこちらからもお探しいただけますのでどうぞご利用くださいませ→視聴ドラマインデックス

《他にもこんな記事を書いています♪》

コメントをお寄せいただく際はおばさんからのお願いをご一読いただければ幸いです

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

Designed by Akira.

Copyright © 韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題いわせてヨ!」 All Rights Reserved.